fxで人生終わった人について。

  • 今後起こりうる最悪の事態を想定しておき、海外FXのgemforex口座で、極限までロット数を落として、ドル円スキャル・デイトレ・スイングトレードをするを実行すれば、ドル円ゼロカットやドル円強制ロカットを回避することができるし、FXで人生ハッピーになったとなります。これと比較して、自分の都合がいいことが為替相場で起こるに決まっていると思い込んでおき、海外FXのgemforex口座で極限までロット数を上げて、ドル円スキャル・デイトレ・スイングトレードをするを実行すると、ドル円20万円ゼロカットやドル円35万円ゼロカットを体験することになります。これら前者の行動を継続すれば、fxで人生終わる確率は0パーセント、後者の行動を継続するとfxで人生終わる確率が10パーセント以上になります。

    人間の特性上、自分は特別な人間で人生成功するに決まっているという思い込みや自分はピラミッドの上位2パーセントに入ることができるという思い込みをもっています。これらの思い込みを持っているFXトレーダーは、高ロットでのトレードで成功して爆益連発したという事例しか想像しませんし、含み損が100PIPSになっても損失を認めたくないから絶対に損切りしないぞという結論をだします。

    謙虚すぎる人間の特性上、自分はどこにでもいる人間で人生成功できる確率が低いという思い込みや、自分がピラミッドの上位2パーセントに入ることは絶対にないという思い込みを持っています。これらの思い込みを持っているFXトレーダーは、低ロットのデイトレードで25PIPSをとって5万円の利益で満足しますし、低ロットのスキャルピングで30PIPSをとって3万円の利益で満足しますし、低ロットのスイングトレードで30PIPSとって9万円の利益で満足します。ただ、低ロットのトレードに慣れすぎると、トレードの真剣さの精神を忘れてしまいます。今回はfxで人生終わった人について。触れていきます。

    FXで人生終わった人とは?

    総資産が100万円ある人が1万円ゼロカット1回されるときの心理状況は、1万円も大金を失ってしまったけど、99万円手元に残っているからなんとかなるでしょとなります。これに分類されているときはFXで人生終わったということにはなりませんが、総資産100万円ある人が100万円ゼロカット1回され、FXトレードで損失の100万円を取り戻せなくなると、本当の意味でFXで人生終わったとなります。それと、FXで人生終わった経験をしていないと、毎日FXトレードをしないといけないという義務感に苦しむことになりますし、FXで人生終わった経験をしていると、毎日FXトレードをする義務感から開放され、幸せの日々を遅れるということも覚えておこう。

    1.低ロットこそがFXで人生終わらないようにするための近道。

    5円でゼロカットされるロット数を扱う人は、500PIPS〔5円〕の含み損で、海外FX口座残高が0円でゲームオーバーとなりますし、10円でゼロカットされるロット数を扱う人は、1000PIPS〔10円〕の含み損で、海外FX口座残高0円でゲームオーバーとなりますし、
    15円でゼロカットされるロット数を扱う人は、1500PIPS〔15円〕の含み損で、海外FX口座残高0円でゲームオーバーとなります。この事実の裏側には、含み損500PIPSに到達することなく、最終的に含み益40PIPSになれば、FXトレーダーは人生終了を逃れることができる&含み損1000PIPSに到達することなく、最終的に含み益50PIPSになれば、FXトレーダーはロット数を落としてよかったということになる&含み損1500PIPSに到達することなく含み損300PIPSになれば、自身の低ロット戦略は正義だったという3つの事実も存在しています。

    簡潔になにがいいたいのか?については、ハイレバで20PIPS.30PIPSのゼロカットを40回繰り返し、累計100万円の損失を出しているFXトレーダーでいることは辞めて、低レバレッジでゼロカット回数0回、300PIPSの利益確定回数10回以上で累計100万円の利益を出しているFXトレーダーになるべきだということ。

    2.高ロットこそがFXで人生おわったになる元凶。

    1億円という資金力からしたら、500ロットは低ロット水準となるから、資金1億円ある人が500ロットでスキャル・スキャルピングをすることは危険ではない。それと同じく、2億円の資金力で1000ロットのスキャルピングは安全、3億円の資金力で1000ロットノスキャルピングは安全です。

    100万円という資金力からしたら、500ロットは高ロット水準となるから、資金100万円ある人が500ロットでスキャル・スキャルピングすることは相当危険ことである。それと同じく、200万円の資金力からしたら、1000ロットは高ロットで危険、500万円の資金力からしたら2000ロットは高ロットで危険である。

    3.損切りできないこそが、FXで人生終わったになる元凶。

    15万円の資金力がある人が、1ロットで20PIPSの損切りをするルールを守るを実行できていれば、大相場到来でも損失2000円に抑えられ、FXで人生終わったになることはありません。逆に、15万円の資金力がる人が、15ロットで損切りをしないルールでトレードをすると、大相場到来で15ロット100PIPSゼロカットでFX口座残高0円となり、FXで人生が終わったということになってしまいます。これらの前者でいつづけるにはFXの損失を小さくすることが重要だと自分で思い込ませることが大事で、後者にならないようにするにはハイレバの恐怖を思い出すようにすればいい。

    4.FXの利益全額を趣味に使ってしまう。

    海外FXのフルレバトレードで得た利益全額、趣味に使ってしまい、海外FXの税金100万円が支払えないで本格的に人生が終わったと発言する人もいますし、国内FXの低レバスキャルで得た利益全額、趣味に使ってしまい、国内FX税金30万円が支払えないで本格的に人生が終わったと発言する人もいます。これらの人に分類されるを避けたい人は、FXの利益には手をつけない、FXトレードの利益額は全部貯金すればいいのです。

    5.海外FXで3億円の利益を全額出金した後に、海外FXで3億円の損失を出す。

    海外FXで10億円の利益を全額出金した後、1円も損失を出さなければ、海外FX10億円の利益かかる税金を全額支払うことができ、FXで人生終わったということにはなりません。これに分類されず、海外FXで3億円の利益を全額出金した後に、海外FXで3億円の損失を出すと、手持ち金0円なのに、海外FX3億円分の税金を国に支払わなければいけないという状況に陥り、FXで人生終わったということになります。

    公式サイト
    GEMFOREX

    GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。