Glass Coating
ガラスコーティング

バイク専用ガラスコーティング
ReBORN
03-6326-9780
営業時間
10:00~20:00


東京都 墨田区 3-22-14 M&Mビル
完全予約制

ReBORNガラスコーティング

早い者勝ち!お得なキャンペーン実施中!

車両1台分ガラスコーティングご依頼で
洗車し放題プラン6ヶ月間無料!
さらにヘルメットにも無料で施工!
洗車し放題プラン6ヶ月分通常価格 58,320円
フルフェイスの場合ガラスコーティング通常価格5,400円
先着20名様
洗車初回時にはチェーンメンテナンスも無料!
※施工終了後納車日から6ヶ月間洗車が無料になります。
※一台分施工ご依頼にて対象となります。部分施工のみは対象外です。
バイクガラスコーティング
バイクへのガラスコーティングは専門店にお任せください。バイクは熱や汚れなどで劣化していきます。ガラスコーティングを施すことで大事なバイクを劣化から守ります。
バイクガラスコーティングのメリット
バイクガラスコーティングを施工することにより「防汚効果・防錆効果・耐紫外線効果」でバイクを長期的に保護します。更にディテーリング専門店ならではの高耐久の商材・知識で整備を中心としたショップでは出せないクォリティをご提供いたします。ご予算、車両状況に合わせ最適なバイクガラスコーティングをご提供いたします。
バイクガラスコーティングの効果
バイクガラスコーティングの最大の効果は汚れの着きにくさ・落ちやすさにあります。そのため通常よりキレイな状態がずーっと続き、洗車は手早くすぐに終わります。わずかながら傷も着きにくくなるので丁寧に洗車することにより洗車キズの軽減も可能です。

※写真はクオーツガラスコーティングメーカーテスト

ReBORNガラスコーティング
料金表

新車
・ネイキッド
・アメリカン
/エンジン空冷フィン無し

¥97,200
・ネイキッド
・アメリカン
/エンジン空冷フィン有り

¥113,400
フルカウル
¥108,000
フルカウル
¥108,000
既販車
・ネイキッド
・アメリカン
/エンジン空冷フィン無し

¥118,800
・ネイキッド
・アメリカン
/エンジン空冷フィン有り

¥140,400
フルカウル
¥129,600
フルカウル
¥129,600
・全て税込です。
・上記料金表は1台分の料金です。洗浄下地処理・洗車・研磨・コーティング全て込みです。
・パニアケースは別料金となります。
・上記料金が原則最高金額です。
・研磨作業が不要な場合は減算いたします。

新車

※販売店から納車後そのまま当店ご入庫、
 販売店から納車後直帰頂きご自宅で保管、ご入庫に限ります。
※雨天未走行車に限ります。

既販車
上記新車条件以外の車両。
※塗装状態によっては施工出来ない場合がございます。

部分施工料金表

ホイール(新品・組込前)
1本

¥10,800
ホイール(既販)
1本

¥16,200
フロントフォーク(新品・組込前)
1本

¥4,320
フロントフォーク(既販)
1本

¥6,480
リヤサスペンション(新品・組込前)
1本

¥5,400
リヤサスペンション(既販)
1本

¥7,560
スイングアーム(新品・組込前)
¥8,640
スイングアーム(既販)
¥10,800
ブレーキキャリパー(新品)
1個

¥3,240
ブレーキキャリパー(既販)
1個

¥5,400
ブレーキインナーローター(新品)
1枚

¥3,240
ブレーキインナーローター(既販)
1枚

¥4,320
三又(新品・組込前)
¥4,320
三又(既販)
¥6,480
トップブリッジ(新品・組込前)
¥3,240
トップブリッジ(既販)
¥4,320
フロントフォーク(新品・組込前)
1本

¥4,320
パニアケース
1個

¥8,640
サイドカバー
1個

¥4,320
アッパーカウル(新品)
¥16,200
サイドカウル (新品)
¥16,200
アンダーカウル(新品)
¥16,200
シートカウル(新品)
¥16,200
塗装ミラー
1個

¥3,240
ガソリンタンク
¥16,200
ナンバープレート
¥2,160
フルエキゾースト
4気筒

¥32,400
フルエキゾースト
3気筒

¥27,000
フルエキゾースト
2気筒

¥21,600
フルエキゾースト
単気筒

¥16,200
サイレンサー
1本

¥6,480
アッパーカウル(新品)
¥16,200

ヘルメットガラスコーティング
料金表

フルフェイス
¥5,400
ジェットヘルメット
¥4,860
ジェットヘルメット
¥4,860

使用するのは2種類のガラスコーティング
施工箇所・塗装で使い分けます

Infiniti
(インフィニティ)

従来のバイクガラスコーティングの約50倍の厚みがあり、完全硬化後はケイ素含有率97%でほぼガラスとなり強い溶剤にも全く負けない性質を持ちます。
深い艶、強撥水能力、強固なプロテクション能力を携えます。

鉱物油系溶剤やさまざまな油脂類などの酸化物質は含まず、酸化は一切しない。コート剤として異例の完全硬化後「食品衛生法」に適合。

超硬・透明度・膜厚・強撥水に特化した究極のガラスコート。フッ素等は使用していない次世代タイプ。

Quartz Glasscoating
(クオーツガラスコーティング)
1300℃に耐える商品です。ガンスプレーにて施工を施すため、エンジン部分やマフラー、ホイールなど隅々までコーティングを施工することが可能

しかし特筆すべきはその防汚性・自浄性の高さにあります。
見た目は変わらない為、つや消し塗装や足回りに使用します。
その防汚性の高さは航空機や住宅にも使用されるほどです。

バイクの為に開発された専用ガラスコーティング

インフィニティとは

バイク専用の完全硬化型ガラスコーティング
バイクの塗装面に関して最大の問題はライダーが直接触れる事にあります。車で塗装面に触るのは通常使用であればドアの開閉のみ。意識すれば極力接触しないで済みます。
ですがほぼ全てのバイクはニーグリップの必要があり、触れないわけにはいきません。そこで開発されたのがインフィニティです。激しいライディングをしても剥がれ落ちることがないように膜厚は通常の50倍(5ミクロン)、完全硬化後はケイ素含有率97%でほぼガラスに転化する超硬度(8H)となっています。
インフィニティ施工方法
インフィニティは全て塗装面に手塗りでの施工です。特殊なスポンジを使用し全体に塗り込んでいきます

インフィニティは車業界の超一流ディティーリングショップで近しい性能の商品を扱っているショップもあります。 施工対象車両はフェラーリクラスは当たり前で、研磨無しのコート施工だけでも13万円以上します。
インフィニティは全て手で塗らなければならない分、素晴らしいツヤ・厚み・超撥水・強撥水・ボディ防御性を発揮します。
硬度は6~8H(10ミクロン検査時)となっています。よく見かける硬度9Hは実験室内での測定結果であり、実施工の数字とはかけ離れていますのでインフィニティの性能の高さがお判りいただけると思います。

インフィニティ施工手順

Step
1
細部洗浄
汚れの上にコーティングしてしまっては何の意味もありません。細部に付着した汚れを素材や塗装にあったクリーナーを使用し入念に除去します。
Step
2
鉄粉除去
ブレーキダストや電車の走行で飛び散る鉄粉が塗装には突き刺さっている可能性があります。ここで確実に取り除いておかないと後の工程で傷の原因となってしまいます。入念に取り除きます。
Step
3
マスキング
磨いてはいけないパーツを保護します。しっかりマスキングすることによりメリハリのある仕上がりとなります。
Step
4
研磨
研磨作業は人間で言うところ肌の古い角質を除去する作業です。表面の痛んだ塗装を削り、新しい塗装面を出すことにより光沢を得ることができます。
ですが塗装は人間の肌とは違い内側から新しく生産される訳ではありませんので、取りきれない傷もあります。状態を見極め慎重に作業を進めます。
Step
5
脱脂
コーティング剤がより強固に密着するようにしっかり脱脂を行います。脱脂がしっかり出来ていないとコーティング剤の密着性が悪くなり効果が半減してしまいます。
Step
6
手塗り施工
特殊なガラスコーティング用のスポンジを使用し塗り込んでいきます。インフィニティはほぼ外装塗装面のみに使用しています。
Step
7
拭きあげ
手塗りののち、余剰分をマイクロファイバータオルにて回収します。
Step
8
完成!
全ての仕上がりをチェックし完成です!
施工から1週間は水濡れにご注意ください。水に濡れると白く変色する場合があります。その場合は至急ご連絡いただければ対処可能です。放置されると完全に固まってしまい除去出来ない場合があります。
Step
2
鉄粉除去
ブレーキダストや電車の走行で飛び散る鉄粉が塗装には突き刺さっている可能性があります。ここで確実に取り除いておかないと後の工程で傷の原因となってしまいます。入念に取り除きます。
高防汚性クオーツガラスコーティング

クオーツガラスコーティングとは

長期間続く防汚性
パーヒドロポリシラザン(無機質ポリシラザン)が主成分のガラスコーティングです。 施工後大気中の水分と反応しシリカガラスに転化します。 1ミクロン以下の薄い無機質のガラス膜で覆われたコーティング面は油性の汚れを寄せ付けにくく、 長期間保護されます。
クォーツガラスコーティングが施工された塗装表面は、 排気ガスや煤煙など油性の汚れを塗装表面に入り込ませず、 コーティング面に付着する汚れを 水洗いで簡単に落とすことができるので、いつも汚れにくい状態です。
吹き付け施工により細部までコーティング
吹き付けにより複雑な形状をしているバイクのエンジン・ホイール・サスペンション・フォーク・スイングアームにも施工が可能になります。シリカガラスの耐熱温度は1300度ですので高温になる部分もしっかりと長期間汚れからバイクを守ります。
クオーツガラスコーティングは元々半導体など各種電子部品にも採用されている高品質のガラスコーティング剤です。親水性、耐熱性、耐摩耗性、耐候・耐久性、耐食性、密着性、平坦性、透明性において高いレベルを維持しており、自動車・バイクに応用したものです。
クオーツガラスコーティングの施工方法
クォーツガラスコーティングは吹き付け&手塗りで施工します。主に塗装面は手塗り細かな足回りやエンジン・ホイールなどは吹き付け作業で施工を施すため均等に仕上げることが可能となります。

他に使用されている場所
優れた密着性・防汚性・耐食性・耐火性・耐候性・耐久性を生かし様々な場所で利用されています

飛行機
電車
船舶
太陽電池
トンネル・橋梁
住宅・建築物
住宅・建築物

クオーツガラスコーティング施工手順

Step
1
細部洗浄
汚れの上にコーティングしてしまっては何の意味もありません。細部に付着した汚れを素材や塗装にあったクリーナーを使用し入念に除去します。
Step
2
鉄粉除去
ブレーキダストや電車の走行で飛び散る鉄粉が塗装には突き刺さっている可能性があります。ここで確実に取り除いておかないと後の工程で傷の原因となってしまいます。入念に取り除きます。
Step
3
マスキング
磨いてはいけないパーツを保護します。しっかりマスキングすることによりメリハリのある仕上がりとなります。
Step
4
研磨
研磨作業は人間で言うところ肌の古い角質を除去する作業です。表面の痛んだ塗装を削り、新しい塗装面を出すことにより光沢を得ることができます。
ですが塗装は人間の肌とは違い内側から新しく生産される訳ではありませんので、取りきれない傷もあります。状態を見極め慎重に作業を進めます。
Step
5
脱脂
コーティング剤がより強固に密着するようにしっかり脱脂を行います。脱脂がしっかり出来ていないとコーティング剤の密着性が悪くなり効果が半減してしまいます。
Step
6
吹き付け施工
スプレーガンによりエンジンやホイール、ブレーキの細部に吹き付けていきます。
Step
7
手塗り施工
ホイールのリム部分など手で塗れる場所は手で塗り込んでいきます。リムは一番ブレーキダストの攻撃を受ける場所なので強固に均一に施工します。
Step
8
拭きあげ
ただ塗っただけではムラになってしまいます。余剰分を拭きあげしっかりと仕上げます。クオーツガラスコーティングは秒単位で仕上げる必要があり、時間勝負となります。猶予は数十秒です。
Step
9
完成!
全ての仕上がりをチェックし完成です!
施工から1週間は水濡れにご注意ください。水に濡れると白く変色する場合があります。その場合は至急ご連絡いただければ対処可能です。放置されると完全に固まってしまい除去出来ない場合があります。
Step
2
鉄粉除去
ブレーキダストや電車の走行で飛び散る鉄粉が塗装には突き刺さっている可能性があります。ここで確実に取り除いておかないと後の工程で傷の原因となってしまいます。入念に取り除きます。

よくあるご質問

  • Q
    どのくらいの期間でガラスコーティングは終わるの?
    A
    最短で4日となります。車両状態・お預かり状況によっては期間の延長もございます。料金は変動いたしません。
  • Q
    代車はあるの?
    A
    すいません、用意がございません。
  • Q
    ヘルメット・ウェアは預かってもらえる?
    A
    はい、車両と共にお預かりいたします。
  • Q
    代車はあるの?
    A
    すいません、用意がございません。

ご予約・お問い合わせ

必要事項にご入力ください。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信