貴方はいくつの顔を持っていますか?

きっと貴方はいくつもの役割を果たしているはずです。

誰かの上司、誰かの部下、夫、妻、親、子供、嫁、婿、近所の人、子供の習い事のママ仲間、取引先、趣味仲間・・・ その、

それぞれの役割をあなたは一生懸命果たしておられると思います。
一日の時間は限られていますから、バランスを取って生活するのはなかなか難しいものです。
さらに、コロナの影響で子供たちや家族が家にいる時間が長くなり
なんだか無性にイライラしちゃうこともある一年でしたよね。

その中で感じるストレス、話せる人はいますか?
話そうとして・・かえって他の方の話を聞かされて疲れてみたり
話すような時間や気持ちの余裕がなかったり。

子供も大きくなってきて・・
ああ、自分はいったいどんなことをしたいんだろう?
このままでいいのかな?

そう思ってしまう一瞬がきっとあるでしょう。

もしかしたら・・

あなたも気づいていない本当のあなたがいるかも知れない。

ちょっと視点を変えれ
人にかける言葉を変えれば
毎日がもっと貴方らしくなりますよ。

どちらを向いて進んでいくか、確認をしながら進むための
あなたの「羅針盤」となるようなメールマガジン
を配信しています。


メルマガ読者さまのご感想
VOICE


谷口 彰さま(50代 会社員)

決してご自身の子育てが順調であったわけではなく、色々な問題があったがそれを乗り越えているというストーリーがよかった。あきさんの仕事に対する覚悟のようなものを感じている。このメルマガは、受験生を持つすべての親御さんへおすすめです。

S.M.さま(30代女性 会社員)

子どもが親を支配している話や、子どもに勉強しなさいという話が面白かったです。
中学生くらいのお子さんを持つ親御さんにおすすめです。

匿名希望(40代女性 パート勤務)
「知の財産も先祖から受け継がれている」
「息子が教えてくれたコト」の話がよかったです。
中高生のママ達に読んでほしいと思いました。
匿名希望(40代女性 パート勤務)
「知の財産も先祖から受け継がれている」
「息子が教えてくれたコト」の話がよかったです。
中高生のママ達に読んでほしいと思いました。
K.N.さま(50代男性 会社員)
子どもの具合が悪い時に、どのローテーションで誰が付き添うかのエピソードは、よくある話で共感しました。子育て世代。特に共働きには共感できる内容になっていると思います。
匿名希望(40代女性 会社員)
「自分は何のプロでもないとお悩みの方へ」「お母さんの目が笑っていないから」の話が印象的でした。このメルマガは読んでいる人に分かりやすく伝えており、それぞれの悩みに共感し、アドバイスしてる点がいいと思いました。会社員の方におすすめです。
M.N.さま(50代女性 会社員)

「知の財産も先祖から受け継がれている」話が共感できました。その通りだと思います。

今の状況を変えたい人にこのメルマガをお勧めします。

M.N.さま(50代女性 会社員)

「知の財産も先祖から受け継がれている」話が共感できました。その通りだと思います。

今の状況を変えたい人にこのメルマガをお勧めします。


私がお届けします
COACH


高原 亜紀

自分に目を向けると子供は変わる

子どもがやる気になる会話術『5goodストローク』

のびのび子育て学力UPコーチの高原亜紀です

実は私、自分の変化をきっかけに

特に勉強を進めていなかった息子を

公立高校から東大へ進学させた経験を持っています

そんな私ですが大きな悩みがありました

それは前職での人間関係です

職場でパワハラにあった事で

自分に自信を無くしました

分からないことがあっても

恫喝がこわくて質問できない毎日

私はもう駄目だとおもっていました

そんな時にコーチングと出会ったのです

他人から見える私の姿を伝えて、

私の思い込みを徐々に外してくれました

私は

自分の存在は価値があること

まだ可能性があることを

知ることができました

その経験から

私は人の成長が自分の喜びと

なることを実感しました。

そして自分が必要とされること

ありがとうと感謝されることで

人の役に立てる人間とおもうことができました

その過程の中で子供との対話や

関わりが変わったのです

息子と娘の二人の東大入学は嬉しい副産物です

私の昔と同じ悩みを持った方々を

もう一度自分の足で

立ち上がり、

自分の幸せを感じていただく

そのような人をこの世にたくさん増やしていきます

それが私の使命です。


少し前の私のように、生きづらい気持ちを抱えている
1人でも多くの方にメッセージをお届けしたいと思います。

あなたのご登録お待ちしています。