令和大家の会

主催者:合同会社昭和コンサルティング
mail:info@showaconsulting.jp   
 TEL: 03-6904-8771
令和大家の会とは、賃貸不動産を所有する大家さんやこれから不動産投資を始めようという投資家の方に、不動産賃貸経営に欠かせないさまざまな知識(財務、税務、法務、マーケティング)や、不動産投資を始める方が犯しやすいミスを防ぐための情報を提供する目的で設立されました。

賃貸不動産経営は、知識が無い方にはさまざまな過酷な試練が待ちかまえているビジネスです。

知識がある人とない人では雲泥の差が生じるこのビジネスで、銀行融資や保険、不動産取引に知悉した主催者が毎毎回さまざまなテーマで有益な情報をお届けします。

令和大家の会とは

主催者

TCAT
昭和43年東京生まれ
上智大学外国語学部卒業
実家がアパートを複数保有していたことから、15歳から賃貸経営に係る
(最初の仕事は早稲田大学の学生を駅から物件まで連れて行き、内見案内)

大学卒業後、住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)にて法人向け融資、PJ融資、不動産業者向け融資、個人住宅ローン、アパートローン、不動産仲介、土地信託等の業務に従事

その後、住友海上火災保険(現:三井住友海上火災保険)に移り、火災保険、自動車保険、賠償責任保険、利益費用保険等さまざまな損害保険の引き受けと、火災新種保険の保険金支払いを担当

その後、退社して独立。
現在、合同会社昭和コンサルティングを立ち上げ、不動産業者として、売買仲介、物件管理、賃貸仲介、損害保険、生命保険代理店を行う

自分でも収益物件をいくつか保有し、大家としての一面も持っている

第一回セミナー(令和元年11月9日:東京八重洲)

第一回 セミナー 前半 その内容

第一部:
不動産賃貸経営&不動産投資に関する税金の考え方
講演者:瀧田税理士
●税務調査に関する情報 どんな個人・法人に税務調査は来るのか
●不動産所有法人と管理法人 その税効果と許容範囲
●不動産賃貸経営では経費としてどこまで参入できるか
●法人としての節税の方法
 航空機リース(レバレッジドリース)、他の事業の併営等
●その他

第一回セミナー 後半 その内容

第二部:
不動産賃貸経営&不動産売買に関するトラブル事例の研究と対策
講演者:箱崎文彦(昭和コンサルティング 代表)
■定期借家法38条2項をめぐるトラブル

東京地裁の判例から定期借家契約の成立が裁判で否定されたケースをもとに、定期借家契約を導入する際はどこに注意を払うべきかを実際に取りつけるべき書類をもとに解説

■ペット飼育に関するトラブル

ペット飼育を禁止している賃貸物件でそのルールを入居者が違背した場合、どのようなトラブルが起きるかとその対策について、東京地裁の判例を元に詳細に解説。

実際に大手企業が使用しているペット禁止覚書のひな型をもとにどこに注意すべきか、実務では何がポイントとなるのかを解説

■賃貸居室内で自殺が発生したことによる入居者の善管注意義務違反

賃貸している部屋で自殺が発生した場合の金銭的損失について東京地裁判例をもとに詳細に解説。

自殺発生場所、自殺後の室内状況により請求可能額が変わってくること
東京23区内では影響は3年が相場とされており、それによる逸失利益の算出方法について詳細に解説


第一回参加者の声