なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

マシンとビットの紹介

わたしが使用している
マシンとビット
の紹介をします。

こちらのプレゼント動画では私がオススメするマシンの使い方、オススメのビット、ビットの使い分けなどを細かく説明していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

動画はこちら

本体

スイッチでマシンを動かしたり止めたりします。

ダイヤルで回転数を調整します。

このマシンの最高回転数は20000rpm20000回転です。これは1分間で20000回転ということになります。

ダイヤルには回転数では表記されていません。

  ダイヤル:回転数

       1 :5000回転
   真上 :10000回転
3・4の間 :15000回転
   MAX :20000回転


回転方向を切り替えます。

フォワード 時計回りで右利きの方はこちらです。

リバース  反時計回りで左利きの方はこちらです。

ハンドピース

ハンドピースの操作はビットの
取り外しだけになります。

S に回すとビットが固定されます。 
に回すとビットが外れます。

ビット


①ネイルラボの
ゴールドビットラージコース

こちらはジェルネイルをオフするときに
使用するビットです。

カラージェルまで
手早く削り落とす事ができます。

このビットは24金でコーティングされていて
切削力に優れていますが
摩擦熱も出にくくなっています。

こちらのビットは目の荒さが5種類あります。


XF→F→M→C→XC
細かい  →    粗い

ファイルのグリット数でいうと

FX.エクストラファイン約400G
F.ファイン              約200~220G
M.ミディアム           約180G
C.コース                 約120G
XC.エクストラコース 約100G


私はC.を使っていますが
 薄付きのジェルのオフだったらM.で大丈夫です。


小見出し

ラージとスモール


このビットはラージとスモールがあり
上画像の左がラージ、右がスモールになります。
ビットの太さが違います。
私が紹介したビットはラージサイズです。


ラージサイズの方が削るのが早く、少し重みがあるので
安定感があります。

スモールは細いので小回りがききます。
小さなお爪に向いているので
私はフットで使用しています。



小見出し

ケアビット

左 モードネイルのダイヤモンドスリム

右 ネイルラボのダイヤモンドポイント

プッシャーで甘皮を押し上げてから、マシンでサイドの角質を取り、甘皮を軽く押し上げながら
ルースキューティクルなどを取っていきます。


小見出し

パーツオフ

ネイルラボのカーバイトビットスリムです。
パーツを取るときに使用します。

このビットは爪の裏に流れてしまった
ジェルを取ることも出来るので

かなり便利です!


面取り

ビットによってはお客様の皮膚を傷つけないように
角の部分を削り、安全な状態にしてから使用します。

使い方は動画でご覧ください。



最後に

いかがでしたか?
今回はこれからマシンを使い始めようと
思っている方向けに、オススメの
マシンとビットの説明をしました。

マシンを導入すると
体力的に楽になる事と
時短につながるので是非取り入れて
欲しいアイテムです。

でも、危険も伴うので
プロに学んでから使用することを
オススメします。



最後まで読んでくれてありがとうございました。
ぜひ参考にして頂ければと思います^^

分からないことはお気軽にLINEから
お問い合わせくださいね♪