このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
0564-62-5850
受付時間:平日10:00~17:00

楽筆(らくひつ)はお手本のない筆文字。
上手に書くことでなく、
自由に書くことが目的です。



 楽筆(らくひつ)とは、ぼくが18年の制作活動の中で見つけた、誰でも自由に味のある文字を書ける手法です。 

楽筆にはお手本がありません。誰かの字をまねすることもなく、形を作ることもしません。上手に書かなくてはいけないと長年枠にはめてきた文字の書き方の呪縛を解き放ち、あえて下手をこころがけて書くことで、気持ちまで解放されて、結果として、その人らしい個性ある文字が書けるようになるのです。
 
書道を習ったことのない人でも最初から味のある文字が書けますし、長年書道をきわめた人には、新たな方向性が見いだせます。 

また、今自分が感じていることを言葉にするうちに、自然に気持ちが落ち着き、前向きになったり、自信がついたりして、結果的に生きるのがラクになる。これも多くの講師の方がおっしゃています。

2016年から少しずつ講師の育成を始めて、名古屋を中心に東京・大阪で現在70名ほどの方が講師資格をとって活動中です。

上手に書くことをめざす一般の書道教室とはまったく違う、メンタルケア効果のある楽筆をひとりでも多くの人に体感してもらい、まわりの人にも伝えて欲しい。

それが、ぼくの願いです。

      楽筆協会主宰   かなだ つとむ

楽筆講師オンラインコースはこんな方にオススメ

  • 子育てや仕事の他にも、自分の世界を見つけたい。
  • イラスト・お花など、今やっている活動に気持ちが伝わる言葉を加えて
    作品を個性的に仕上げたい。
  • 癒しに興味があるので、言葉を使ったセラピーやヒーリングを学びたい
  • 絵が下手なのでアートは無理と思っていたけど、
    本当は作品を通して表現してみたい。
  • 人とふれあい、人といっしょにできることを探している。
    将来的には教室やサロンをやってみたいと思っていた。
  • 絵が下手なのでアートは無理と思っていたけど、
    本当は作品を通して表現してみたい。

楽筆に答があるかもしれません

下手をそのままアートにする。教えられた常識の枠を超えて伸び伸び書く。

プロフィール

楽筆協会主宰
かなだ つとむ
1976 東京デザイナー学院名古屋校卒業  広告制作会社・デザインスタジオ・印刷会社で制作や営業を経験

1990 名古屋でカナダ広告制作所設立
バブル崩壊により急速に業績悪化。うつ病に苦しみつつ経営を続ける。

2000 ギャラリー「クロス」にて初めての個展開催 「ありのまま」自費出版

2001 うつ病が悪化。パニック障害で外に出られず事務所を閉鎖。愛知県額田郡の自宅にひきこもって筆文字制作に励む。

2002 名古屋市内の東急ハンズでブライダルボードが販売開始。

2003 和風ブライダルボードが東急ハンズ全国に展開。幸田町駅前に、アトリエ耕望をかまえ、「楽筆」として作品を書き始める

2004 東急ハンズ名古屋店を中心に定期的に実演販売を始める。

2007 株式会社KANADA設立にともない業務を法人に移行。

2008 広いアトリエに移転。個展開催、ブライダル商品のリニューアルに取り組む。

2012 名古屋で交流イベント「一期一会の集い」スタート。
2014 岡崎・安城などで楽筆教室スタート。
2016 楽筆講師養成講座スタート
    →楽筆.com

2019   楽筆講師養成(リアルコース)を東京・大阪に拡大
主な実績
  • 2002年から 東急ハンズ全店でブライダル&記念日ギフトとして筆文字額を取り扱いいただき、現在までに12,000点以上の作品を販売。
  • ・愛知/大阪/東京で講師養成講座開講。70名を超える楽筆講師が誕生し、各地で教室を運営している。
  • ・愛知/大阪/東京で講師養成講座開講。70名を超える楽筆講師が誕生し、各地で教室を運営している。
メディア
2017年 CBCラジオ「21世紀の賢者たち」に出演しました
2019年 CBCラジオ「北野誠ズバリサタデー」で紹介されました
2019年 ケーブルテレビで特集されました
2019年 CBCラジオ「北野誠ズバリサタデー」で紹介されました

楽筆とは技法ではなく新しい生き方

ぼくは45歳のとき、パニック障害で外に出られなくなり、
経営していた会社も閉鎖して1年間自宅に引きこもったことがありました。
そのとき、誰にも分かってもらえない気持ちをただ言葉にして書いていた、それが楽筆の始まりです。

10年ほど前から近隣のカルチャースクールで楽筆教室で技法を教え始めましたが、やがて、ぼくが伝えたいことは技法だけではない。書くことを通して心が解放され、ラクになる、そういうことも含めて伝えたいと思うようになりました。

それで3年ほど前から講師養成を始めたのですが、予想以上にみなさんが変わられるので、ぼくも驚いています。

もちろん、中には、教えるつもりはないから習うだけでいいという方もいらっしゃいますし、ぼくも無理に教室を開いて欲しいとは思っていません。

ただ、ぼくのこの思いをきちんと伝えたい。そのためには数ヶ月かけて継続的・集中的に楽筆を学んでいただきたいと思うのです。

実際に、ぼくの楽筆基礎講師養成講座を受講してくださった方は、楽筆の本質を、頭ではなく心で理解され、ご自身の日常にも生かし、また機会があれば教室やボランティアで人にも伝えることで楽しい時間を過ごしていらっしゃいます。


心のなかにある感情を、害のない形で外に出すこと。
墨の匂い、筆を使う感触、作品を書くことに意識を集中する間、無になれる。
そして気がつけば気持ちがラクになっている。それが楽筆を通して起きること。

お手本を真似しない楽筆、上手に書くことではなく自由に書くことをめざす楽筆ならではの、ひとつの効果です。
 
    つとむ

こう書くという決まったカタチはありません。

5つのポイントと12の技法
ユニークな技法を組み合わせてさまざまな表現ができます
アイデア次第
書く言葉は自由です。自分の発想で自在に遊べるようになります。
個性的な文字
あえて左手で筆を持ったり、筆以外の道具を使ったりして、おもしろい線を作りだして楽しみます。
絵手紙も味わい深く
楽筆のポイントを知ると、何気ない絵手紙にも自分らしさをプラスできるようになります。
絵手紙も味わい深く
楽筆のポイントを知ると、何気ない絵手紙にも自分らしさをプラスできるようになります。

コメントをいただいています

精神科医の伊井俊貴(メンタルコンパス株式会社代表)は脳科学×アートの活動を推奨しています

「ぼくも楽筆を体験しましたが、とても面白い感覚でした。 字を書くっていうのは誰にでも出来る自己表現としてとても良い方法でした。

自分の感覚を形にする。お手本ではなく、自分の字を見てもう少しこうしたいと感じる。この繰り返しは、感覚を通じて自分を知るためにとても役立つワークだと思います。」



受講者の声

1歩踏み出すことができてワクワクしています

岐阜市 Kさん

子どもの頃は学校の先生になるのが夢でした。でも、そんなのは無理に決まってる。身の丈に合った人生でいいと思って、生きてきました。
ところが、この楽筆のことを知ったとき、これなら私にもできるかもと、ほんの小さな希望を感じました。

それで、思い切って申し込んでつとむ先生の個人ワークを受けながら、スケッチブックワークを続けて資格を取りました。

家では夫が、私のために教室のチラシを作ったり、落款を作ったりして、すぐにでも教えはじめられるように準備をしてくれています。

でも私は自信がなくて「才能ないから」「ダメですね」「下手ですね」と無意識に言っていたらしく、あるとき先生から、Kさんは自分の口ぐせに気づいてる?と言って、口ぐせワークをしてくださいました。

いつもは言えない本音の言葉をそのまま筆で書くと、いつもとまったく違った文字になりました。そして、私の口ぐせは、子どもの頃から親に言われてきたこと、そのものだと気がつきました。

まだまだ自信は持てませんが、一歩一歩、今できることからやっていき、子ども頃の憧れを叶えて、教えることをはじめようと思っています。

VOICE

言葉では言えない新鮮な感動がありました

名古屋市 Tさん

私の場合は、ちょうど、人生の転機といいいますか、子どもがふたりとも就職を決めて、自分自身も定年が近づいてきて、これからどういうふうに生きていこうか、漠然と考えていたときに、ふと楽筆の広告が目にとまりました。

子どもが小学生のときに離婚して、ひとりで子育てをしてきました。おかげさまで、ふたりの子どもたちは良い子に育ってくれたので、ひと安心ですが、子育ての責任がなくなってみると、20年続けてきた仕事も数年で定年ですし、なんといいますか、今までの苦労が報われない、というわけではないのですが、仕事以外に何か、自分がやっていて楽しく、しかも収入にもなりそうなことを何か、見つけたいと思っていました。

楽筆は、基礎講師を取るだけで教室を開いていいし、そのときのレッスン料も自由に決めていいというので、ちょっと受けてみようかと思い、受講しました。

講座が始まると、左手で筆を持って書くという単純なことが、なかなかできなくて、苦戦しました。でも、つとむ先生が「上手に書こうとしないほうが、いい字が書けるよ。むしろ下手なほうがいい」とおっしゃって、それにびっくりしました。今までは、何でも上手にやるのがいいし、上手にやらなくちゃいけないと、そればかり考えていた自分に気がついて、今はそういう、下手な中にある面白さ、個性を楽しむということが、少し分かるようになった気がします。

仕事は、イヤなことをがまんしてお金をもらうもの、という感覚でずっといたのですが、これからは、そうではなくて、上手・下手ではなく、書いていて気持ちがよかったり楽しかったりすることに意味があるということを、まわりのみなさんに、楽筆を通して、私自身も楽しみながら伝えられるようになったらいいなと思っています。

VOICE

退職後の人生が、充実しています

岡崎市 Oさん

私は墨彩画を長年書いて来たんですが言葉を書く事も好きで、味わい深い文字が書きたくて偶然見つけた「暮らしの学校」のチラシに載っていた楽筆教室が気になり、まずは教室に参加させてもらいました。

初めての講座で楽筆の考え方、文字の味わいに惚れこみました。すぐに講師養成講座を受講して資格を取りました。そのあと自分で教室を始めたいと思いましたが、どういう方法があるか分からずしばらく時間がたちました。そのうち、自宅の近くのコミュニティセンターで生涯学習の講座があるのに気づいて、教室をやらせてもらえるか問合せてみました。幸いそのセンターで講座を開講することができて、現在は楽筆教室を2クラス持っています。

定年退職後、好きな釣りを楽しんでいましたが、今では楽筆教室が自分のやりがいとなり、充実した第二の人生をスタートしています。教えることが楽しいです。

自分の直感を信じて講師養成講座を受講したこと、そして資格をとったあと思い切ってコミュニティセンターに問合せてチャレンジして、よかったと思います。

VOICE

ほんとにこれが自分とは思えません

岡崎市 Iさん

私は近所の文化センターの楽筆講座でつとむ先生と知り合いました。その後、楽筆講師の講座を受講することになり、先生のアトリエ耕房に通うようになったのですが、毎回のレッスンが楽しくて楽筆に夢中になりました。

もともと緊張するタイプなので、教えるなんてとんでもないと思っていたのですが、気がつくと、カフェアートで教えたり、自然食のお店で場所を借りて教室を始めたりしていました。

不思議なのは、特に何もしていなくて、夢中になって書いていただけで、自分が変わったことです。

楽筆って、こう書かないといけないという決まりがないので、書いているとほんとうに解放されるというか、次はどう書こうと次々アイデアが浮かんだりして、こんな楽しさは今までありませんでした。

アートセラピーとしても、普通の趣味としても、ただ書くだけで癒やされる楽筆を、私は自信をもっておすすめします。

VOICE

めちゃくちゃ楽しいです

碧南市 Nさん

ぼくは地元の自動車関連の会社で技術職についています。
アートとか習い事とかまったく縁遠い自分が、どういうわけか楽筆に出会って、ドはまりしてしまいました。

習ったことを家に帰って書いていると、いろんなふうに書けるので面白くて、どんどん書いていたら夜中の2時だった、なんてこともありました。

わりと、道具から入るタイプなので、とりあえず楽筆耕房にあるのと同じような道具をどんどん揃えて、ついにはひとつの部屋を楽筆専用のアトリエに改造してしまったくらいです。

ポストカードに書いた楽筆は、職場に持って行って女の子たちに配ると、めちゃ喜ばれて、職場のクラブ活動で「楽筆部」を作って教えて遊んだりしました。

最近は、会社の外でも教える活動をしていて、公民館で作品展示をしたり、教室を開催したり、子どもが多い場所なので、親子で参加できる教室を考えたり、いろいろチャレンジしています。

楽筆は、書いても面白いし、こういう教室とかの活動も制約がなくて、自分で考えたことを自由にやれるのが気に入っています。

VOICE

言葉では言えない新鮮な感動がありました

名古屋市 Tさん

私の場合は、ちょうど、人生の転機といいいますか、子どもがふたりとも就職を決めて、自分自身も定年が近づいてきて、これからどういうふうに生きていこうか、漠然と考えていたときに、ふと楽筆の広告が目にとまりました。

子どもが小学生のときに離婚して、ひとりで子育てをしてきました。おかげさまで、ふたりの子どもたちは良い子に育ってくれたので、ひと安心ですが、子育ての責任がなくなってみると、20年続けてきた仕事も数年で定年ですし、なんといいますか、今までの苦労が報われない、というわけではないのですが、仕事以外に何か、自分がやっていて楽しく、しかも収入にもなりそうなことを何か、見つけたいと思っていました。

楽筆は、基礎講師を取るだけで教室を開いていいし、そのときのレッスン料も自由に決めていいというので、ちょっと受けてみようかと思い、受講しました。

講座が始まると、左手で筆を持って書くという単純なことが、なかなかできなくて、苦戦しました。でも、つとむ先生が「上手に書こうとしないほうが、いい字が書けるよ。むしろ下手なほうがいい」とおっしゃって、それにびっくりしました。今までは、何でも上手にやるのがいいし、上手にやらなくちゃいけないと、そればかり考えていた自分に気がついて、今はそういう、下手な中にある面白さ、個性を楽しむということが、少し分かるようになった気がします。

仕事は、イヤなことをがまんしてお金をもらうもの、という感覚でずっといたのですが、これからは、そうではなくて、上手・下手ではなく、書いていて気持ちがよかったり楽しかったりすることに意味があるということを、まわりのみなさんに、楽筆を通して、私自身も楽しみながら伝えられるようになったらいいなと思っています。

VOICE

お申込みはこちら

レッスンの進め方

Step
1
スターターキットをお届け
お申し込みが完了すると、楽筆協会からテキストと道具をお送りします。
同時に、オンライン教材サイトの利用も開始しますので、まずは動画を見て学んでください。
Step
2
動画教材を見る

技法の動画教材を視聴します。
パソコン・タブレット・スマホでごらんいただけます。

Step
3
LINEで添削を受ける

技法の動画を見たら、同じものを自分で書いて、写メをとってつとむにLINEで送ってください。
つとむが添削します。そしてつとむから合格をもらったら次の技法を書いて、送ってください。

Step
4
認定テストを受ける

全部の技法で合格をもらったら、つとむが認定テストを出題します。テストは実技とペーパーテストがあります。

認定までの期間
♥️
スケッチブックワーク

技法とは別に、スケッチブックワークがあります。
これは、毎日、自分の思ったこと・感じたことをそのまま言葉にして、スケッチブックに書くワークです。
どんな言葉でも感動的なアートになる。
楽筆でもっとも伝えたいのが、このワークです。

Step
5
認定

認定テストに合格したら、基礎講師の資格認定です。
認定証を送付し、楽筆WEBサイトにお名前を掲載します(希望者のみ)

Step
2
動画教材を見る

技法の動画教材を視聴します。
パソコン・タブレット・スマホでごらんいただけます。

同一料金で、リアルコース(通学)もお選びいただけます。

東京・大阪・名古屋で毎月1〜2回開催する講習会に参加できる方はリアルコースを。
遠方だったり、忙しくて日程が合わず自宅で履修したい方は通信コースをお選びいただけます。
受講料は同じですが、通信コースの方はつとむと会えない分、LINEやzoomのレッスンを増やしています。
迷われる方は、体験会のときに、つとむとご相談ください。

リアル(通学)コース と オンライン(通信)コースの違い

【リアルコース】
お近くのレッスン会場に通ってレッスンを受けていただきます。
日程は会場ごとに相談となります。

【通信コース】
基本的にはご自宅での学習だけで資格発行までサポートします。会場でのレッスンはありません。
※会場レッスンが△印の意味: 年に数回、通信コースの方専用のレッスン日をご用意しますが会場は東京・名古屋・大阪のいずれかになる予定です。参加は必須ではありませんので可能な方のみご参加ください。

楽筆基礎講師資格を取るとできること

メリット
「楽筆教室」という名前で教室を開くことができます

ただの「楽筆教室」でも、ご自分のお名前を入れて「○○の楽筆教室」のような名前でもかまいません。
カルチャーセンターや公共施設での開講にも「楽筆」をお使いいただけます。

メリット
ご自分の表現の幅が広がります
生徒さんに教えるために自分の作品を作りますので、自然に、創作の機会が増えます。決まったカタチのない自由な楽筆は、使う道具も書く言葉もすべて自由です。つとむに教えられた技法にとどまらず新しい表現の可能性を広げていってください。
メリット
楽筆基礎講師は1回取得すれば一生使えます。
楽筆の基礎「5つのポイント」を中心に教える楽筆基礎講師の資格は、一度取得すれば一生使えます。この機会にぜひチャレンジしてください。
メリット
ご自分の表現の幅が広がります
生徒さんに教えるために自分の作品を作りますので、自然に、創作の機会が増えます。決まったカタチのない自由な楽筆は、使う道具も書く言葉もすべて自由です。つとむに教えられた技法にとどまらず新しい表現の可能性を広げていってください。

基礎講師の資格ではできないこと

  • 楽筆講師を養成すること
  • 「楽筆」という言葉を含むブランド名・商品名で作品を販売すること
  • 「楽筆」という言葉を含むブランド名・商品名で作品を販売すること

料金

講座名
基礎講師養成 オンラインコース
料金
180,000円
150,000円+税
(税込 165,000円)

内容
・技法解説動画サイト(半年有効)
・LINE添削(半年有効)

・スターターキット※1
  ・技法マニュアル
  ・基本の道具
オプション
お道具セット 5,000円  ※2
お支払い方法
・振込(三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行)

・クレジットカード 一括
 ※5%ポイント還元適用
 ※分割はお支払い後にお客様でお手続きください。

詳しいお支払い方法はお申し込み後のメールでお伝えします。
内容
・技法解説動画サイト(半年有効)
・LINE添削(半年有効)

・スターターキット※1
  ・技法マニュアル
  ・基本の道具

道具について

スターターキット
(受講料に含まれます)

  • 講師用マニュアル細筆・太筆 各1本
  • 墨汁
  • カラーペン 1本
  • イラスト用細ペン 1本
  • スケッチブック
  • 色紙 3枚
  • 画仙のポストカード 1セット
  • ロクタ紙 5枚
お道具セット
(オプション 5,000円)

  • 色紙練習用紙 1冊(50枚綴り)
  • カラーペン 3色
  • 金色のポスターカラー
  • パステル  6色
お道具セット
(オプション 5,000円)

  • 色紙練習用紙 1冊(50枚綴り)
  • カラーペン 3色
  • 金色のポスターカラー
  • パステル  6色

スペシャルプレゼント

体験説明会にご予約いただいた方全員にプレゼント

2020年用の、ネズミのイラスト入りの楽筆流年賀状の書き方をプレゼント。見てすぐに書けますので、ぜひ来年の年賀状に使ってみてください。

よくある質問

  • Q
    書道を習ったことがないのですが、私にもできますか?
    A
    だいじょうぶです。楽筆はあえて下手に書く筆文字です。お習字が下手だった方でもびっくりするような作品が作れます。むしろ、下手な方のほうが味のある良い字が書けるので、安心してください。
  • Q
    オンラインで受講しても、実際の教室で教えられるようになりますか?
    A
    リアルコースの方は、ご希望があれば実際につとむの教室にアシスタントとして参加して教室のイメージをつかんでいますが、オンラインコースではそれができません。

    そこで、実際の授業を1レッスンそのまま録画した動画をオンラインコースの受講生の方だけにご用意しています。

    また、毎月のzoomのオンラインレッスンで、つとむと対面でやりとりをしながら、教え方のコツを習ったり、また、心配なことを直接相談したり、してください。

    だいじょうぶです。ご自分が楽しんで制作できるようになれば、教え方はその都度、工夫すればできるようになります。
  • Q
    オンラインで受講しても、実際の教室で教えられるようになりますか?
    A
    リアルコースの方は、ご希望があれば実際につとむの教室にアシスタントとして参加して教室のイメージをつかんでいますが、オンラインコースではそれができません。

    そこで、実際の授業を1レッスンそのまま録画した動画をオンラインコースの受講生の方だけにご用意しています。

    また、毎月のzoomのオンラインレッスンで、つとむと対面でやりとりをしながら、教え方のコツを習ったり、また、心配なことを直接相談したり、してください。

    だいじょうぶです。ご自分が楽しんで制作できるようになれば、教え方はその都度、工夫すればできるようになります。

だけどいきなり申し込むのは不安!という方のために
各地で体験説明会を開催しています

実際に筆を持って体験していただけます

参加費は1,000円(材料費を含む)です。当日会場でお支払いください。
道具は用意しますので、必要ありません。
(お洋服が汚れるのが心配な方はエプロンがあるとよいかもしれません)

各地の開催日程はこちらから

体験説明会 開催予定

東京 2019年 12月 8日(日) 13時30分
大阪

2019年 12月15日(日)13時30分

名古屋 2019年 12月 7日(土) 13時
2019年 12月14日(土)13時
2019年 12月21日(土)13時
幸田アトリエ

2019年 12月 22日(日)
2019年 12月 28日(土)
2019年 12月 29日(日)

※時間は応相談です

zoom説明会
準備中
名古屋 2019年 12月 7日(土) 13時
2019年 12月14日(土)13時
2019年 12月21日(土)13時

体験会 会場はこちら

東京会場

Katanaオフィス 汐留 〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル2F

https://www.katana.bz/office/shiodome/
Katanaオフィス 汐留 〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル2F

https://www.katana.bz/office/shiodome/

大阪会場

Katanaオフィス 淀屋橋

〒541-0044 

大阪市中央区伏見町4-4-9
淀屋橋東洋ビル3F

https://www.katana.bz/office/yodoyabashi/

Katanaオフィス 淀屋橋

〒541-0044 

大阪市中央区伏見町4-4-9
淀屋橋東洋ビル3F

https://www.katana.bz/office/yodoyabashi/

名古屋会場

コミュニティハブeXe(エグゼ)名古屋 名古屋市東区葵3-3-8
サンアピック503
http://exe-nagoya.net/#access

【地下鉄】 桜通線車道(くるまみち)駅 徒歩1分(エレベータが便利です)
【JR】 千種(ちくさ)駅 1番出口から徒歩3分(JR千種駅と地下鉄千種駅は地下で繋がっています)
コミュニティハブeXe(エグゼ)名古屋 名古屋市東区葵3-3-8
サンアピック503
http://exe-nagoya.net/#access

【地下鉄】 桜通線車道(くるまみち)駅 徒歩1分(エレベータが便利です)
【JR】 千種(ちくさ)駅 1番出口から徒歩3分(JR千種駅と地下鉄千種駅は地下で繋がっています)

幸田のアトリエ「耕房」

楽筆耕房 444-0114
愛知県額田郡幸田町横落向野郷前196
https://rakuhitsu.com/access
楽筆耕房 444-0114
愛知県額田郡幸田町横落向野郷前196
https://rakuhitsu.com/access

2020年は楽筆の年に!

自由に表現して本来の自分に戻る。
書くだけでラクになる不思議な筆文字「楽筆」を
いっしょに広げていってくださる方を求めています。
ぜひ体験会にご参加ください。待ってます!

体験説明会のお申込み

ケイタイのメールをご利用の方は、PCからのメールを受信できるよう設定しておいてくださいね!

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

お問合せはお気軽に

株式会社KANADA
0564-62-5850
fudemoji@gmail.com
 
楽筆教室主宰 かなだつとむ
http://rakuhitsu.com 

楽筆耕望(アトリエ)
愛知県額田郡幸田町横落郷前196