苦手な注射の痛みを克服!

ラクサールクリームは、注射針を刺すときや、皮膚レーザーを照射するときの痛みを抑える薬です。

ラクサールクリームとは?

注射針を刺すときの痛みを抑える

ラクサールクリーム5%は、エムラクリームと同成分同量配合(リドカイン、プリロカイン)の外用局所麻酔薬です。

肌に直接塗ることにより、皮膚レーザー照射療法時等の疼痛が緩和されます。

有効成分であるリドカインとプリロカインは、皮膚に対しての透過性に優れ、高い局所麻酔効果を発揮する外用のクリーム剤です。

一般的に局部麻酔は注射によりますが、注射針を刺した時の痛みや、薬液で体内組織が押し広げられ痛みが生じます。

こういった背景から、リドカインスプレーやゼリー状態の製剤が使用されていましたが、これらの製剤は皮膚への浸透性が低く、十分に麻酔が効かないというデメリットがありました。皮膚から局部麻酔薬を浸透させて、神経終末がある真皮に到達させるには、疎水性の局所麻酔薬を高濃度で配合した製剤が必要となります。

ラクサールクリームの有効成分であるリドカインとプリロカインが混合することで、融点が下がり、室温にて液体に変化する性質を利用することで皮膚から強力に麻酔が効くことが成功したと実証されています。

皮膚への浸透性

ラクサールクリームの有効成分であるリドカインとプリロカインが混合することで、融点が下がり、室温にて液体に変化する性質を利用することで皮膚から強力に麻酔が効くことが成功したと実証されています。

即効性

即効性がある局所麻酔薬で、適用部位の神経を一時的にマヒさせ、痛みの伝達を遮断します。2種類の局所麻酔剤(リドカイン、プリロカイン)が作用し、塗布後1時間程度で効果が現われ無感覚になるといわれています。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

ラクサールクリーム(RacserCream)5%

本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。