【ハマこい】で目立っていた
霊波之光って何?

旦那の転勤で横浜市在住となり早2年。
【ハマこい】という横浜のイベントのダンス部門で、
かなり活気があり目立っていたチームについて調べました

【ハマこい】って何?

・・・・・・・・・『ハマこいの歴史』・・・・・・・・・

“ハマこい”は、日本の夏祭りとして全国的に有名な「高知よさこい踊り」を基本モデルに、音楽や踊りにヨコハマらしい独自のスタイルを取り入れた「ハマこい踊り」として、1979年(昭和54年)に始まった、横浜駅西口での“ヨコハマカーニバル”にそのルーツを持っています。

2012年からは、横浜市が推進するシンボリック3事業のひとつである、ヨコハマ・アート・フェスティバルの一環「DanceDanceDance@YOKOHAMA2012」 にその舞台を移し、参加者約2,000名、観客約20,000名が集まる一大イベントとして、市民の方々に親しまれております。 

また、2002年のFIFAワールドカップTM「日本 VS ロシア戦」の試合前イベントや、2009年天皇陛下御即位二十周年をお祝いする国民祭典の第2部祝賀式典などにも招かれ、「ハマこい踊り」は横浜を代表する文化プログラムとして盛り上がりを見せてきました。 

2013年からは実行委員会を発足させ、 “ハマこい踊り”を“ハマこい”に改称し、“よさこい”だけでなく、その他のジャンルのダンスを取り入れ、国籍・人種・世代・性別・障害等を超えて誰もが参加できる“ダンスの祭典” として展開し、横浜市の観光資源として、また次世代育成にも寄与できる文化プログラムとなるよう、より一層魅力的で持続可能な横浜最大級の市民参加型催事として成長させて参ります。

ハマこい公式ホームページより抜粋】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上に記載あるように、ハマこいは横浜市が主催している
横浜を盛り上げるためのイベントですね。
私は昨年と今年で参加しましたけど、会場付近はすんごい人でした。
(家族でもみくちゃになりました)

中でもダンスのイベントの盛り上がりっぷりは半端なかったです!!
その中ひと際目立っていたグループがありました。

それは、

RHK Bay Dream(あーるえいちけーべいどりーむ)

というチーム。

若い子から大人(若干おじさん部類の方もいました)のメンバーが、
暑さを吹き飛ばす笑顔で踊っていて、
他のチームにはないエネルギー?を感じて、、、

娘もダンスを習いたいなんて言うもんだから(笑)
RHK Bay Dreamを検索してみました。

すると、RHK Bay Dreamは【霊波之光】という宗教法人の
横浜支部の青年部と青年飛翔部の15歳~40歳で結成されたチームなんだということ。

そこから霊波之光ってなになに??って感じで調べ始めました。


前置きかな~~り長くなりましたが、
せっかく調べたので備忘録として霊波之光について
私が調べた範囲で書いていきたいと思います。

霊波之光(れいはのひかり)
って読みます(私は初めて聞いたので読み方わかりませんでした笑)

霊波之光とは

①霊波之光の目的は「人類救済と世界平和の実現」です。人々が争うことなく、互いの幸せを祈る、暖かい心をもった平和な世界を築くことです。
そのような世界を実現するために、真の神様、御守護神様は、私達人間を病気やもろもろの苦しみから救って下さるのです。御つながり(入信)して、御神体御札を受けることにより、御力(霊波)に浴して幸せな人生をあゆむ道が開かれます。


②御守護神様から二代様を通して賜る霊波と御つながり(入信)した私達は、「御守護神様、二代様、我等人類救済の道へあゆませ給え」と唱える「結合の祈り」と、「御守護神様、御守護神様、御守護神様・・・」と唱える「感謝の祈り」を捧げ、 御守護神様、二代様の御教えに沿って日々の生活を過ごすことが幸せへの近道です。種々の悩みや問題を抱えている方のために、特別御祈願があります。尊き御力の注がれた御神酒、生命札、御祈願御札を頂き、14日間の御祈願に入ることで、悩みや苦しみが解決に向かい、感謝と喜びを得られます。私達の霊魂を浄めて頂けます浄霊御祈願は、健康な方もお受けすることをお勧めします。病気の苦しみや心の苦しみとは別に、交通安全や商売繁盛等、種々の悩みに応じた御祈願があります。

③幸せの道にあゆむ、信仰のあゆみの第一歩は参拝、御神域へ足を運ばれることです。霊波之光の真実の姿を、その一端でも見て頂きたいと思います。一歩足を踏み入れたとたん、心がさわやかになった、体が軽くなったと喜ぶ方達がたくさんいます。そんな御神域にぜひ足を運んでみて下さい。ご自分の目で、耳で、肌で御神域の素晴らしさを感じて下さい。毎日、午前9時より午後4時(各支部、礼拝所は午後3時30分)まで、どなたでも自由に参拝することができます。もちろん無料です。閉門日は月曜日です。月曜日が祝日の場合は翌火曜日(祝日が続く場合は次の平日)が振替の閉門日となっております。
※礼祭日と大祭日は開門時間が変わりますので、ご注意下さい。

わかるようでよくわからないのは、、私だけですか?(笑)
霊波之光に相談したら、例えばこんないい事があったみたいです

いじめがなくなって、学校が楽しくなった
大学院に合格して授業料が免除された
癌がなおって体調が回復した
諦めていた好条件でマイホームをゲットした
諦めていた好条件でマイホームをゲットした
え、、、霊波之光最高じゃん!相談したい!!ってなるよね(笑)

でも待って!
「うまい話には裏がある」って親に教わってきたよ??
どうせどうせ、お高いんでしょうよ??ってことで、、、

霊波之光の参拝料を調べてみました

霊波之光の参拝方法の最後に、
気になる参拝料をお伝えします~~~

霊波之光 参拝の流れ

霊波之光 
参拝の流れ①
霊波之光の本部へは、JR常磐線「柏駅」、または、つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」より東武野田線(アーバンパークライン)に乗り換えます。 大宮方面の電車に乗って「運河駅」で下車し、東口へ向かって下さい。
霊波之光 
参拝の流れ②
東口を出て、運河駅を左手に見ながら線路と平行する歩行者専用道路(ムルデル記念通り)を進みますと、霊波之光寄贈の「ふれあい橋」が見えてきます。大学生や近所の方達にも活用されています。アーチの形状が美しいその橋を渡って進むと霊波之光の参門が見えてきます。
霊波之光 
参拝の流れ③
運河駅から霊波之光の本部までは徒歩で約7分。参門前に立ちますと、緑豊かな御神域が広がり、救いの城「天使閣」が目に飛び込んできます。
大祭日と毎月二日の礼祭日、そして正月三箇日には、総ケヤキ造りの霊波門が開門され通れます。参門と霊波門のどちらからも入ることができます。
霊波之光 
参拝の流れ④
参門から右手に進み、最初に見える建物は「AYUMI館(あゆみかん)」です。その隣は「御由来館(ごゆらいかん)」。霊波之光の由来を動刻人形で再現しています。無料で拝観できます。御守護神様の写真展も毎日無料で見れるらしいです。
霊波之光 
参拝の流れ⑤
御由来館の前にあるのが「ウバメ樫庭園」です。 樹齢800年から1,000年を誇る見事なウバメ樫の巨木が周囲の樹木や、表情豊かな山石と調和して心洗われる美しい景観を作り出しています。
霊波之光 
参拝の流れ⑥
その先には「玉碑(ぎょくひ)」があります。
その台座には、御守護神様が詠まれました玉詩「神への道」が刻まれています。
霊波之光 
参拝の流れ⑦
「水屋(みずや)」では、手と口を浄(きよ)めます。
霊波之光 
参拝の流れ⑧
礼拝堂では御守護神様の大きな御神像が迎えてくれます。椅子席に座ったまま手を合わせてお祈りします。
お祈りの言葉は、 感謝の祈り 「御守護神様、御守護神様・・・」
結合の祈り 「御守護神様、二代様、我等人類救済の道へあゆませ給え」 です。

御神像の前にあります「自由参拝所」では、靴を脱いで正座でお祈りすることもできます。

霊波之光 
参拝の流れ⑥
その先には「玉碑(ぎょくひ)」があります。
その台座には、御守護神様が詠まれました玉詩「神への道」が刻まれています。

ん??????「自由参拝所」?
ってことは霊波之光の参拝料は、、、、0円!!!

ちょっと待ったーーーー!!!!
タダより高いものはないって言うよ??
霊波之光で
他にお金がかかるものがあるのか調べます

参拝の後に霊波之光に入信を希望する場合は、お金がかかります

霊波之光 御つながり(入信)

幸せに生きるために、生きるエネルギー(霊波)
を頂くことが大切です。
そのためには、大神様と人間をつなぐ 御守護神様と御つながり(入信)することが必要です。
御つながりすることにより、幸せへの道が開かれます。
**************

霊波之光入信料・・・・・まさかの
5,000円也(安~~~ww)

霊波之光 入信手続き

御つながり(入信)は、
本部の第二受付、支部、礼拝所で受付ています。
感謝金5千円
御神体御札と月刊誌「THE REIHA」が頂けます。 

(月刊誌「THE REIHA」は年内、毎月1冊お手元に郵送)
一家に一体お祀りすることにより、
同居するご家族にも絶えず霊波が送られるようになります。
出版物まで無料でもらえるって(笑)
入信料5,000円なのに出版物まで頂けるんですね!すごい!

それ以外にも信者の方が頂いた体験談を映画化したDVDとか
色々教えを分かりやすく学べるものも販売しているみたいです!


体験シリーズ第23話「礼拝堂」DVD

「なんで俺はこうも短気なんだ」。起業した会社の業績不振に苦悩する中で狭心症を患う主人公の篤志。
 御神像の御慈愛あふれる御まなざしと、「怒らない」の御教えを御説き下さる二代様の尊き御声が心に響き、「祈りとは幸せへの道、誰にも奇蹟は起こる」を実感する感動の作品。
(ジャケット裏面より)

霊波之光を調べてみた結果・・・
なんだか安心しました(笑)

当初はダンスを見たところから始まりましたが、
気になって気になって調べてしまった霊波之光。

何かを信じたり相談したりすることがなかった人生だったけど、、、
これからの人生どんなつらいことがあるのかしら(怖い~~~)

もしつらいことがあったときは参拝にいってみたいな、と思いました
(参拝料が無料ということに安心感が半端ない単純なわたし(笑))

娘のダンスを習いたいという希望もあるので、
一回話を聞きに行ってみようかと思います~!

ばーっと調べたことを書き落としてみただけなので、
気になった方は、詳細は霊波之光ホームページを見てみて下さいませ~

霊波之光ホームページ