福岡で不動産担保ローンに強い業者

大きな金額の融資を求めている人におすすめされているのが、不動産担保ローンです。
しかし、誰にでも簡単に融資をしてくれるわけではありません。
こちらでは、福岡で不動産担保ローンに強い業者などについて見ていきましょう。

不動産担保ローンのシステム

不動産担保ローンと言われても、曖昧な知識のみ持っている人がいるのではないでしょうか。こちらでは、不動産担保ローンのシステムについて見ていきましょう。
 
・不動産の価値に建敷いて融資が行われる
一般的な融資は個人の信用情報を審査して融資が行われますが、不動産担保ローンは名前の通り「不動産の価値」に対して融資が行われます。不動産の価値は高額になることが多いので、多額の融資が期待できるのです。
 
・借り換えなどに利用する人が多い
不動産担保ローンは融資限度額が大きく、金利が低いという特徴を持っています。そのため、既に金融機関から借り入れをしている人は、おまとめローンのように借り換えをする人も少なくありません。複数の借入金を持っているよりも、ひとつにまとめた方が返済も楽になるケースがあります。
 
・返済ができないとどうなる?
不動産担保ローンは、融資をする会社が不動産の抵当権を持っているので返済ができなくなると持っている不動産を失うことになります。不動産を売却して債務が残っている場合は返済方法などの話し合いが行われるようです。

不動産担保ローンのデメリットとは?

高額な融資にも対応しているため、メリットばかりと考えられがちな不動産担保ローンですが、デメリットと呼ばれる部分もあるようです。こちらでは、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。
 
・諸費用が高い
不動産担保ローンは申し込んで結果待ち、という一般的な融資とは少々異なります。事務手数料、物件調査料、印紙代、登記費用などさまざまな部分で費用がかかるのです。特に物件調査料に関しては10万円前後かかるため、大きなデメリットになると言われています。
 
・不動産登記に借り入れが記入される
不動産担保ローンで借入を行うと、登記簿謄本に抵当権などが記載されてしまいます。登記簿謄本自体の閲覧は制限があるわけではないので、第三者に借り入れをしていることがバレてしまう可能性があるのです。
 
・不動産価値が下落した場合
滅多にあることではありませんが、何らかの事情で不動産の価値が下落した場合、不動産だけの担保ではなく追加担保を請求されるばあいもあるようです。マンションなどの集合住宅地で、自分以外の部屋に問題があった場合なども不動産価値は下がってしまうため、追加担保の要求が来る可能性はゼロではありません。

不動産担保ローンの選び方

不動産担保ローンを取り扱っているところは多くあります。その中には悪質な業者もあるため、慎重な選び方をしないといけません。こちらでは、どんなポイントに注目して選ぶべきかを見ていきましょう。
 
・会社概要の確認
資本金が少ない会社の場合、多額の融資をすることは難しくなります。概要の項目も空欄が多い、知りたいことが書かれていない場合などは悪質業者の可能性があるので避けた方がいいでしょう。
 
・店舗確認をする
ホームページには住所が記載されていても、実際は雑居ビルの一室だったり空地だったりすることがあります。高額融資を考えているのであれば、なるべく店舗に赴いて説明を受けるようにしましょう。
 
・審査にかかる期間
不動産担保ローンの場合、審査にかかる期間は1ヶ月程度と言われています。これは目安であり、会社によっては1ヶ月より早いところ、逆に1ヶ月以上かかるところなどがあるので審査完了までのスケジュールも確認しておきましょう。

福岡で不動産担保ローンの実績が豊富な会社

こちらでは、福岡で実績豊富な会社について見ていきましょう。基本的に大きな会社であれば「失敗した」と思うことはないと思われます。
 
・MRF
個人事業主や中小企業への融資に特化した会社です。必要な書類がそろっていれば、最短で翌日に融資が可能と言われているので急いでいる人におすすめされています。仮審査は24時間内に対応してくれるため、スピーディさにも注目されていると言えるでしょう。
 
・第一ゼネラル
資本金20億円の地元交通産業会社がバックボーンであるため、安心と信頼は抜群です。26年間の実績があるため、さまざまなケースに柔軟な対応を見せてくれます。
 
・入江倉庫
創業59年の実績を持ち、審査結果なども迅速に知らせてくれます。多額の融資だけではなく少額融資にも対応しているので幅広い人が利用しています。

不動産担保ローンは専門的な知識が必要なので、サポート会社などに相談する人も多いです。
福岡の不動産担保ローンについて知りたい人はこちらをご覧ください。

まとめ

不動産担保ローンは多額の金額が融資可能ということもあり、経営者などにも活用されています。
メリットだけではなく、金利やリスクにも注目しておくことをおすすめします。