三重県初導入
最新治療器 Radial Shock Wave
(拡散型 体外衝撃波)

圧力波患部照射する最新治療法

圧力波を患部に照射する接骨院では新しい治療法です。
患部やその周辺の細胞を活性化させ、組織の再構成・治癒(回復)を促進させます。
また、筋・腱付着部障害に対する圧力波の刺激で痛みの知覚を阻害し痛みを感じにくくします。
ヨーロッパを中心に普及し、腱付着部などの多くの疼痛性疾患の除痛を目的とした治療に応用されています。
欧米ではスポーツ選手を中心に、低侵襲で安全かつ有効な治療法として使用されています。

こんな症状ありませんか?

  • 痛みが残っている
  • 何度も繰り返す痛み
  • 筋疲労がとれにくい
  • 何度も繰り返す痛み

なぜ圧力波を使うのか

自由神経終末の破壊
自由神経終末(痛みを感じる器官)に直接作用
痛みの部位に多く発生する『痛みを伝える物質』が減少
治療直後に痛みが緩和

ゲートコントロール
圧力波の刺激で痛みの感覚を遮断
腱の修復を促すことで除痛の持続
血流の改善
周囲組織再生促進
ゲートコントロール
圧力波の刺激で痛みの感覚を遮断

広範囲使用可能

体の広範囲を治療することが可能です。

外科手術に頼ることなく、痛みの緩和・治癒が期待できるため、スポーツの早期復帰・早期回復を目指す方々にも適しています。
※禁忌事項を除く

施術流れ

STEP 1
お体の状態を検査します

最上級の体成分組織計で身長・筋力量・体のバランス・栄養状態などを数値化します。治療方針の参考にし、お体の状態を把握します。

STEP 2
姿勢分析撮影を行います

施術前に姿勢分析撮影を行い外見上の歪みを計測します。

STEP 3
問診室にてお話をお聞きします
問診室にてしっかりとお話をお聞きし、検査及び評価を行います。痛みの病態と機能評価結果をお伝えします。
※ここで施術の適応でない方は必要であれば信頼できる専門医師の病院へご紹介いたします。
STEP 3
問診室にてお話をお聞きします
問診室にてしっかりとお話をお聞きし、検査及び評価を行います。痛みの病態と機能評価結果をお伝えします。
※ここで施術の適応でない方は必要であれば信頼できる専門医師の病院へご紹介いたします。
STEP 5
エコー超音波検査

骨・筋などの軟部組織を被ばくせず、安全に検査できるエコーにより施術が行えるのか、判断の根拠を示します。
※必要な方のみ

STEP 6
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
STEP 7
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
STEP 7
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

料金

Radial Shock Wave 料金

初回治療
初回に限り 2500円1000
2000ショット
2500円 プリカなら→ 2000
3000ショット
3000円 プリカなら→ 2500

※症状に合わせてショット数は変わります。

お得なプリカもございます。詳しくは窓口でお尋ねください。
3000ショット
3000円 プリカなら→ 2500

よくあるご質問

  • Q
    1回の治療時間は?
    A
    5~10分程度です。
    ※治療部位により多少違いはあります。
  • Q
    治療回数は?
    A
    個人差、状態にもよりますが、3~6回で治療効果を得る事ができます。
  • Q
    治療の間隔は?
    A
    症状・部位にもよりますが、約1週間の間隔を空けて治療を行います。治療をしてから組織が再生するまで間隔を空けます。
  • Q
    治療中の痛みは?
    A
    治療中は少し痛みを感じることがありますが、状態を見ながら機器の強さは調整します。徐々に痛みを感じなくなり治療終了時には痛みは軽減します。
  • Q
    この治療を受けられないのは?
    A
    次の疾患が禁忌とされています。 

    ・埋め込み型ペースメーカーなどの電磁障害の影響を受けやすい医療機器埋め込み患者
    ・悪性腫瘍
    ・心臓疾患
    ・妊婦や出産直後の女性
    ・知覚障害
    ・骨粗鬆症
    ・脊髄骨折、捻挫、肉離れなどの急性疼痛
    ・施療部位に創傷
    ・体温38℃以上(有熱期) 
    ・安静が必要な場合や顕著な体調不良
    ・背骨に異常、湾曲
    ・椎間板へルニア症
    ・その他身体に特に違和感がある場合
  • Q
    副作用やリスクは?
    A

    基本的に安全性が認められていますが、まれに施術部位の内出血、皮膚トラブルが発生する場合があります。また、痛みが強くなることもありますが一時的に組織を損傷させ回復力を高めています。
    ※いずれも数日で軽快します。

  • Q
    治療の間隔は?
    A
    症状・部位にもよりますが、約1週間の間隔を空けて治療を行います。治療をしてから組織が再生するまで間隔を空けます。