Anton (Antonín, Antoine) Reicha (Rejcha)
(26 February 1770 – 28 May 1836)

Anton Reicha 250

2020年2月26日 21:00〜
Anton Reicha 生誕250年記念
ライヴツイート
@yunikayama
音源紹介とツイートでレイハを語る90分
盛況でした!
ツイートでReichaを語る #Reicha250

アントニーン・レイハ(アントン・ライヒャ アントワーヌ・ライシャ)はチェコのプラハに生まれた作曲家。ナポレオン戦争によりヨーロッパ中が振り回された激動の時代青年期を過ごし。ボン、ハンブルグ、ウイーン、パリなどで活動し最後はフランスに帰化した。
いろんな国で活動したため名前の表記が定まらない。
ベートーヴェンと同年生まれで、15歳のときボンで出会いその後ウィーンでも交流した親しい友人でライバルでもあった。
音楽史的には、演奏家、作曲家というよりは、理論家、教育者としての成果が知られている。
パリ音楽院の作曲法教授として、リスト、ベルリオーズ、グノー、フランクなどを教え、作曲の理論書は19世紀中欧州で使われた。
レイハの作品は木管五重奏曲以外はあまり演奏されることは無いが、19世紀初頭における実験音楽と呼べるような、多彩で独創的な作品が残されており、近年になってようやく再評価されはじめている。
AntonReicha@ainochikara.com

Reicha rediscoverd
Episode 1 'Introduction'
Ivan Ilić

これは何?

香山由人 yunikayama

アマチュアの音楽愛好家。
世界中のあらゆる時代あらゆるジャンルの音楽に興味を持ち密かに発信の準備をしている。

リコーダー吹き。
舞台音楽の作編曲。ライブサポート。
2006年以降活動していない。

2018年ころからAntonReichaの音源、文献、楽譜などの収集をはじめていたので、生誕250年を機会に何かやろうと思いついてこのサイトを作成。

本業はきこり系forester。
http://ainochikara.com/