転職キャリアガイド 

転職する方法

日本の将来を見据え、仕事をAIに取られないためにも転職をしよう、と思った人もいるのでは無いでしょうか。

士業につくには、資格や様々な条件が多いですが、他の仕事なら今からでも転職活動を行うことができます。

転職活動を行う期間としては、3ヶ月から6ヶ月が目安です。

転職活動の流れを大きく分けると、「自分はどんな仕事が向いているのか」「転職に何を求めるのか」を明らかにする自己分析を行い、企業や業界の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成、そして求人への応募、面接と進みます。

転職活動を行う人の多くは、働きながら行う人が多いのです。

働きながら転職活動を行うことにはメリット・デメリットがあります。

メリットは、上手く時間をとって仕事をしながら転職活動を行うことで収入が途絶えることがなく、気持ちに余裕を持った状態で転職活動を行うことができます。

デメリットは、時間に追われてしまうという点です。仕事を辞めてから転職活動を行うと時間がしっかり撮ることができるので、自己分析や情報収集の質が上がります。

どちらの方が良いということはできませんが、転職活動を行うにはまずしっかり目の前のことを把握し、なぜ転職をするのか、を明らかにしてから動き出すようにしましょう。

日本で将来性のある仕事に転職する方法とは

将来性のある仕事とは?

将来性のある仕事とは、主にAIにはできない仕事と言ってもいいでしょう。

日本の将来は、これまで人間がパソコンを使って行ってきた仕事の多くが、AIによって自動化されることになります。

そのため、「AIができない」仕事を人間がおこなっていくことになります。

 

AIのできること・できないこと

 

AIができないことって何?と思いますよね。

以外にも、AIはできないことが多いです。

AIとは、人間の脳が備えている知的能力をコンピュータシステムによって再現したものです。

今までのロボットのように、事前に人間が作成したプログラムの指示通りに行うだけでなく、物事の認識から分析、判断、学習、予測などまでを自律的に行えます。

そのため、いろいろな業種から注目を浴びていますが、考えることや新しいものを生み出すことなどはできません。

 

将来性のある仕事

 

「新しいモノを作り出す」仕事か、「定型作業ではない」仕事になるでしょう。

書類作成などのルーティン作業は、様々な職場で自動化されて行くことになりますが、インタビューや毎日違う仕事を行うのは、臨機応変に対応できる人間にしかできない仕事です。

この2つから見ても、大きな特徴として「人と関わる」仕事を人間が行うということになります。

その仕事はどんなものがあるでしょう。絶対日本の将来なくならないといわれている仕事を3つ紹介します。

1つ目は「エンジニア」です。

エンジニアは、企業のシステムやWEBサービスを開発する仕事です。

一見、パソコンも使うしAIでもできるんではないか、と思う仕事ですよね。

もちろんクリエイティブな要素がありますが、それだけではなく、企業が本当に求めるシステムをヒアリングするなど、人とのコミュニケーションを多く必要とする仕事です。

2つ目は、士業です。

士業とは、弁護士や行政書士などのように、名称の後ろに「士」と付く国家資格を持っている人のことを指します。

医療関係の資格を持ってる人も入ります。

資格を持っていることで、他の人とは違う仕事につくことができます。

このような仕事は、人と関わり相談に乗り解決策を見つけるので、仮にAIに能力があってもできない仕事です。

3つ目は営業職です。

営業職は、どれだけAIが発展しても必要とされる仕事です。

ネット通販の普及によって、人々の購買行動は、数十年前と大きく変わりましたが、BtoBの取引や、金額の大きな買い物をする際は、営業担当者と直接話をしたいと考える方も多いです。

担当の営業者と話があったから大きな買い物をする決断をした、という人も多くいます。

コミュニケーションが第一な仕事の営業職は、いつの時代も重要な仕事といえるでしょう。

転職エージェントに応募したが連絡がこない...【相手にされない原因分析】

転職活動をしよう、と思ったら、まずやることは転職サイトに登録してみることです。転職活動をする上で、転職エージェントの存在は大きいですよね。なにかしら安心感を得ることができます。

しかし、そのエージェントから連絡が来ない、という場合があります。

せっかく登録したのに、どうして?と思うのは当然ですが、原因となるものは必ずあります。

今回は、どうして転職サイト側が連絡を送ってこないのか、またそのような場合になってしまったらどう対処すれば良いのか、についてお伝えしたいと思います。

自分が原因になっていないか

転職サイトから連絡が来ない、エージェントがダメなんだ、となっていませんか。他人のせいにする前に、1度、自分に悪いところがなかったのか考えてみましょう。

エージェントから「あなたにぴったりの求人をこちらで探しておきます。また後ほどご連絡いたしますね。」と言われ、待っていたのに連絡がなかったら不満に思うし、不安でもあります。

連絡が来ないのは理由があります。

最も多い理由は、「自分自身に原因がある」場合です。

エージェントにとって、あなたは困った就職・転職活動生になっていませんか。

そのような場合、わざと見放されている可能性があります。

見放される求職者の共通点として挙げられるものは大きく挙げて5つあります。

時間を守らない人自分大好きな人売り込めるポイントがない希望条件が厳しすぎる仕組みを理解していない

 

時間を守らない人の場合一番よく転職エージェントに放置される人は「時間を守らない」人です。

 

エージェントとの面談や面接の時間を無視している人はいませんか。その中でも注意してほしいことは、予定のある当日にキャンセルをしたらアウトです。

転職サイトから諦められて連絡が来なくなります。

自分大好きな人の場合

次に、見放されてしまう求職者に共通するものは、「自分大好き」な人です。

もしあなたが転職エージェントとして、面談中に相手をすることになっている人が自分の話や自慢話ばかりだったら、どうしますか。

迷惑ですよね。

エージェントも人間ですので、連絡取りづらいな、とか、連絡したくないな、と思った人には自然と興味を示してくれなくなります。

売り込みにくいと思われた場合

3つ目に挙げられるものは、経歴には何の問題もないが、エージェントが面談をしてあなたに会ったときの印象で、企業に売り込めるポイントがないな、と思われたときです。

たとえば、「コミュニケーション能力が乏しすぎて話にならなかった」や身体的に企業で働くことが厳しいと判断された場合です。

こういう場合は、連絡を取らずに存在を消そうと転職エージェントは思っているかもしれません。

希望条件が厳しすぎる場合4つ目の共通点として挙げられるものは、希望条件が厳しすぎる場合です。自分の希望する職場に就くことは、転職の1番の目的ですが、条件が厳しすぎたらそもそも選択肢が見つかりません。

 

面談をするときは、妥協できる点と譲れない点を伝えましょう。

本当はタダで教えたくないホワイト・ブラック業界ランキング!転職するならココがおすすめ

突然ですが、あなたは転職するならどのような業界がいいと思いますか?

あまり詳しく考えたことがないという人も、転職するなら今よりも条件の良い会社が良いですよね。

ほとんどの人が、どうせ働くならホワイトな業界で働きたいと考えるのではないでしょうか。

しかし、ブラック業界ならテレビなどのニュースでもよく問題になっているためよく知られていると思いますが、ホワイトな業界は比較的イメージがしにくいかもしれません。

ホワイト業界の特徴は、負担の少ない仕事で高い収入を得ることができ、離職率が低いことです。

このページでは、転職を考えるならぜひ目指したいホワイトな業界の例を解説していきます。

ホワイト業界の定義|自分の職場はホワイトなのか確認しよう

企業によって雲泥の差があるかもしれませんが、ある業界は働きやすいホワイト業界かどうかを判断する時に、まず下記3つの数字を見るべきです。

平均年収定着率有給取得率

この3つの平均数値が高ければ高いほど、ホワイト業界だと言えます。

そして次に判断するコツは、「新規参入が難しい業界かどうか」です。

理由は簡単で、競合他社が多いと営業のノルマがきつくなるし、技術者にも高い基準を求めるようになります。競争で生き残るために、最小のコストで最大のパフォーマンスを出すことが求められ、残業や休日出勤が増え人件費が減らされるケースがしばしば起きてしまいます。

逆に高い専門性や資本力が必要な参入障壁が高い業界は、そこまでしなくても収益を挙げられるので、ホワイト企業が多いです。

さらに国の機関と強い繋がりを持つと、もっと安定に期待できます。インフラやエネルギーは国の根幹を担う産業で、2,3社による寡占市場のケースがほとんどです。これらの基幹産業に属する企業は経営状況が悪化しても国が後押ししてくれるので、比較的に安泰です。

新規参入が難しく、国と強い繋がりを持つに加え、高い生産性や利益率を維持できると、ホワイト業界に間違いありません。

ホワイト業界に転職できれば、倒産のリスクが低く安定的で、給料も高くていい事づくしです。

それではどんな業界がホワイトなのか、典型的な例を見ていきましょう。

ホワイト業界一覧|理系の就職先に多い

インフラ業界

転職先としてぜひ目指したいホワイト業界一つ目は、インフラ業界です。

インフラの仕事ではガスや水道や通信など、社会基盤を扱っています。

これらの仕事は景気の良し悪しに関わらず常に必要とされます。

そのため需要が非常に安定しており人材も多く給与も高くなっています。

もともと国営であったところが多いことから年功序列制度が残っており、歳に応じてしっかり昇給がなされます。

主なインフラ企業を具体的に挙げてみると、NTT、JR、東京電力などです。

どれも皆さんよくご存知の会社ですよね。

このように企業の知名度が非常に高いことから、もし社員の取り扱いが悪いと大きな問題になってしまいます。

そのため子会社も含めて勤務体系や福利厚生が整っているところが多いのです。

インフラ企業に転職すれば、ほとんどの企業で定時に帰宅できることができて、残業となった場合にも手当がしっかり出ます。

これほど好条件が揃っていれば、転職先としては理想的であるといえますね。

ただ、これだけホワイトで安定していますから、やはり倍率は高くなっているようです。

本社に転職するのは狭き門かもしれませんが、子会社ならば入るチャンスがあるかもしれません。

メーカー業界

ものづくりに興味がある人がホワイト業界への転職を目指すなら、メーカーはいかがでしょうか。

製造といっても作るものによって色々ありますが、全体的にホワイト企業が多いと言われています。

化学系のメーカーは給与も有休取得率非常に高く、業界平均年収はおよそ614万円です。

メーカーでも営業の仕事であれば文系人材も活躍できます。

一般的には営業職の仕事は泥臭い、大変という印象があると思いますが、化学メーカーの営業はホワイトと言われています。

化学メーカーの多くはBtoB企業です。つまり、企業間同士での取引が中心になっているということです。

BtoBの営業はノルマが低くストレスも少ないことからホワイトであるという声が、実際の経験者からも多くあがっています。

文系人材もメーカーのホワイトな仕事への転職を狙うことができるということですね。

輸送用機器メーカーなども有休取得率が高いホワイト業界であることが知られています。

例えばトヨタ自動車の有給取得率は96.7%もあるのです。

驚きの高水準ですね。

また、輸送用機器メーカーの業界平均年収はおよそ580万円ほどです。

食品メーカーも大手であればかなりのホワイト企業ですが、倍率が高いようです。

食品メーカーは、女性の従業員数が多いため、転職を考えている女性は検討してみてはいかがでしょうか。

航空・海運業界

航空・海運業界は、転職を目指したいホワイト業界としてしばしば挙げられるもののひとつです。

JALやANAなど大手企業がすでに国内シェアの大半を占めているため、競合会社が少ないことが特徴的です。

航空や海運のサービスを行なうには国の認可が必要なので、一般的な企業が新しく参入するのは難しいため、このように大手による寡占市場となっています。

また、空輸に必要なジェット機や海運に必要な大型船などが高価であることからも、他の会社が容易に介入してくることは難しいのです。

一定の需要があり、収益も安定しているため、これから転職を目指す人にとっては安心できる環境です。

女性が多く働いている業界であることもあって、育児休業などの各種制度が整っているのも利点のひとつです。

子供が生まれた後も長く安定して働きたいという女性にとっても、転職先としては魅力的です。

退職金制度も充実していて、大卒の社員の場合で平均しておよそ3,000~4,000万円もの退職金を受け取れるようです。

航空の人気が特に高いため、転職するのであれば海運が比較的狙い目であるといえるでしょう。

また、大手航空会社の他にも地方空港職員もホワイトであるとよく言われています。

運行本数の少ない地方空港であれば、比較的少ない仕事で、高い給与を得ることができるためです。

ホワイト企業とブラック企業の違い

働いていている環境が悪かったり、待遇が悪いことは改善しなければ自分が辛いだけです。

どんな人もブラック企業では働きたくありません。

仕事内容が自分にとって充実しているならいいですが、

そうでない場合に問題になってくるのは残業時間についてです。

残業時間については最近ではとても問題になっています。

実際に残業をしないと仕事が終わらない場合であっても、その日に片付ける必要があるならば、

人員をそこに充てるべきであり残業時間が規定を超えてしまうことはいいことではありません。

しかしそこで会社は残業時間が規定を超えないように記載を変更したりしてその場をしのいでいます。

ブラック企業ではその規模がとてつもなく大きかったりすることもあり

従業員にかかる負担が度を超えてしまっている場合もあります。

転職サイトでそのような嘘を見抜くためにはブラック企業特有の求人の出し方を見分ける必要があります。

求人に曖昧な部分が多かったりする場合は要注意になってきます。

ホワイト企業はそういった点について詳しく書かれていたり、

求めている人物像がはっきり書かれている場合が多いです。

どういった点に嘘が多いのか

転職サイトで嘘が目立つ点は経験について、給料について、残業について、休日についてなど様々です。

実際に嘘をついているわけではないということであっても

こちら側に間違った印象をあたえるよう表現が書かれています。

経験については未経験でも問題ないだとか、経験者優遇などが書かれている場合もありますが

どの程度の範囲にそれが当てはまってくるのかという点が曖昧であるため、素直に信じていいとは言い切れません。

給料については最も重要な部分と考える人が多いのではないでしょうか。

ボーナスや残業代について詳しく書かれていない場合は注意が必要です。

休日については書き方に種類が多く実際にその意味を理解していないと

自分が思っていたものと違うという結果になってしまいます。

 

実際に転職するにあたって

転職サイトを見ただけではなく、色々な情報サイトを見ることや働いている人への情報収集、

面接時の対応などで自分に合った会社かどうか判断することが重要になってきます。

面接の前に直接電話をかけて聞いてみたり、面接時のときのために質問したい点や

しなければならない点をまとめておくことも重要です。

よって面接の機会は確かめるための最終手段となります。

その前に嘘を回避するためには自分の主観で求人を見ないことや記載されていることを

控えめに捉えることによってリスクを回避できるはずです。

他人の意見を聞いてみたりすることも時には必要になってきます。

口コミを確認することは多くの人や経験者からの意見であるため

そういった事が書かれている転職サイトを利用していくことも必要です。

以上のことを意識しているだけでも転職を考えていく上でリスクを回避できるものとなってくるので参考にしてみてください。

転職サイトのあり方については自分の事だけではなく

少なくとも3方向の視点を持っていくことが良い職場への転職を成功に導くことでしょう。

転職サイトを見抜く方法まとめ

転職を考える際に最も利用率が高いものは転職サイトという事ができるでしょう。

無料で利用できますし多くの求人を閲覧し比べることができます。

自分のやりたい事が見つかればそのまま申し込むこともできますし便利です。

しかし転職サイトは紹介をしているだけなので実際に働いた後のことは関知しません。

よって会社にとってメリットになることしか書かれていない場合がほとんどです。

本来の問題となる点については書かれていません。

そこを見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。

大手と違う?転職エージェントに聞く
ベンチャー企業の面接対策

現在、日本にはさまざまなジャンルで、大企業から中小企業、ベンチャー企業など多くの企業が存在しています。

また、現代では1つの企業に定年退職までお世話になるという概念はなくなり、自分の幅で転職に手を伸ばす時代になってきています。

また、転職することで自分に新たな道を見つけ、裕福な暮らしを望む人も少なくありません。

多く存在する中でベンチャー企業へ転職したいとする理由はどこにあるのか、またベンチャー企業に転職したいと望む人たちはどういった条件が必要になるのかを紹介していきたいと思います。

ベンチャー企業の転職事情

転職でベンチャー企業を選ぼうとしている転職者はまず、大手企業などの風通しの悪さなどに嫌悪感を抱くことなどが多いです。

大手企業ではよく、派閥争いなど、勤める社員の多さなどから人間関係が重要となることがあります。

上司の顔色を伺いながら適切なタイミングで、企画を提案しないと稟議が下りないことなど多々あります。

稟議を通すにしても、審査基準が多々あることが多いです。

自分の直属の課長から許可を経ても部長など許可を下すのに、長い道のりがあることが多いです。

仕事に集中したいと考える人は少数精鋭で常に前線で働くことのできるベンチャーを所望する人が多いです。

また、自分の実力に見合った給料を貰えていないと感じる働き手もベンチャー企業で実力を発揮したいと考えます。

ベンチャー企業の面接で重要なこと

 

やりがいや自分の中でビジョンをしっかりと持っていること。

 

ベンチャー企業は大手と違って、即戦力となり、早期育成に対応できるやる気やモチベーションの高い人材を探しています。

そのため、自社に入社を希望する動機を事細かく質問することが多いです。面接日に前もって自分の中でその企業に入る理由を綿密に深く探って考えておきましょう。

 

面接では早いうちから取締役や社長が来る社員全体の総数が少ないベンチャー企業では、面接の速い段階で取締役などと面接することが多いです。

 

そして、面接自体の回数は少ないが、取締役などの面接会数が多いです。

会社自体の人数が少ないため、人事面接の後に、すぐ、取締役との面接がある可能性があります。

前もって緊張しないように把握しておくことは重要になります。

 

社長面接で追及してくる質問が多くなる

 

社長面接ではもともと0から立ち上げるチャレンジ精神と苦境を乗り越えてきた粘り図良さをもった方との面接である事を覚えておきましょう。

自分の価値基準で面接に臨むのでなく、自分がベンチャー企業を立ち上げ、成長させるにあたって大切なことを忘れない様に心がけることが社長面接でも響いてきます。

 

好奇心旺盛であることをアピールしよう

 

企業で計画的なプランで成長できることをやめ、ベンチャーに進むにあたった自分の好奇心を相手に伝えることも重要となってきます。

転職エージェントの役割

転職をしたいがどういった企業があるのかわからないことが多くあると思います。

約421万あると言われる日本の企業の中で自分が探し求めている企業を1から探すのは骨が折れます。

転職エージェントは421万ある企業のジャンル分けを繰り返し、転職者によりよい企業探しを行ってもらえるようにサポートしてくれます。

また厳選したその企業に就職できるよう、企業理念や、どのような人材を企業が求めているかを教えてくれます。

求めていた企業を見つけ、就職までのアプローチをするのが就職エージェントです。

ベンチャー企業での面接は転職エージェントに相談しよう

どのような企業に勤めていたとしても、転職でベンチャー企業を選ぶ場合様々な理由があると思います。

そしてベンチャー企業の面接で対策しなければならないことも多いです。

自分に合ったベンチャー企業とそのベンチャー企業の面接対策を行うのは骨が折れます。

転職エージェントは転職者の要望を聞き、転職者にあった企業選びに尽力し、見つかった企業の面接対策を綿密に組んでくれます。

転職に時間をかけたくない、自分に最適の企業を選びたいと考える方はぜひ転職エージェントに相談することをお勧めします。

転職,転職サイト,求人,おすすめ,口コミ,評判,比較