落語 de PR

コミュニケーションに「芸」の力を!
「共感の時代」に最適な“ハートで感じる”広報サービス

落語 de PR とは

「落語 de PR」は、株式会社クリーク・アンド・リバー社が提供している、企業・団体の歴史や事業、商品、サービスについて、落語を活用して広報するサービスです。

数字や機能、グラフなど、無機質になりがちな会社案内や事業説明、商品・サービス紹介に、創業者・開発者の想い、情熱、ストーリーを盛り込んでオリジナルの落語を創作いたします。

プロの落語家が落語を通して企業・団体の歴史や事業、サービスを情感豊かに伝えることで、視聴者の興味や共感を呼び起こします。

舞台芸術事業への想い

舞台芸術には人を楽しませ、感動させ、
観る者の価値観に影響を与える
とてつもない大きな力があります。

PR・組織開発など、舞台芸術の力は、
社会のあらゆるシーンで、
価値を創出出来る可能性に満ち溢れています。

私たちは
舞台芸術の力を社会により還元し、
舞台芸術家と企業の接点を生み出すことで、
クリエイティビティ溢れる社会を、
創っていきたいと考えております。

制作事例

■対象企業/対象サービス
Marketing-Robotics株式会社/MAツール「マーケロボ」

■演目
DX落語

■あらすじ
落語協会にMAツール「マーケロボ」の営業にきたマーケロボ社の若手社員・茂木。伝統を重んじてきた協会員たちは、手書きの手紙やチラシの配布など、従来の営業手法を変えるつもりはない様子。ついには協会の会長が現れて、「しょうもないサービス」という心ない言葉を浴びせられてしまう始末。果たして茂木は、協会員たちをDXやMAツールの正しい理解に導き、無事、「マーケロボ」の契約に繋げることができるのか…。
「DX落語」、ここに爆誕!!

■脚本・出演
立川吉笑(落語家)

■制作・進行協力
Marketing-Robotics株式会社
越ヶ谷 泰行(コミュニケーションクリエイター)

■企画・撮影
株式会社クリーク・アンド・リバー社

おすすめの利用シーン

採用イベントにおける上映
競合がひしめき合う採用イベントで、独自性を持ちながら企業の魅力を「わかりやすく」「面白く」「魅力的に」お伝えします。

商品・サービスなどのご紹介
日本の伝統芸能と融合することで、御社の商品・サービスへのア関心を一気に惹きつけ、世界観をお伝えします。
社内研修などへの活用
"ハートで感じる"ことを重視した「落語 de PR」だからできるコミュニケーション。企業落語を通じ社内の一体感を向上します。
社内研修などへの活用
"ハートで感じる"ことを重視した「落語 de PR」だからできるコミュニケーション。企業落語を通じ社内の一体感を向上します。

お客様の声

迫力ある啖呵、そしてサゲが最高にしびれます!
完全オリジナルの脚本で、自社製品の必要性を笑いを交えて伝えてくださり、とても感謝しています。
制作過程から、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。
30代 男性管理職
オリジナル落語を制作したことで、PRの幅が広がったことに驚いています。わかりやすく、面白く、商品を伝えていただけてもっと自分の会社が好きになりました!

20代 女性社員
オリジナル落語を制作したことで、PRの幅が広がったことに驚いています。わかりやすく、面白く、商品を伝えていただけてもっと自分の会社が好きになりました!

20代 女性社員

よくあるご質問

  • Q
    納品までの制作期間はどのくらいですか?
    A
    正式にご依頼いただいてから、約1ヶ月間とお考えください。
    御見積提出、ご要望のヒアリングなどの期間も含めると、余裕を持って運用開始の3ヶ月前にはご相談ください。
  • Q
    動画ではなく、実演の依頼をすることは可能でしょうか?
    A
    もちろん可能です。海外メーカーの新作発表会などでもご好評いただいております。
  • Q
    動画ではなく、実演の依頼をすることは可能でしょうか?
    A
    もちろん可能です。海外メーカーの新作発表会などでもご好評いただいております。

お問い合わせ

必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

会社概要

会社名 株式会社クリーク・アンド・リバー社
舞台芸術事業部
住所 東京都港区新橋4丁目1-1 新虎通りCORE
電話番号 03-4550-6211
責任者 藤澤 恵太
責任者 藤澤 恵太