PG2 マリーンリッチ

すごく使いやすい、ラクチン、サッとケアできる、こんな声をもらっているアンチエイジングクリームが「PG2 マリーンリッチ」です。
PG2 マリーンリッチは直接肌に塗って使うアンチエイジングクリームなのですが、肌に触れるものなので副作用や安全性が気になります。
また、他のアンチエイジング剤を使用して肌荒れを起こした方は、アンチエイジング剤の使用に慎重になっているのではないでしょうか。
そこで、PG2 マリーンリッチの副作用について検証してみました。

PG2 マリーンリッチの副作用・危険性は?

肌荒れ
アンチエイジングクリームは毛のタンパク質を溶かす成分でムダ毛を処理します。
多くのアンチエイジング剤に配合されている成分が「チオグリコール酸カルシウム」で、PG2 マリーンリッチにもこの成分が配合されています。
アンチエイジング剤の成分は毛だけをターゲットにして働くのではありません。
肌もタンパク質でできていて、アンチエイジング成分は肌のタンパク質にも作用をします。
そのため、アンチエイジング剤の使用で肌荒れを起こすことがあります。
しかし、PG2 マリーンリッチには保湿作用が高いシアバター、大豆エキス、シソエキスなどが配合されているので肌荒れを起こしにくいです。
また、パッチテストをしておくと安全に使用ができます。
使用前には毎回パッチテストをしておきましょう。

色素沈着
色素沈着はメラニンによって起こります。
メラニンは色素沈着を起こす悪者のようなイメージがありますが、実は肌を保護する役割があります。
アンチエイジングクリームの肌への刺激が強かったり、適切な使い方ができていないと、肌に刺激が加わってメラニンの生成が促され、その結果色素沈着を起こす心配があります。
そのため、適切な使用方法をしましょう。
アンチエイジングしたい部位に毛が隠れるくらいの量のPG2 マリーンリッチを塗り、5分間放置をします。
放置時間が長いほど肌への負担が大きくなるので、放置時間は5~10分程度までにします。
その後、ティッシュで拭きとってシャワーで洗い流します。
生理前や生理中は肌が敏感になっているので、使用は避けるとよいでしょう。

ヒリヒリ
肌が弱くなっているとヒリヒリを感じることがあります。
肌にはバリア機能があり、外部の刺激から守ってくれているのですが、バリア機能が低下をしていると刺激に弱くなっているのでヒリヒリを感じることがあります。
敏感肌の方はバリア機能が低下をしていてヒリヒリを感じやすくなっています。
ヒリヒリする状態で使用し続けると炎症がひどくなって肌トラブルを起こすので、ヒリヒリを感じるときには使用しないでください。

かゆみ
ムダ毛を処理するチオグリコール酸カルシウムは、肌のバリア機能を低下させてしまいます。
バリア機能が弱くなると外部に刺激に敏感になって、わずかは刺激でも肌がかゆくなることがあります。
また、アンチエイジング後の肌は乾燥しやすく、乾燥によってもかゆみを感じます。
かゆみを防ぐためには保湿ケアをしっかりと行っておくことがポイントです。
肌に潤いが生まれることでバリア機能の回復が促されます。

PG2 マリーンリッチの副作用の報告はある?

インターネット上で調べてみましたが、PG2 マリーンリッチを使って副作用がでたという報告は見当たりませんでした。
公式サイトには、敏感肌でも使えるということが記載されています。
敏感肌でも使えるということは肌に優しいということで、肌に優しいものなら副作用が出る心配が少ないと考えられます。
しかし、安全に使用をするために使用前にはパッチテストを行いましょう。

PG2 マリーンリッチの安全性が高い理由とは?

保湿成分配合
アンチエイジング後に保湿ケアをしないと肌の乾燥が進行をします。
肌が乾燥をするとバリア機能が弱くなって、肌トラブルを起こす原因になります。
アンチエイジング剤に配合されているチオグリコール酸カルシウムは肌の乾燥を進行させる心配があるのですが、PG2 マリーンリッチには保湿成分のシアバター、大豆エキス、シソエキスが配合されています。
こういった成分が肌を保護して肌トラブルを予防してくれることが期待できます。

日本製
PG2 マリーンリッチはISO品質マネージメントシステムの認定工場で製造されています。
製造工程では人の目でのチェックがあります。
国内で管理された工場で人がチェックをして製造されていると安心感があります。

医薬部外品
PG2 マリーンリッチは厚生労働省に認められた医薬部外品です。
医薬部外品には有効成分が配合されていて、効果・効能が認められています。
また、医薬部外品の製品を製造するためには、医薬部外品製造販売業許可を取得しなければなりません。
許可を取得するためには一定の基準を満たしている必要があり、基準を満たしているということは安全に製造されているともいえます。

敏感肌でも使える
PG2 マリーンリッチの公式サイトには、敏感肌でも使用できることが記載されています。
肌が敏感でトラブルを起こしやすい敏感肌でも使える製品なら、副作用の心配が少ないことが期待できます。

取り除くことができる
サプリメントなど体の中に入れるものだと、万が一のことがあっても体の中から取り出すことは難しいです。
しかし、アンチエイジングクリームなら異変を感じたらシャワーで洗い流すなどしてすぐに取り除くことができます。
万が一のことがあってもすぐに対処できます。