ReALL(リオール)Q&A 

ReALL(リオール)Q&A

Q1:ReALL(リオール)はステロイドですか(入っていますか)?
A:ステロイドは全く入っていません。全成分は6種類の天然植物由来100%です。

Q2:油を使用していないのにべたつくのはなぜですか?何の成分がべたつきを感じるのですか?
A:保湿を高めるために高濃度グリセリンを使用しています。そのため、べたつき感が出てしまいます。べたつき感を起こさない成分を用いることもできますが、この場合飲用しても安全とは言えなくなり誤飲は不可となります。リオールは安全性を最優先しました。

Q3:薄めて使用する場合は、水道水でいいですか?
A:精製水か、EC水素イオンジェルで1:1で使用されることをおすすめします。
希釈した場合18時間前後で成分が分離し本来の特長が消滅します。希釈は必要量のみとし、希釈後はなるべく早くご使用ください。

Q4:この美容液を使用することで、免疫力を妨げるということはないのですか?
A:そのような作用はありません。

Q5:殺菌作用があるといわれましたが、どのような菌を殺菌するのですか?
A:非常に広範囲の細菌、真菌(カビ菌)に対して殺菌・抗カビ作用を持っている成分の組み合わせです。このために、防腐剤は一切使用しておりません。リオールは、小分けしても腐敗はおきません。

Q6:リオールは、酸性・アルカリ性のどちらですか?
A:pH5.7の弱酸性です。

Q7:使用している原料”とうもろこし”は、遺伝子組換えですか?
A:薬局や医療現場で使用されている局方のグリセリンを使用していますので、遺伝子組み換え品ではありません。

Q8:使用している茶葉の、放射線による影響は大丈夫ですか?
A:静岡産の茶葉を使用しておりますが、福島原発事故以降使用する原料の茶葉につきましては定期検査を行っており現在まで問題は一切ありません。

Q9:過去に問題となった株式会社悠香製の「旧・茶のしずく」を使用した際に、小麦アレルギーになりましたが、リオールを使用しても大丈夫ですか?
A:まったく問題ありません。「旧・茶のしずく」は、成分中に小麦たんぱく質が入っていたことが原因です。アレルギーは主にたんぱく質が原因で起きます。口から入る場合にはアレルギーは起きませんが、常に口から摂取するものであっても、肌への接触を続けると肌は異物として認識するようになります。いわゆる感作が成立してしまうと口から摂取した場合、食道等で小麦への拒絶反応が起こることになります。こうして重篤の場合、呼吸困難さえ発生して社会問題となりました。リオールは、たんぱく質は全く使用しておりませんので、このようなことは起こりません。

Q10:リオールは、皮膚のどこまで浸透するのですか?また、どれくらい持続しますか?
A:表面で被膜を作るのが主で、ほとんど浸透しないと思います。持続は人によって異なりますが通常は1日1回塗るだけで十分です。

Q11:未開封の状態での使用期限、開封後の使用期限はどのくらいですか。また、どのように保管すれば良いですか?
A:未開封の場合製造後3年です。開封後は1年くらいもつと思いますができるだけ早く使い切ってください。保管は保温保存でなるべく光の当たらない場所でお願いします。あくまでも常温で保管してください。

Q12:この美容液は1本どれくらい持ちますか?
A:使い方や使用量によりますが、1日約2mLご使用で約1か月ほどです。

Q13:1回にどれくらいの量を使えば良いのですか?
A:使用量に制限はありません。少量で広範囲に塗布できますのでご自分で使用感をお試しください。

Q14:白い油のようなものがあった場合はどうすれば良いですか?
A:これは、ヤシ脂肪酸グリセリル原料であるヤシの実の成分の一種です。冬など気温が低くなると析出(結晶化)することがありますのでこのような状態に見えますが、品質には問題ありません。温まると透明に戻りますので心配ありません。

Q15:常に持ち歩きたいのですが、自分で小分けにしても大丈夫ですか?
A:自分で小分けして大丈夫です。ただし、小分けの容器に水分等が少しでも付着していますと分離が起きリオールの特長が消滅します。完全に乾燥させるか継ぎ足す形での小分けをお願いします。

Q16:基礎化粧として以外にはどのようなことに効果がありますか?
A:殺菌・抗カビ・保湿性が強いので、それを利用した分野で応用が期待されています。

Q17:洗顔料や化粧品、シャンプー等を購入する際、どのようなものを選んだら良いですか?
A:なるべく成分数の少ない商品をおすすめします。

Q18:手持ちの化粧水・乳液・クリーム等と一緒に使っても大丈夫ですか?
A:一緒に使っても問題ありません。

Q19:口の中に入れたら、甘かったのですが虫歯にならないのですか?
A:グリセリンの成分の甘さです。リオールの成分の組み合わせで歯周病菌に殺菌作用を持っています。ですから虫歯にはなりません。

Q20:リオールを使用したら直後にあかくなったりブツブツが出てきました。なぜですか?肌に合っていないということなのでしょうか?
A:リオールは、グリセリン濃度が高いため、塗布部位の毛細血管の拡張と血流の増加がみられることがあります。このため、かゆみや肌の赤みがみられることがありますが、肌の健常化に伴ってみられなくなります。肌に対する悪影響ではありません。このような場合は、水(または水素イオンジェル)で1:1の割合で希釈して一時ご使用してみてください。リオール1:水4くらいまで薄めても大丈夫です。

Q21:使用してみたところヒリヒリするのですが?
A:リオールは水と変わらないほど刺激性は低いものです。それがヒリヒリするというのは、肌の状態によるものです。例えば深い傷などがあると、そこには神経がむき出しになっている状態ですので刺激を感じるかもしれません。このような場合、一時使用する分量を精製水(または水素イオンジェル)で1:1に希釈して塗布し、その徐々にリオールだけを塗布するようにしてください。皮膚が健康な状態に戻れば、沁みてヒリヒリすることもなくなります。

Q22:ニキビ(吹き出物)、湿疹が治らなくて悩んでします。どのように使用すれば良いですか?
A:ニキビの元であるアクネ菌は、肌の吹き出物の奥に生息しています。洗顔後、よく肌に揉み込む等の工夫が必要かと思います。また、1日に何回縫塗っても構いませんので、場合によっては2~3回塗るのも1つの方法です。

Q23:ステロイド剤と併用して使用するときには、どちらから塗ったらいいですか?
A:どちらを先に塗っても構いませんが、ステロイド剤は油性の軟膏ですのでできれば、水溶性のリオールを先に塗布し、その上からステロイド剤を塗布していただければと思います。リオールは殺菌・抗カビ作用がある成分を含んでおりますのでステロイド剤と併用することで相乗効果がみられます。ただし、皮膚科の処方箋ではステロイド剤使用者は化粧水を塗らないこととされています。理由は、ステロイド剤・保湿剤等、通常の化粧水には殺菌・抗カビ作用がないため両者の併用によって菌やカビの増殖がおきてトラブルの悪化がみられるためです。リオールは問題ないです

Q24:子供に使用しても大丈夫ですか?
A:安全性が高く皮膚刺激性もありません。子供に使用しても大丈夫です。

Q25:生後間もない赤ちゃんの湿疹にしようしても大丈夫ですか?
A:問題ありません。ただし、生後6か月まではなるべく自然の状態で治すことが望ましいのですが、あまりにもひどい「おむつかぶれ」「あせも」等の場合は使用してみてください。

Q26:べたべたになるくらい塗るのが気持ち良いのですが、それは肌には良くないですか?
A:塗る量は多くても少なくても変わりありません。肌に塗る量が多いほうが気持ち良いならたくさん塗られてください。

Q27:シミやしわにも効果あるのでしょうか?
A:効果はないと思います。ただし、ご使用者の声でしみが薄くなったりきれになったりという方々は多くいらっしゃいます。因果関係は今のところわかりません。

Q28:エイジングケアとしての効果はありますか?マッサージやパックをするおとでリフトアップ効果はありますか?
A:使用していただくことで肌のツヤが増したという報告は多くあります。このため若返ったように感じたという報告もあります。が、リフトアップ効果につきましてはわかりません。

Q29:ヒゲや眉を剃る前に使用しても大丈夫ですか?
A:剃る前後に塗布すると非常に効果的です。ご自分で実感してみてください。

Q30:頭皮にも使用すると良いと聞いたのですが、どのように使用したら良いですか?
A:洗髪後最後に少量を水(温水)で5~6倍に薄めて頭皮、頭髪に揉み込んで、そのまま洗い流さず終了するのがベターですが、べたつき間を感じる場合は、揉み込んだ2~3分後に水洗いしても構いません。また、頭皮トラブル個所にリオールを希釈せずピンポイントで揉み込むのも良いと思います。

Q31:医者から毛細血管が広がりすぎているといわれたのですが、使用して大丈夫ですか?
A:かゆみが発生するかもしれませんが、皮膚への悪い影響はありません。

Q32:水虫(白癖菌)も治りますか?
A:真菌(カビ菌)によるものであるならば、多くの方々より治ったとの報告をいただいております。ただし、水虫と思っていてもウイルス性の場合や体内に原因がある場合には治りません。

Q33:円形脱毛症には効果ありますか?
A:実は円形脱毛症は極度のストレスが原因と言われており、免疫力が低下し、そこに真菌(カビ菌)がはびこっている場合が多いです。リオールを頭皮に揉み込んでご使用ください。真菌(カビ菌)が原因の場合、多少なりとも早く回復すると思います。

Q34:やけどにも良いと聞いたのですが?
A:やけどに限らず切傷等についてもきれいに治った使用者の例が多く寄せられております。今のところなぜ早くきれいに治るのか判っておりません。ただし、殺菌・抗カビ成分が黄色ブドウ球菌等に作用し、皮膚本来の治癒力を引き出しているものと考えております。

Q35:歯周病など口腔ケアに使用する場合はどのように使用したら良いですか?
A:通常の歯磨きを行った後、リオールを歯ブラシにつけて歯および歯肉を軽く磨いてください。そのままうがいをせず終了です。夜寝る前に行うと翌朝、口の中がさっぱりして気持ち良いと思います。

Q36:アトピー性皮膚炎に効果はありますか?
A:皮膚の改善が見られたとの声が多く寄せられています。ほとんどの方々が皮膚科にてステロイド軟膏と保湿剤を処方されていると思いますが、リオールを保湿剤としてステロイド軟こうと併用して塗布し、徐々にステロイド軟膏の塗布量を少なくしていき、良くなってきたらリオールだけを塗布する。個人差はあると思いますが、1か月ほどでよくなってきていることを実感できると思います。

Q37:美白効果はありますか?
A:美白効果の成分はありません。ただし、主成分である茶葉エキスは古くから美肌に良いといわれています。
医学博士が永年の医薬品研究の中から天然由来成分だけをブレンドさせた原液を開発し、製法特許や各種エビデンスを取得してきた”ReALL原液”が注目の素材です!

只今ご感想を投稿して頂ける方限定で、サンプル(10ml)プレゼント中。