京都市をはじめ、下京区の空き家売却・活用でお困りときは、レ・コネクションにお任せ♪
京都市、下京区内で所有する空き家に必要な有効活用方法をアドバイス致します!
※京都市、下京区以外の遠隔地の建物を所有する方もまずはご相談ください。

不動産業界で培ってきた豊富な経験と情報をもとに、お客様が心から御満足していただけるサービスをご提案致します。


【当社について】
私どもは「人を結び、街を紡ぐ世界から注目される京都の不動産」を目指して日々お客様にご満足頂けるサービスをご提供しております。
当社は空き家や中古住宅の買取や有効活用のアドバイスなど、不動産のトータルプロデュースが可能です。
レ・コネクションだからこそできることがあります。まずはお気軽にご相談ください。

part 1. 空き家事情について

⚠放置空き家が「負の遺産」
になるのをご存知でしたか?

2014年に「空き家対策特別措置法」の制定後、勧告を受けた空き家は「固定資産税の優遇」を受けられなくなりました。つまり、適切な管理を行わずに放置するとデメリットしかなくなったのです。もちろん京都市、下京区の空き家もその影響を受けるようになります。

⚠「空き家対策特別処置法」とは!?

・「空き家対策特別措置法」とは近年、行政が施行を開始した法律です。

・主な目的は行政の空き家の実態把握と、所有者に対しての空き家抱える課題に対に対する行動の促進など。

・施行の背景には現在社会問題となって話題が絶えない空き家問題がある。


・具体例として、老朽化に伴う倒壊の危険性などの問題を指摘される空き家戸数の増加があげられる。

・所有者の空き家が「特定空き家」だと勧告をなされた時点で、その空き家は「固定資産税の優遇措置」を受けられず、税金が6倍になる。

・勧告対象の空き家の管理を怠り、放置し続けると行政による強制処分が成される。

※特定空き家の基準
①放置し続けると、倒壊の危険性がある
②周辺の衛生状況に害を及ぼす恐れがあり、かつ適切な処置が行われず、景観を損なう要因になっている
上記の項目が著しく問題観されると勧告対象になるので、その前に対策が必要になる!

京都市・下京区の空き家売却・有効活用でお困りの方は、
レ・コネクションにお気軽にご相談ください。

行政も空き家の課題解決を促進させる「支援制度」を充実化している

【理由】
空き家放置には老朽化に伴う倒壊の恐れなど、その他にも多数の難題を含む。
加えて現状の空き家問題が社会問題としてはとても深刻なため。


【行政の具体的な動き】
現在行政が行っている施策は、空き家問題の解決のためにネット上での空き家バンクの構築や、助成金による支援を強化することで空き家所有者や不動産会社の空き家問題に対する適切な管理・改善行動を促すことに努めている。


【空き家問題の原因】
・平成25年の空き家戸数は820万戸あり空き家率が13.5%で、減少や停滞もする事がなく右肩上の状態で増え続けている。
・新設戸数は増加し続け、滅失戸数は減らない。さらに人口の減少により住宅需要の低下している。
・晩婚化や少子化も増加傾向が止まらず、人口減少を避けることは難しい等々

 




【まとめ】

“ 不要な ”空き家も有効活用が可能です。適切な「対策・管理」でプラスの遺産にできるかもしれません。

空き家対策特別措置法の制定により、所有をする物件が負の財産として経済的に大きな重荷になる可能性が高まっています。空き家の調査には時間を有します。そのため、「特定空き家」に指定される恐れがある不動産をお持ちの場合、勧告が来る前に早めの対処をしておくことが安全でしょう。
負の財産も適切な対処をすれば有効活用ができ、価値ある財産に転じさせる事もできます。

例えば現在では、空き家の解体や売却などを行い、コインパーキング・駐車場・コインランドリー・トランクルームや他物件への投資など、様々な有効活用で利益を生み出す所有者のかたがいるのも事実です。

まずは専門家に相談し、今所有している空き家について適切なアドバイスを受け有効活用を試みてみたり、具体的な対応をされていくと良いでしょう。

part 2. 空き家の有効活用方法

その空き家には適切な「対策・管理」が必要です。

No.1

相続後
の対処

遺産として不動産を相続したが、今後どうすればいいのかが不安。適切なアドバイスが欲しい

No.2

売却で
現金化

築年数が大分経ってしまった空き家を少しでも高額に売却したいがどうすればよいか?

No.3

賃貸
活用

築年数が大分経ってしまった空き家を少しでも高額に売却したいがどうすればよいか?

No.4

管理の
相談

売却や処分に困っている物件の管理についてのの最適な対処方法を知りたい

No.5

リフォーム
リノベーション

放置空き家があるため、リフォームをして少しでも安く効率的な再建をしたい。

POINT

1

空き家売却の豆知識

空き家の売却の際に、3,000万円の特別控除を受けられるか確かめましょう
※詳しくは、「株式会社レ・コネクション」にまずご相談ください。京都市・下京区以外のお問合せも対応可能です。

●そもそも「特別控除」とは?
・「譲渡所得」について…空き家売却したとしても、売却価格がそのまま利益になるわけではありません。建物を売却した際に得られる利益を「譲渡所得」と言いますが、これには税金がかかるため、その金額を差し引いた金額が実際の利益となります。

税金に加えて諸費用や、空き家の場合築年数の経過で物件の価値が下がるため、減価償却費も加味しなければいけません。

〈計算式〉「(売却金額-売却時の諸費用)―(購入金額+購入時の諸費用-減価償却費用)」

・譲渡所得税の税率
〈長期保有〉空き家を売却した年の1月1日時点で所有期間が5年を超える場合↓
所得税:15%(復興特別所得税2.1%※2)/住民税:5%になります。

〈短期保有〉
所有期間が5年未満↓
所得税:30%(復興特別所得税2.1%※2)/住民税:9%になります。
※備考:復興特別所得税…各年分の基準所得税額の2.1%を所得税と一緒に申告・納付する(期間:平成25~49年まで)


・3,000万円の特別控除…この控除が適用出来れば、3,000万円以下であれば、全て控除されるので、譲渡所得は0円という扱いになります。

・どうやって控除を受けるのか?…あくまで居住用の不動産に限り、投資用の物件は特例は適用されません。詳くは国税庁ホームページを参照。

++++++++++++++++++++++++++
〈控除を受ける条件〉(1) 自分が住んでいる家屋を売るか、家屋とともにその敷地や借地権を売ること。なお、以前に住んでいた家屋や敷地等の場合には、住まなくなった日から3年目の12月31日までに売ること。(注) 住んでいた家屋又は住まなくなった家屋を取り壊した場合は、次の2つの要件全てに当てはまることが必要です。イ その敷地の譲渡契約が、家屋を取り壊した日から1年以内に締結され、かつ、住まなくなった日から3年目の12月31日までに売ること。ロ 家屋を取り壊してから譲渡契約を締結した日まで、その敷地を貸駐車場などその他の用に供していないこと。(2) 売った年の前年及び前々年にこの特例の適用を受けていないこと(「被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除の特例」によりこの特例の適用を受けている場合を除きます。)。(3) マイホームの買換えやマイホームの交換の特例若しくは、マイホームの譲渡損失についての損益通算及び繰越控除の特例の適用を受けていないこと。(4) 売った家屋や敷地について、収用等の場合の特別控除など他の特例の適用を受けていないこと。(5) 災害によって滅失した家屋の場合は、その敷地を住まなくなった日から3年目の12月31日まで(注)に売ること。(注) 東日本大震災により滅失した家屋の場合は、災害があった日から7年が経過する12月31日までとなります(「東日本大震災により被害を受けた場合等の税金の取扱いについて(個人の方を対象とした取扱い)【東日本大震災に関する税制上の追加措置について(所得税関係)】」をご覧ください。)。(6) 売手と買手が、親子や夫婦など特別な関係でないこと。

※参考URL 「国税庁ホームページ」https://www.nta.go.jp/
++++++++++++++++++++++++++

part3. 当社のご紹介

京都市・下京区の空き家売却・対策・管理のご相談は、レ・コネクションに ♪

  • 写真
  • 京都市・下京区エリアで運営をしております、レ・コネクション代表の奥田久雄と申します。
    ご相談は無料で承っています。所有者様にご満足して頂けるようなアドバイスができるように誠実に対応させて頂きます。

    現代社会において少子高齢化や人口減少、ライフスタイルの変化や価値観の多様化等様々な社会情勢の変化に直面しております。
    2019年には、国内総世帯数がピークを迎え5307万世帯となるものの、その後は減少の一途となります。
    人口及び世帯数の減少は街の活気を奪い、「空家問題」が社会問題となっております。
    日本全国では820万戸、約13.5%、京都市内においては11万戸、約14.1%が空家となりこの「空家問題」については不動産業界のみならず、地域社会においても解決していかなくてはならないテーマだと感じております。

    当社では、こうした「空き家活用に関する問題」に積極的に取り組む他、様々なライフスタイルに合わせた「期待を超える商品企画・ご提案」を通じて活気を失いつつある街の再生、更なる活性化を全社員の使命と捉えています。

    日々変わりゆく生活環境の中で常に時代は進化し続けておりますが、進化し続ける時代の中、忘れてはいけない古き良き文化や、習慣街並みもあります。

    我々はこうした文化を守ること、そして新たな時代を創る事と常に共存し次の世代へ、又「京都から世界へ」と繋いでいく「人を結び 街を繋ぐ」をコンセプトに新しい住環境・サービス・不動産業界の更なる発展を追求して参ります。

    ※京都市・下京区エリア以外も対応可
    公式サイト:http://re-connection.co.jp/

お問い合わせ・ご相談は無料で行っております

  • お電話でのお問い合わせ・ご相談は
    10:00~20:00/定休日:水曜日
    ※京都市・下京区エリア以外も対応可
  • 0120-14-6200
メールでのお問い合わせはこちら

メールでも対応も可能です。必須事項を記入の上、送信をしてください。
※送信後、近日中に当社スタッフから御連絡させて頂きます。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

京都市・下京区でお持ちの空き家売却・活用
のことなら迅速な対応が可能です!

【お問い合わせ】

 0120-14-6200

メールアドレス:info@re-connection.co.jp

【商号】株式会社レ・コネクション
【住所】
〒600-8491 京都市下京区
室町通綾小路上る鶏鉾町500番地 鶏鉾ビル3F

【TEL】 0120-14-6200(お問い合わせ番号) / 075-352-8600(代表) 
【FAX】 075-352-8700
【代表】 奥田久雄
【事業内容】空き家売却・活用・対策、不動産流通業、不動産総合コンサルティング、新築建築・リフォーム、ゲストハウス企画・販売・運営
【許認可】
宅地建物取引業(京都府知事(1)第13702号)
建設業(京都府知事 般-1 第41116号)

【所属団体】公益社団法人 不動産保証協会、京都商工会議所、京都中小企業同友会
【取引先銀行】京都銀行、京都信用金庫、京都中央信用金庫、関西アーバン銀行、近畿産業信用組合、三井住友銀行
【HPアドレス】http://re-connection.co.jp/
【E-mail】info@re-connection.co.jp