Dear My Friends

【1980年1月1日~1981年4月1日生まれの方へ】

2020年、不惑(40歳)を迎えた私たち
あなたは何を思った?

「40歳になっちゃった」
「不惑だけど、今が一番惑いまくってる」
「家族には言わない迷い」「厄年を乗り切りたい」
「どんどん付き合いが固定していく」
「キャリアもある程度先が見えている閉塞感」
「見ている世界が変わらなくなる」
「惑い」「不安」「孤独」「焦り」?

「40歳になって逆に吹っ切れた」
「同級生から学びたい」
「こんな同級生いるんだぁ!という興味」
「同い年からの刺激は格別」
「さぁ、ここからだ!」
「好奇心」「貢献心」「挑戦欲」?

そんな心のざわつきを
▼▼わくわくのスタートにできないだろうか▼▼

仲間がいたら最強説

「1人では諦めてしまうことも、
同級生が集まればできてしまうかも」

「同級生のよしみで気軽に」
「この年から新しい友達できたらいいな」
「気の置けない仲間」「利害関係がない場所」
「一生付き合える親友が一人でもできたら」
「意気投合できる気兼ねない同級生と知り合いたい」

でも・・・
そういえば、大人になってから忘れちゃってた
「友達ってどうやって作るんだっけ?」


肩書、立場、世間体、実績、年齢、
それを探って確認して、顔色を窺って会話することを
訓練されてきた私たち・・・


そうだ!
タメのためのコミュニティを作ろう!
初対面でもタメ語で話しちゃう?だって同級生じゃん!
あだなで呼んじゃう?だって同い年でしょ?

そんなコミュニティを一緒につくりませんか?

Community Group
~ タメ語から始まる1980会 ~

Kick off
@2020.12.06

2020年の節目の年に、
コミュニティのキックオフイベントを
開催いたしました♪

Relation1980 Kick off Event

『1980年生のW成人式
#202040』

日時:2020年12月6日(日)
14:00〜15:15

※13:00から入室開始
(ぜひお早めにお入りください)


会場:Online

動画購入可能
〜2020.12.20
協賛・動画購入費:1,000円


【参加費は、一部運営費を除き、
全額、寄付をいたします】


▼寄付予定先
1980年に米国で誕生した
メイク・ア・ウィッシュ

Let's be Tamego Friends

Message

同い年の皆さん、こんにちは!

いやー、40代に突入しましたねー!アンケートで「40代」に○をつけるときに一瞬手が止まってしまう人、手を挙げて~(笑)

この会は、全員1980年生まれのメンバー8人で発足しました。

出身も会社も子供の学校も違うけれど、40代を前向きに楽しみたいという気持ちでスタートしています。

40歳の誕生日、みんなは何を思いましたか?

私は正直、いわゆる「四十にして惑わず」というものからは遠くて、その前から密かに抱えていた迷いと不安が、より強く実感されました。それをかき消そうと、開き直りのような前向きさで「いやー、40歳になりました!」と。すると「私も40です」と次から次に!えー、同い年だったんだーー!一気に親近感!

合言葉は「松坂世代」「広末世代」(笑)こんな共通ワードで一体感のある世代、珍しいですよね。

そして、同級生たちも、40を迎える本音は、それぞれに複雑でした。今も確かに十分幸せなんだけど、それとは別に、40を迎える1人の大人としての、孤独や焦り、もやもや、子供世代の社会への不安などがあって。みんな同じだねと。気軽にそんな気持ちを話しながら、少し何か一歩踏み出せたらいいねと。1人じゃなかなかできないことも多いから。

そんな気持ちを話し始めるのに、敬語が邪魔になりました。

メンバーの発案で「同い年なんだし、タメ語で話そう」って決めました。いつの間にか、すっかり敬語が板について、(高校の同級生にもうっかり敬語が出てしまったり)でも、肩書をなくしてあだ名で呼んだり、タメ語で話すだけで、こんなにもラクで楽しく話せるんだと感じてます。

こんな想いで始めていたら、まさかまさか、広末涼子ちゃんにも繋がって、共感してもらって、協力してもらえて。ポカリスエットも同級生のよしみで協力してもらえて。これも「同い年」の力ですね。

って、長いコメントになりましたが、これから作っていくコミュニティ、一緒に面白くしていきませんか?

発起人 黒田佳奈子(福岡出身)より