映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、1986年に発売されたアーケードゲームを実写映画化したパニックアクションです!遺伝子実験の失敗から、あらゆる生物が巨大化した世界。その状況下での人々の戦いが描かれています。

『ランペイジ』の吹き替え・日本語字幕のフル動画を無料視聴するなら、公式の動画配信サービスを利用するのが便利。『ランペイジ』の無料視聴方法とお得なポイントをご紹介します。

映画『ランペイジ』のフル動画を無料視聴する方法

映画『ランペイジ 』のフル動画は、動画配信サービスのU-NEXTとTSUTAYAディスカスで無料視聴が可能です。

どちらのサービスも1ヶ月間の無料トライアルがあるので、初めて利用する場合でも、まずは無料でお試しできます♪

つまり、料金を支払う前に実際に利用してみて、サービスが気に入ったら継続・気に入らなかったら解約という選択ができるので、まずは『ランペイジ』の動画を無料視聴してみるのがオススメです(^^)

では、
  • U-NEXT
  • TSUTAYAディスカス
の詳細情報をご紹介します。

※『ランペイジ』の動画配信開始日は、2018年9月19日です

U-NEXT

U-NEXTは、映画・ドラマ・アニメなど約11万本の動画が視聴できるサービスです。31日間の無料期間があるので、時間が空いた時に好きな作品を楽しめます♪

映画『ランペイジ』の動画を視聴するには、540円必要なのですが、無料登録時に600ポイントがもらえるので、そのポイントを利用して無料視聴が可能です。

  • ジュマンジ
  • ワイルドスピード
  • セントラル・インテリジェンス
など、ドウェイン・ジョンソンの出演作品を一緒に楽しむのがオススメですよ(^^)

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスは、オンラインの動画配信とDVDの宅配レンタルが利用できるサービスです。どちらかと言うと、宅配レンタルがメインなので、テレビで動画をマッタリ観たい場合にオススメ!30日間の無料期間があります。

『ランペイジ』は動画配信も行われており、無料登録時にもらえる1080ポイントを利用することで無料視聴ができます♪

映画『ランペイジ』は動画共有サイトで無料視聴できる?

正直、おすすめはできないのですが、PandoraやDailymotionのような動画共有サイトに違法アップロードされた映画の動画を無料視聴できることもあります。

しかし、下記のような問題点があることを理解して利用しなくてはいけません。

  • 動画の画質・音質が悪い
  • フィッシング広告やアダルト広告が表示される
  • パソコンやスマホがウイルス感染する危険性がある
  • 法律の改正により、視聴しただけで責任を問われる可能性がある

そのため、本記事では公式サービスを利用することを推奨していますが、主要の動画共有サービスへのリンクを紹介します。

→ 『ランペイジ』をeynyで視聴する

→ 『ランペイジ』をYouTubeで視聴する

→ 『ランペイジ』をPandoraTVで視聴する

→ 『ランペイジ』をDailymotionで視聴する

→ 『ランペイジ』を9tsuで視聴する


もし上記のサイトで映画『ランペイジ』の動画が視聴できない場合は、以下ボタンからご覧ください!

映画『ランペイジ』のあらすじ

映画『ランペイジ』は、巨大化した動物たちが、大都会で暴れ回り街を破壊していくさまを描くアクション作品。詳しいあらすじは、下記のような内容です。
ある遺伝子実験の失敗からゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。

動物たちは、破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルが林立する街で大乱闘を繰り広げる。

人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。

映画『ランペイジ』のスタッフとキャスト・吹き替え声優

映画『ランペイジ』の配給元や監督、スタッフ情報をご紹介します!

  • 劇場公開日/2018年4月13日(アメリカ)、2018年5月18日(日本)
  • 配給/ワーナー・ブラザース
  • 上映時間/107分
  • 監督/ブラッド・ペイトン
  • 脚本/ライアン・イングル、カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエル
  • 原案/ライアン・イングル
  • 製作/ボー・フリン(英語版)、ジョン・リカード、ブラッド・ペイトン、ハイラム・ガルシア
  • 製作総指揮/マーカス・ビシディ、ドウェイン・ジョンソン、ダニー・ガルシア、ジェフ・フィアソン、トビー・エメリッヒ、リチャード・ブレナー、マイケル・ディスコ
  • 音楽/アンドリュー・ロッキングトン(英語版)
  • 撮影/ジャロン・プレサント
  • 編集/ジム・メイ、ボブ・ダクセイ
  • 製作会社/ニュー・ライン・シネマ
映画『ランペイジ』のキャストは下記の方々です。役名/俳優名(日本語吹き替え声優名)の順番で記載しています。

  • デイビス・オコイエ/ドウェイン・ジョンソン(楠大典)
  • ケイト・コールドウェル博士/ナオミ・ハリス(本田貴子)
  • クレア・ワイデン/マリン・アッカーマン(深見梨加)
  • ハーベイ・ラッセル/ジェフリー・ディーン・モーガン(若本規夫)
  • ブレット・ワイデン/ジェイク・レイシー(高木渉)
  • バーク/ジョー・マンガニエロ(三宅健太)
  • ケリー・アトキンズ博士/マーリー・シェルトン(木下紗華)
  • ネルソン/P・J・バーン(石上裕一)
  • ブレイク大佐/デミトリアス・グロッセ(乃村健次)
  • コナー/ジャック・クエイド(近藤隆)
  • エイミー/ブリアンヌ・ヒル(熊谷海麗)
  • ザミット/マット・ジェラルド(こばたけまさふみ)
  • パーク捜査官/ウィル・ユン・リー(真木駿一)
  • ギャリック/ユライア・フェイバー(バトリ勝悟)
  • テイラー/ブルース・ブラックシアー(田所陽向)

映画『ランペイジ』の見どころと感想

映画『ランペイジ』の見どころと感想をご紹介します。
雑な、言うなれば杜撰な映画である。細かいことを指摘するなら、クライマックスのシカゴ決戦で巨大ワニが川から現れるが、フロリダから一直線に向かってきたはずのにあの方向から現れるなんてことはありえない。

あり得ないのはスタッフだって百も承知だろうが、なぜそうしてしまったのか。答えは簡単で、その方が絵的によかったからか、前の絵との繋がりがよかったから、だろう。それほどまでにこの映画は、おおざっぱで勢い勝負なのだ。そしてそれが映画のテイストにピッタリと合っている。

ロック様とペイトン監督はこれまでにも『センター・オブ・ジ・アース2』と『カリフォルニア・ダウン』で組んでおり、どっちも大味なことが妙味となっている作品だった。

今回、どう考えても人間では太刀打ちできない怪獣もので、ちゃんと人間が拮抗できているのはもうロック様のおかげとしか言いようがない。しかも巨大ゴリラとマブダチの役ってすげえな!

あり得ないをありにする男ロック様を知り尽くした監督だからこその力技、アッパレである。
見るからにザ・アメリカ映画だが、予想は的中する。細かい部分は気にせずスカッとしようぜ!のノリが清々しい。

近年モンスターパニックがまた勢いをつけているなか、金をかけてありふれたB級作品群とは明らかな差をつけようとしている本作、かなりのヒットを飛ばしているではないか。やはり、ブームというものが本作をより引き立たせているに違いない。だって本作のノリは完全に「メガシャークVS~」のシリーズそのものなのだから。

環境問題うんぬんかんぬんを考えず笑いながら観賞できるというコンセプトは万人受けは半端がないだろう。しかし終盤は笑いから一変、男同士の友情が炸裂する。「最後に愛は勝つ」じゃないが、無理矢理にでも諦めない主人公らには感動した。

うん。いい映画だ。
見るからにザ・アメリカ映画だが、予想は的中する。細かい部分は気にせずスカッとしようぜ!のノリが清々しい。

近年モンスターパニックがまた勢いをつけているなか、金をかけてありふれたB級作品群とは明らかな差をつけようとしている本作、かなりのヒットを飛ばしているではないか。やはり、ブームというものが本作をより引き立たせているに違いない。だって本作のノリは完全に「メガシャークVS~」のシリーズそのものなのだから。

環境問題うんぬんかんぬんを考えず笑いながら観賞できるというコンセプトは万人受けは半端がないだろう。しかし終盤は笑いから一変、男同士の友情が炸裂する。「最後に愛は勝つ」じゃないが、無理矢理にでも諦めない主人公らには感動した。

うん。いい映画だ。
発想はよかったが劇場での告知とは違う。それは「ランペイジ」の「ラ・~」「ン・~」「ペ・~」「イ・~」「ジ・人類はジ・エンド」とあったが全然ジ・エンドではないよ。ということ。

全世界でNO1とか言っていたが、日本ではそうならなかった。初登場第2位でした。ちないみに第1位は『名探偵コナン ゼロの執行人』です。その後も残念ながら1位にはなれませんでした。

ラストでチンパンジー、ゴリラだったかな?の下ネタには閉口しました。
ポスターを見た瞬間、う~んと思い完璧にスルーしていました。センスが古い,,,

しかし、同じく映画好きの家族にはこれは面白いから観たほうがいいとおすすめされたので急遽観に行くことにしました。ポスターのイメージで行った私としては、思った以上にしっかりとしていて面白いと感じる作品内容でした。

先入観や直感で決めつけ、判断してしまった自分に反省です。これからは挑戦するからこそ得られる楽しみや悦びも追及してみようと思いました。
ポスターを見た瞬間、う~んと思い完璧にスルーしていました。センスが古い,,,

しかし、同じく映画好きの家族にはこれは面白いから観たほうがいいとおすすめされたので急遽観に行くことにしました。ポスターのイメージで行った私としては、思った以上にしっかりとしていて面白いと感じる作品内容でした。

先入観や直感で決めつけ、判断してしまった自分に反省です。これからは挑戦するからこそ得られる楽しみや悦びも追及してみようと思いました。

まとめ

映画『ランペイジ』の吹き替え・日本語字幕のフル動画を無料視聴するなら、


を利用するのがお得です。

理由は1ヶ月間の無料トライアルがあり、『ランペイジ』の他にも映画やドラマ・アニメの動画を手軽に楽しむことができるからです♪

ぜひ1度、無料登録をして、『ランペイジ』の無料視聴から体験してみてはいかがでしょうか?