人とは違う経験や背景。それは社会に出たとき、必ず強みとなり、価値となる。

わたしたちは、全ての子ども達が多様な価値観に出会い自立できる社会を目指すNPOです。

なかなか学習の成果が出にくい生徒さんでも、いつか芽が出ると信じて、ゆっくりと支援していける環境がある

以前支援員として働いているときは、自分の無力さを感じることも多くありました。より主体的に寄り添いたいと思いながらも、担任の先生や学校の思いの中で、それが叶わない毎日……支援員とはそういうものだと自分に言い訳をして過ごしていました。しかし、ダイバーシティ工房に出会って、今、自分が一歩踏み出して行動することで、発達障害に理解のある世の中に変えることができるかもしれない、と思うことができたんです。

[教室長兼児童発達支援管理責任者]2015年度4月入職、個別指導員として勤務した後、2016年度5月より現職。働く上で大切にしていることは「長所を大切に、自分らしく。」


インタビューを読む

子どもたちの学校でも家庭でもない"サードプレイス"を創りたい

転職を考えていた頃、NPOの存在やスモールビジネスに興味がありました。アメリカへの旅行を通して、社会問題やまちづくりに様々な市民活動が関わっていること、利益よりも自分たちの理想や公益性を重んじる「スモールビジネス」の存在を肌で感じ、自分自身もそのような場で活動をしていきたいという気持ちが強くなっていたんです。

[教室長兼児童発達支援管理責任者]2015年度4月入職、個別指導員として勤務した後、2016年度6月より現職。好きな言葉は「Let Freedom Ring! (自由を鳴り響け!)」

インタビューを読む

不登校やひきこもり、そうなる前に予防したい

ひきこもり状態で苦しんでいる方や、そこから脱して社会復帰を目指している方をサポートする場所はもちろん必要なのだけれど、そういう生きづらさを抱えてしまう前に何かできないかな、と考えていました。彼らはどのような子ども時代をおくってきて、どんな支援があったら良かったんだろう。という想いがあって「子どもたちに関わりたい!」という気持ちが強まりました。

[副教室長]2015年度4月入職、個別指導員として勤務した後、2016年度5月より現職。好きなクレドは「私たちは、気持ちよく働ける職場には、笑いが不可欠であることを意識して働きかけます。」

インタビューを読む

私たちのこと

「どうせ自分なんて…」
「勉強なんかしてもしょうがない」
「誰も自分のことなんて理解してくれない」

わたしたちは、40年近く地域密着の塾を運営してきました。その中で、経済的な事情で進学を諦めざるを得なかった人、発達障害ゆえに生きにくさを感じている人たちと出会ってきました。

しかし、その困難は単なる不幸ではありません。ひとり親や貧困、障害などの背景があっても、それは社会に出たとき、必ず強みとなり、価値となる。そんな思いで、学校生活に生きづらさを感じている子どもたちを支援しています。

ビジョンについて知る

1クラスに6人の子どもは、貧困状態のもとで暮らしています。

発達障害などにより特別な支援が必要な子どもたちは、1クラスで2〜3人います。

経済的な理由や現状の公教育の中では適切な支援を受けられず、学習の遅れやコミュニケーションの苦手から、学び、自分の将来を意欲的に選択することを諦めざるを得ない子どもたちがこんなにも多くいるのです。

子どもたちを取り巻く社会課題について知る

私たちは、一人ひとりの子ども、保護者に寄り添う専門集団として、学校や行政などの地域資源と連携し、子どもたちを総合的に支援しています。

生まれた環境や場所に関わらず、一人ひとりにあった支援が受けられる社会をつくるために一緒にアクションを起こしませんか?ご応募お待ちしています!

◎説明会は子連れ参加可能(キッズスペースがあります)

まずは説明会に参加する!

募集職種

教室長

  • 教育・福祉業界での勤務経験3年以上

  • 現場だけでなく教室運営にも興味がある方

募集要項

副教室長

  • 教育・福祉業界での勤務経験2年以上

  • 現場だけでなく教室運営にも興味がある方

募集要項

児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者の要件を満たす方

募集要項

個別指導員(児発管候補)

  • 「障害者・児と関わる」もしくは「福祉または医療施設での相談支援」経験が3年以上ある方
  • 児童発達支援管理責任者(児発管)取得を目指したい方

募集要項

個別指導員

  • 学習指導経験が2年以上
  • もしくは教員免許をお持ちの方

募集要項

相談支援専門員

「障害者・児と関わる」もしくは「医療・福祉施設での相談支援」経験が4年以上ある方

募集要項

総合職
(2017年度入社)

  • 2017年3月に大学を卒業される方
  • もしくは大学・大学院を卒業後1〜3年以内の方

採用ページ

事業統括マネージャー

社会人経験が5年以上ある方

採用ページ

社会福祉士や精神保健福祉士、特別支援教育士などをお持ちの方もしくは取得をお考えの方は優遇致します。

応募の流れ

  • STEP 0説明会に参加する。必須ではなく任意ですが、一緒に働く人やオフィスの雰囲気もわかります!職員だけでなく、参加した人同士も知り合えるプログラムなので、同じ思いを持つ人に出会えるかも…参加申込はフォームからどうぞ!
  • STEP 1:WEBからエントリーする。フォームが履歴書代わりです。ぜひあなたの考えや経験を率直に教えてください。書類選考結果は1週間以内にご連絡します。ご応募から内定までは約2〜3週間頂いています。
  • STEP 3:選考を2回行います。面接・授業見学・Excelの簡単な操作(わからなければその場で調べてOK)・食事会を含みます。日程調整の関係で3回になる場合もあります(二次選考と食事会を別日程で行うなど)。お互いのことをよく知る場と考えているので、リラックスしてお越しください。また気になることは気軽に聞いてくださいね。
  • GOAL:内定・同じ仲間として一緒に楽しく働きましょう!
  • STEP 0説明会に参加する。必須ではなく任意ですが、一緒に働く人やオフィスの雰囲気もわかります!職員だけでなく、参加した人同士も知り合えるプログラムなので、同じ思いを持つ人に出会えるかも…参加申込はフォームからどうぞ!
 
既に応募の意思がある方は下記フォームよりご応募お待ちしています!全職種共通です。

代表から伝えたいこと


こんにちは!NPO法人ダイバーシティ工房 代表の不破牧子です。
NPO法人ダイバーシティ工房は、小中学生を主な対象として、学習サービスを提供しています。

何のためにしているのか?

日本の子ども達は6人に1人が貧困であったり(先進国20か国の中では4番目)、20人に1人が発達障害を持っていたりと、学校生活や日常生活に「生きづらさ」を感じる子どもが想像以上に多いのです。

そんな子ども達は親や学校の先生、友達にも困っていることを理解されないこともあり、気付いたら「自分なんかいない方がいいんだ」「自分はどうせダメなんだ」そんな風に思って、過ごしていることがあります。

私たちは、こんな状況を変えたいと思っています。

どうやって?

しかし、自分たちだけでは、世の中の環境を変えることはとても難しいことです。

そのために学校や、保護者の方々や、役所の人たち、そして子ども達本人と一緒に頑張りながら1年や2年、長ければ5年以上一緒になって、少しずつ、よりその人らしく生きていける環境を作っています。

求められること

私たちは、2012年に設立したばかりの、まだまだ新しい団体です。スタッフの年齢や経験も多様で、どんな職種の人も自分の考えやビジョンを求められます。

人に言われたことをやり、安定した生活を求める人にはきっと苦しい環境だと思います。日々の仕事はとても地味だし地道なので、成果が見えづらいことも正直あります。

それでも、あなたが本当に必要だと思ったサービスが、翌年には実現している可能性もあります。そして、「このサービスがあって本当に良かった」と目の前の人に喜んでもらえることもあります。

今までの人生であなたが社会に感じていた生きづらさや違和感が、事業を始める上で貴重な原体験になるかもしれません。今までになかった新しい事業を形にしていくことで、困っていた人たちが少しずつ笑顔になっていく姿を見る嬉しさは、他に変えられません。

10年、20年先の日本の教育や福祉を見据えながらも、目の前の地道な努力ができるという方、是非一緒に働きましょう。


[プロフィール:不破牧子]
明治学院大学国際学部卒。大学中退後、日本語教師の資格を取り世界20か国でインターン経験や放浪をし、海外の日本語教育やNGO・NPOの現場で学ぶ。 大学に復学し、卒業後は商社に入社。東南アジアとへの貿易業務に携わる。
その後母校の国際交流センターにて留学の送り出し、受入業務に関わりながら国内の教育や保育のNPOでNPO経営の勉強をする。
2010年より自在塾の運営を行い、2012年にNPO法人化し代表理事に就任。二児の母、現在産休中。趣味はアウトドアとインド旅行とお菓子作り。

一緒に働く人たち


2015年度入職/教室長・児童発達支援管理責任者/30代


2015年度入職/教室長・児童発達支援管理責任者/40代

2016年度入職/副教室長/40代


2016年度入職/個別指導員/30代


2016年度入職/個別指導員/60代


2016年度入職/個別指導員/20代


2016年度入職/個別指導員/20代


2012年度入職/教室長・児童発達支援管理責任者/70代


ダイバーシティ工房のルーツである自在塾の創設者/自在塾塾長/60代


and more!


2016年度入職/個別指導員/30代

ダイバーシティ工房の文化

年齢も経験も様々なスタッフが働いていますが、互いに意見も冗談も言い合える文字通り風通しの良い職場です。上下関係がありません。(ルールや責任範囲がかっちり決まっていないからかも)
アウトドアが好きな人が多いです。代表はアウトドア好き(もちろんインドアな人もいます)。飲み会は、新スタッフ加入や忘年会など節目にあります(多すぎず少なすぎず)
子育て中のスタッフも多いため、時短勤務や勤務時間の調整などがしやすい職場です。衣食住近接で、仕事もプライベートもまるごと大事にしている人が多いです(組織のミッションと個人のやりたいことが一致しているからこそかもしれません)
子育て中のスタッフも多いため、時短勤務や勤務時間の調整などがしやすい職場です。衣食住近接で、仕事もプライベートもまるごと大事にしている人が多いです(組織のミッションと個人のやりたいことが一致しているからこそかもしれません)

クレド

クレドという言葉を聞いたことはありますか?ラテン語で「信条」を意味します。ダイバーシティ工房にもクレドがあります。「工房らしさってなんだろう?」という問いに答える形でつくりました。私たちが大切にしてきた価値観、そしてこれからも大切にしたい価値観がもりこまれています。

  1. 私たちは、自分自身の課題と、目標を常に意識し、逃げずに向き合います。

  2. 私たちは、自ら考え、意見を持ち、それを伝えることを恐れません。

  3. 私たちは、社会に対して常に問題意識を持ち、自分ごととして向き合います。

  4. 私たちは、気持ちよく働ける職場には、笑いが不可欠であることを意識して働きかけます。

  5. 私たちは、疑問や悩みを素直に言えるマインドを持ち、それに応える職場環境を、対話を通してつくります。

  6. 私たちは、異なる価値観の存在が、団体の財産であると考え、積極的に受け入れます。

  7. 私たちは、自分自身の成長が、組織の成長へつながることを意識して働きます。

  8. 私たちは、現状に満足せず、常に課題の構造を分析し、最良の解決策を探求し続けます。

  9. 私たちは、日々の活動の先に、社会課題の解決があると意識して働きます。

  10. 私たちは、自分が変わることで、社会が変わると信じて、行動します。

 

説明会に参加する
WEBサイトなどネットではわからない情報やスタッフの声、組織の雰囲気をお伝えします。一方的な説明だけでなく、参加者同士、参加者とスタッフがコミュケーションができる場です。あなたに会えるのをスタッフ一同楽しみにしています。
◎説明会は子連れ参加可能(キッズスペースがあります)

団体概要
団体名 特定非営利活動法人ダイバーシティ工房
職員数

43名(非常勤・業務委託・プロボノ・インターン生含)

事業内容

将来を描く力を育み、不本意な進学・中退を防ぐ自在塾
(基礎学力定着・中退予防事業)
http://diversitykobo.org/stance/jizaijyuku/

学習指導を通して発達障害児の困りごとを減らし、自己肯定感を育むスタジオplus+
(発達教育・療育事業)
http://diversitykobo.org/stance/st-plus/

法人設立日

2012年3月21日(自在塾設立は1976年)

職員数

43名(非常勤・業務委託・プロボノ・インターン生含)

日常風景