あなたは最高の
プレゼンをします!

【アカデミック・イングリッシュ無料勉強会】


英語で口頭・ポスター発表をしたい研究者や大学院生の皆様!もう一人で悩まなくて、大丈夫!
英語自由に操って、国際学会で最高の発表しませんか?

国際的な場で
プレゼンテーション!

あなたは
最高の
プレゼンをします!

はじめまして。

Globalな活躍を目指している

志の高い研究者や大学院生の皆様!

 

圧倒的な経験に基づいた

「Dr. Hanatsuの
アカデミック・イングリッシュ」

開発者のDr Hanatsu Naganoです。

 

あなたのポテンシャルを引き出し、

国際学会での最高の発表のために、

共に駆け抜け、サポートします!!!

 

 

2020年、covid-19の影響下、

鎖国のような状況が続いていて、
今年発表予定だった学会も

参加を見合わせた方も
いらっしゃることと思います。

 

そんな今だからこそ、

本気で英語での発表準備を
したいと考えている

日本の未来を背負っている
研究者の皆様にむけて、

 

【アカデミック・イングリッシュ
無料勉強会】

「国際学会で最高のプレゼンテーションを
するための集中特訓コース」

準備~本番~未来の全プロセス

をZOOM開催いたします!!!

━━━━━━━━━━━━━━━

・本当に自分のプレゼンが

海外で通じるのか?

 

・英語での質疑応答は、

どうすればよいのか?

 

・なぜ、国際学会で

緊張してしまうのか?

━━━━━━━━━━━━━━━ 

 

これらの問題を解決する
具体的なステップを
お伝えさせていただきます!

 

 

Dr Hanatsu Nagano
一般紙HERALD SUNに特集が掲載

僕がお勧めする

Dr. Hanatsuの

アカデミック・イングリッシュ

のプログラムに沿って、

英語学習をしてもらった結果、

 

----------------------------------------

・海外の研究機関に

就職できました!

 

・国際学会で発表したら

表彰されました!

 

・海外の研究者と共同研究

することになりました!

----------------------------------------

 

など、うれしい言葉を

たくさんいただいています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この【アカデミック・イングリッシュ
無料勉強会】が

オススメの方!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・国際学会で発表を任せられてしまったけど、
どうしたらよいのか分からない…。

・英語の聞き取りも発音も
全然自信がありません。

・質疑応答の時は、
誰も質問しないでほしい
というのが本音です…。

・プレゼンの内容について
「もう一度スライドを見せてほしい、
その内容に質問がある」などと
言われたら、
相当焦ると思います。

・原稿が完成したら、
とにかく原稿を丸暗記して
いかに正確に再現できるか…
というプレゼン以外に…
どうすればよいのでしょうか?

・ずるいかもしれないけど、
許されるのであれば、
プレゼンはスライドに書いて、
そのまま読みたい!

この【アカデミック・イングリッシュ
無料勉強会】で
得られるメリットは!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
・自分の弱点がわかり、
何が必要なのかが明確になる
 
・どのようなプロセスで、
研究発表本番を迎えるかがわかる
 
・国際学会に求められる研究発表の
スタンダードがわかる
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
この【アカデミック・イングリッシュ
無料勉強会】の内容は?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
・学会に参加するための手続き
・やってはいけないプレゼンの仕方
・学会中のネットワーキング
・学会後の共同プロジェクトへの
発展方法のコツ 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
ここから、
とても『大切なお知らせ』が
ありますので、
2、3分だけ
お時間を取ってお読みいただければ
幸いです。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

100人中99人以上の

日本人研究者が、

知ることすらできない!

 

「アカデミック・イングリッシュ」

その驚くべき効果とは?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dr. Hanatsuの

アカデミック・イングリッシュ

プログラムは、

僕とイギリス出身の科学者トニー

(William Anthony Sparrow)とで

開発しました。

 

プレゼンコースは週1回(全8回)

 

システマチックなプログラムを受講し、

課題をこなしていくことで、

自然と自分で自分の論文や

プレゼンを完成させていきます。

 

正直なところ、

アカデミック・イングリッシュを

日本で学ぶことは

ほとんど不可能といっても

過言ではありません。

 

その理由としては、

 

「ただ英語が流暢なことと、
アカデミック・イングリッシュは違う。」

ことにあります。

 

つまり、

「ネイティブの英語教師や翻訳家

といえども、

アカデミック・イングリッシュは

非常に特殊なスキルが必要。」

だからです。

 

日本国内で著名な先生でも、

アカデミック・イングリッシュを

身に着けていることは

非常に稀です。

 

仮にネイティブの研究者から

アカデミック・イングリッシュを

学ぶ機会があったとしても、

説明も質問も全て英語での

やり取りになるため、

100%吸収するのは難しい。

 

ということも、

アカデミック・イングリッシュを

学ぶ難しさです。

 

学会のプレゼンでも、

研究チーム全体で参加して、

あらかじめ用意しておいた

想定質問などを仲間内で行い、

他国の研究者から

失笑されていることが多々あります。

 

ただ単に、

「国際学会発表をした」

という既成事実を作るのが

目的でない限り…

しっかりと実力をつけて臨むことで、

初めて国際的なアカデミックの

土俵に立つことができるのです!

 

 

日本の研究のレベルは

決して低くはありません!

世界の研究の礎となるような

発見や成果が多いにも関わらず、

それが正しく伝わっていないことが

多いというのが、残念な事実です。

 

 

僕は、本当に

この現状をどうにかして

変えたく思っています。

 

 

そこで、僕がお勧めしたいのが、

Dr. Hanatsuの

アカデミック・イングリッシュ

 

その場しのぎではなく、

本当の実力を身に着けて

いただきたく思っています。

自分で論文を仕上げ、

世界中の研究者からの質問に対して

堂々と受け答えができるための

アカデミック・イングリッシュを

学んでほしいと思います。

 

 

それによって、

国際的な研究機関との共同研究の話や、

研究員としての仕事のオファー、

国際的なアワードの受賞などが

 

現実のものとなってきます!

Global Healthcare
健康促進の功績を称えられ、殿堂入り。
Most Innovative
New Care Product in the World
2017-2019
発明品が世界的な賞を受賞!
Most Innovative
New Care Product in the World
2017-2019
発明品が世界的な賞を受賞!

Dr. Hanatsuの

アカデミック・イングリッシュ

では自分の力でリサーチを

国際的に発表できる

アカデミックなイングリッシュを

あなた個人の目標に合わせて

直接指導いたします。

 

僕自身は、これまで

18年間海外で暮らし、

3,000名以上の日本人の

英語に対するお悩みを

個別指導とグループ指導を組み合わせて

解決してきました。

 

長年の指導経験の中で、

 

「どのようなカリキュラム」で

「どのようなアカデミックな表現」を

学んでいけば、

世界的なアカデミックの基準において

評価される研究発表ができるのか!

 

その仕組みを

解明することができました。

 

このDr. Hanatsuの

アカデミック・イングリッシュ

の方法を

自分自身が実践することで

 

「多くの国際学会でゲストスピーカー

として招待される」

 

「最高評価(Scimago Q1)の論文を

多数出版」

 

「数年で数百の引用」

 

「20を超える国際学術誌の

査読・編集に携わる」

 

「科研費の取得に加えて

審査員としても活動 」

 

もっと言ってしまうと…

こうした実績が評価され、

 

「所属していた大学の学校賞を2度受賞」

 

「博士研究の発明は、

大学の特許となる」

 

「研究功績は各種メディアに

取り上げられ」

 

「発明品は世界的な賞を

3年連続ロンドンで受賞」

 

「功績を称えられ

Global Healthcareに殿堂入り」

 

 

 

更にもうちょっとだけ

付け加えると、

このプログラムを実践して、

論文や学会発表を

行ってきたところ、

 

オーストラリア政府より

功績が認められ、

 

「倍率数百倍の競争に勝ち」

 

「博士課程の学費をすべて免除され」

 

「毎月、返済不要の

生活費を貰いながら」

 

100%

「博士研究に打ち込めました。」

 

 

この

Dr. Hanatsuの

【アカデミック・イングリッシュ】

は、実は《誰でも》

使うことができます! 

大学賞の受賞スピーチ例
Global Communicationには、ジョークも必須

国際学会での発表においては、

 

・効果的なプレゼンの構成

・メッセージを伝えるための

パワポやポスターの作り方

・緊張しないプレゼンの方法

・意味が正確に通じる表現

・逃げも隠れもしない質疑応答

 

などを習得していただきます。

 

 

そして、何より大切なのが、

自信をもって

英語でプレゼンができるように

 

とことん反復練習をし、

その都度フィードバックを

行うことです。

 

学会のアブストラクトの提出、

ネットワーキングのコツなど、

学会を最大限に活用する方法も

伝授します。

 

あなたが実際に参加する学会に

照準を当てて、

カリキュラムを進めていきます。

 

 

あなたは、

 

「国際学会が迫ってきたけど、

どうしよう?」

 

などと悩む必要はなく、

 

カリキュラムに沿って、

課題をこなしていけば

勝手に実力がつき、

同時に自信もついていきます!

 

そして、

学会でアワードを貰ったりするたびに

今まで以上に

自分の研究に対して、

“自信”がもてるようになります(^ ^)

 

実際に

Dr. Hanatsuの

アカデミック・イングリッシュ

を受講していただいた研究者の

“90%の方”から、

 

「最高の研究発表を

することができました!」

 

といった実績に基づく嬉しい声が、

続々と届いています。

 

国際的に自分一人でも

研究発表を行っていく

 

実力と自信がつくかどうかは

【アカデミック・イングリッシュ】を学ぶ

「プログラム」

によって決まります。

 

そして、

「プログラム」は、

開発者の専門性や経験値で決まります!

 

日本人研究者が世界で

活躍するために必要な

アカデミック・イングリッシュ勉強法

2~3カ月のカリキュラムに凝縮して、

システマチックに習得できるプログラム

 

Dr. Hanatsuの

アカデミック・イングリッシュの

 

【アカデミック・イングリッシュ
無料勉強会】

「国際学会で最高のプレゼンテーションを
するための集中特訓コース」

準備~本番~未来の全プロセス

を開催いたします。

実際に、過去に講座を受講された

研究者の方には

 

英会話の先生に学会発表のリハーサルを聞いてもらうのでは、
国際学会にふさわしいアカデミックな表現が
できているのかよくわからなかったのですが、
文法や発音チェックに加えて、
実践的なプレゼン・スキルを習得できました。

 

と、感想をいただきました。

 

 

2~3月間のプログラムを

こなしていくだけで

 

19人中17人のお客様から、

期待以上の成果が得られたと喜ばれ、

「実力アップを実感しました。

ありがとうございます!!!」

と言われ続けた

 

Dr. Hanatsuの

【アカデミック・イングリッシュ】

 

【アカデミック・イングリッシュ無料勉強会】

「国際学会で最高のプレゼンテーションをするための集中特訓コース」

準備~本番~未来の全プロセス

 

 

・学会に参加するための手続き、

・学会中のネットワーキング、

・学会後の共同プロジェクトへの

発展方法のコツを一挙公開します。

 

英論文においては、編集者の立場から、

掲載されるのに必要な

秘密をお伝えします。

 

通常は30,000円にて

お届けしていますが、

今回は特別に『無料』で

Zoom開催させていただきます。

 

 

お申し込みは今すぐ!こちらから!

ーーーーーーーーーーー 

過去に実践されたお客様の声

ーーーーーーーーーーー

 

▼通っていた英会話の先生にプレゼンの練習を手伝ってもらおうとしたのですが、「研究は分からない」と断られ途方に暮れていたところ、特訓してもらい、おかげさまで初めての国際学会プレゼンテーションは大成功でした!感謝しています! 

 

▼いままで質疑応答が怖く、仲間内に質問を仕込んでいたのですが、それは本質ではないと恥ずかしく思っていました。ワールドスタンダードの世界を見て、これからも本物の力をつけるために、サロンに通いたいと思います。

 

 

アカデミック・イングリッシュが

苦手と感じている方にこそ

今回の実践セミナーに

ご参加いただきたいと考えております。

 

そうすれば、

アカデミック・イングリッシュが

上手くいくための秘訣を

あなたもマスターすることが可能です。

 

 

ご興味のある方は、ぜひ一度

 

【アカデミック・イングリッシュ
無料勉強会】

「国際学会で最高のプレゼンテーションをするための集中特訓コース」

準備~本番~未来の全プロセス

を、体験してみてください(^_−)−☆

2~3月間のプログラムを

こなしていくだけで

 

19人中17人のお客様から、

期待以上の成果が得られたと喜ばれ、

 

「実力アップを実感しました。ありがとうございます!!!」

と言われ続けた

 

Dr. Hanatsuの

【アカデミック・イングリッシュ】

 

【アカデミック・イングリッシュ
無料勉強会】

「国際学会で最高のプレゼンテーションを
するための集中特訓コース」

準備~本番~未来の全プロセス

 

 

もともと第1回目の有料講義(3万円)として、
まずは国際的な研究発表の

全体像を理解してもらってきていましたが、
今回特別に、

無料でご招待いたします。

 

国際的に活躍したい
研究者や大学院生の方達で、
本物の

【アカデミック・イングリッシュ】を

習得したい方は、是非この機会に

ご参加ください!

【開催日時】

毎月第1(土)

21:30~22:30

 

▼内容 

 

1:学会に参加するための手続き

2:やってはいけないプレゼンの仕方

3:学会中のネットワーキング

4:学会後の共同プロジェクトへの

発展方法のコツ

 

 

10月3日(土)21:30~22:30

11月7日(土) 21:30~22:30

12月5日(土) 21:30~22:30

 

【開催場所】zoom会場(内)

 

【定員】各回5名

【3つの参加ルール】

 

---------------------

Zoomセミナーで成果をつくる!

「3つの参加ルール」

----------------------

安心、安全、ポジティブな
場所にするために

以下の3つのルールを守らない方は
途中でご退出いただきます。

 

⑴本名で参加する

⑵積極的に参加する
(セミナーの質問に答える)

⑶集中できる環境で参加する

 

携帯電話、スマホをかける、
食事しながら、テレビを見ながら、

のセミナー参加は、
他の受講生の集中を妨げるので
ご参加をお断りします。

 

また、途中からの
セミナー参加をお断りします。

 

※上記のルールを守れず
ご退出いただく場合がございます。

何卒ご了承下さい。

----------------------

 

最後までお読みいただき、
本当にありがとうございます!

また、メールしますね。

 

Dr Hanatsu Nagano

プログラム開発者 
Dr Hanatsu Nagano 

  • Global Bridge 代表取締役社長
  • Victoria大学 博士研究員
  • Austin病院 名誉生理学者
  • Honours学位取得
  • PhD取得
  • 最優秀研究賞受賞
  • 国際博士研究奨学金受賞
  • Global Award受賞(2017年、2018年、2019年)
  • Global Healthcare Hall of Fame殿堂入り
  • 特許取得6522754号
  • 国際学術誌掲載15作以上
  • 国際学会発表20回以上
  • Award of Acknoledgment
  • Professional Achievement Award
  • 国際学術誌査読・編集20誌以上
  • 科学研究費取得多数
  • 日本将棋連盟認定3段
  • メディア掲載多数

詳細につきましては、
’Hanatsu Nagano’で
Google検索してください。