営業改革1dayセミナーとは?

貴社の営業組織の新規開拓力を圧倒的に向上させ

社員が自発的に新しいビジネスを創り出せる

頭脳技術を提供する

セールス研修サービスです。

こんな悩みのある社長、営業部長へ

『新規開拓!』を掲げても、結局獲ってくるのは自分だけ。 既存顧客だけでなく、新規もやらないと・・・
新規事業を立ち上げたいが、経営幹部だけでは手が回らない。もう少し、スタッフが自分で考えて動いてくれればいいんだけど・・・
せめて、あともう1人か2人トップセールスマンがいてくれたら助かるんだけどなぁ・・・
最初は意気込んでた代理店さんも、蓋を開けたら融通が利かない。もっと能動的に動いてほしい。
『新規開拓!』を掲げても、結局獲ってくるのは自分だけ。 既存顧客だけでなく、新規もやらないと・・・

1Dayセールス研修

【課題】

営業組織の新規開拓力の底上げをしたい。
組織に蔓延している心理的ストッパーを外したい。
営業スタッフのモチベーションを高めたい。
自信をつけさせたい。

【主な対象】

営業組織をもつ企業全般、新規営業組織を作ろうとしている企業

【受講後に期待できること】

①営業スタッフの受注単価が上がります。
→なぜか?
銭感覚の条件付けが外れるから。
  本当にクライアントにとって良いものだと確信して売るようになるから。
値引きではなく、どうして相手に必要なのかを説明できるようになるから。

②営業スタッフの成約率が上がります。
→なぜか?
売上が必ずしも稼動量に比例する時代ではありません。
確信ある商品しか売らないので無駄な稼動が減り、結果的に成約率があがります。
無駄なヒアリング行為も一切排除。やるべきことはお客様との接触前にいかに想像できるかが勝負。
売れるものを売る営業はヒアリングをすべきというが売れないものも売る営業は言い当てに行く。

③営業経費下がります。
→なぜか?
アポは成約前提、少なくとも1回で提案しきるアポとなり、無駄な交通費や出張経費が減るため。

新規開拓こそ営業の価値

営業とは、新しい売り方をクリエイトする仕事であり

ひいては、そのことにより

組織の望む未来出現させる仕事である。
また、その役割を唯一担う人員のことである。

時に彼らが出現させる未来は

現在から非連続的であり

目を疑うほどの激的にポジティブ変革そのものとなる。