転職サポート 

世の中の社畜仲間に向けて、仕事を頑張る方法や転職・副業に関する情報を日々発信しています。

転職活動は、少なからず時間を必要とします。
転職活動を始める前に様々な準備を行うことで、時間や転職にかかる費用を少なくすることができるでしょう。
転職活動を有利に始めるためのポイントを解説します。

転職先の業種を決めておく

漠然と転職を考えている場合、企業を洗い出すだけで時間がかかってしまいます。
自身のスキルや経験を見つめ直し、どのような業種に転職したいかを明確にすることで、求人情報の検索時間の短縮だけでなく、必要な資格の情報やその業種の平均的な雇用条件なども把握することができます。

転職活動を始める前に、希望の業種はある程度決めておいた方が良いでしょう。

転職の理由を説明できるようにしておく

転職の理由をしっかりと説明できるようにしておきましょう。
採用担当者にとって、せっかく採用したのにすぐに辞められてしまったり業務や社風のミスマッチなどは気になるポイントの一つです。

しっかりとした転職理由を考えておきましょう。

必要な資格を取得する

希望の業種に関係する資格を取得することで、転職活動を有利に始めることができるでしょう。
希望の職種を洗い出し、優遇される資格を取得することで他の求職者に差をつけられる可能性もあります。

転職によって得たい利益を考えておく

給与や休日、福利厚生やアクセスなど、自身が転職によって得たい利益を考えておきましょう。
職種の中でも労働条件は様々です。
自身が一番重きを置いている条件を決めることで、求人を効率よく絞り込むことができます。

情報を集める

希望の職種の情報や希望の企業の情報をしっかりと集めておきましょう。
どのような人物が活躍しているか、どのような仕事内容なのかを事前に把握しておくことは転職活動において重要なポイントの一つです。

また、情報を集める際には複数のWebサイトから様々な情報を集めることを心がけましょう。
サイトごとに意見が異なる場合が多いことや感じ方などには個人差もあるため、一つの意見に固執しすぎない方が良いでしょう。

転職活動を進めるにあたって、自分にとって譲れない条件(MUST条件)は何かをはっきりさせておきましょう。

MUST条件の基準は、仕事をする上でのモチベーションにつながる要素であることです。

これには給与や仕事内容のほか、会社の将来性や仕事を通して成長できるかなど人によって様々あります。

失敗しない会社選びのためには「年収は●●円以上」とか「研究や開発の仕事に携われる」など、より具体的に決めておくことが重要です。

現職の仕事からどれだけ差異が見いだせて、転職してでも手にしたいものであるのかという観点でも詰めていくべきでしょう。

MUST条件はたくさんあれば良いというわけではありません。

いくつかの条件を書き出して優先順位をつけ、その中から2~3つをMUST条件に設定すると良いでしょう。

あまり多すぎると選択肢が少なくなり、理想の会社を見つけることが難しくなってしまいます。

MUST条件を明確にするということは、極端な言い方をすれば転職への目的意識を明確にすることです。

成り行きで決めると、後々何か嫌なことがあった際にやっぱりやめとけばよかったと後悔してしまうこともあるでしょう。

しかし転職によって絶対譲れないものが得られるのであれば、他に多少の不満点があっても許容できるはずです。

まず、混同している人も多い「転職サイト」と「転職エージェント」の違いについてはっきり理解しておくべきです。

転職サイトとは?

転職サイトは、主に自分の希望する条件で求人をサイト内検索して、目当ての求人を見つけたら応募するという自分主体の転職活動を行うというものです。

転職サイトで行う場合は、自分ひとりの力で転職することになる、基本的に誰も助けてくれない、ということを前もって理解しておくべきです。

転職サイトの利用が向いているのは、自分ひとりの力で転職したい、自分のペースで転職したいと思っている方です。

転職活動に不慣れな方なら、むしろこの後説明する転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは?

転職エージェントは、サイト登録で担当のキャリアコンサルタントが割り振られて、担当コンサルタントが利用者の転職活動を助けてくれるサービス。

キャリアコンサルタントが行うのは、転職活動におけるすべてです。

求人探しから応募先の企業とのやり取りまですべて行います。

このキャリアコンサルタントに助けられながら行う転職活動なら、自分の転職活動に確固たる意思がなくとも、どのように転職活動を進めればいいかわからない方でも安心です。

また、転職エージェントを使った転職活動は、現職を続けながら行うことができるというメリットもあります。



自分にあった転職サイト・エージェントの選び方

では、自分にあった転職サイト、または転職エージェントを選ぶためにはどうすればいいのか?

自分にあった転職サイト・転職エージェントを見つけるためには、転職サイトが持つ特徴が、自分にあっているか?を考えれば良いのです。

「そもそも転職サイトと転職エージェントって何が違うの?」

と思われた方もいるはず。転職エージェントには、転職サイトと違い「キャリアコンサルタント」が在籍しています。

転職エージェント利用者は、そのキャリアコンサルタントと相談しながら、転職活動を進められるのです。

つまり、転職サイトを利用しながらの転職活動は、求人の検索から企業とのスケジューリングまで、すべて一人でこなさなければならないのです。


自分にあった求人が掲載されているか?

転職サイトを利用する上で大切なのは、「自分にあった求人が掲載されているか否か」です。

どれだけ実績があり、優秀なキャリアコンサルタントがいたとしても、その転職エージェントがあなたにとって使いやすいかは別の話です。

目星をつけた転職サイト・転職エージェントが、自分の転職ニーズへ応えてくれるか。

自分の転職活動にあったサービスを提供してくれるかが、利用する転職サイトを選ぶ時大切なポイントです。

転職サイトのサービスは使いやすいか?

転職サイトは、それぞれのサイトで異なるサービスを提供しています。

スカウトサービス、自己分析ができるサービス、エージェントサービス…。

それぞれの転職サイトが、他のサイトを出し抜くために、独自性のあるサービスを展開しています。

その転職活動を助けるサービスが、自分にとって使いやすそうか否か。

転職サイトのサービスを事前に比較しておくことも、自分にぴったりの転職サイトを見つける時の助けとなります。

キャリアコンサルタントの口コミは上々か?

転職エージェントを比較する時大切なのが、「キャリアコンサルタントの対応力」です。

キャリアコンサルタントの質が、利用者の転職成功の可否に関わってると言っても過言ではありません。

キャリアコンサルタントの質を確かめる意味で、事前に転職エージェント利用者の口コミを調べておくことは大切です。


あなたの未来にとってプラスな存在となりそうか?

ここからはあなたの感覚込みで、果たして「自分の未来にプラスになりそうか」を考えるのも大切です。

どれだけサービスが強くても、口コミで人気でも、あなたの未来を良くする手助けをしてくれないようなら、それは良い転職サイトとは言えないのです。

転職活動は誰のためでもなく、自分の未来のためにやるものです。

比較する時、選ぶ時には「自分主体」で選ぶことを心がけてください。

「転職サイトはしっかり選ばないといけない」ことはお伝えしたばかりです。

そして、いざ転職サイトを使って転職活動を始めた後も、転職サイトを使いこなす「コツ」をしっかりおさえておく必要があります。

転職サイト・転職エージェントは、適切に使いこなさないとその強みを十分引き出せないのです。

キャリアコンサルタントと密な関係を作る

まず大前提として、転職エージェント利用は「キャリアコンサルタントとの関係性」が命です。

キャリアコンサルタントとの関係性を密にしておくことで、キャリアコンサルタントからのサポートを優遇してもらうことができます。

とはいえキャリアコンサルタントも人、そして利用する側も一人の人間です。

人間同士の付き合いとなると、どうしても「合う合わない」が出てきてしまいます。

このコンサルタントとは相性が合わない…と感じたなら、遠慮なく転職エージェントに「キャリアコンサルタントを変えてほしい」旨を伝えてください。

転職エージェントに「すぐにでも転職したい」と伝える

転職エージェントへ登録すると、キャリアコンサルタントに「希望する転職時期」を聞かれます。

そこで、「いいところがあればすぐにでも転職したい」と伝えてください。

転職エージェントは「成果につながりやすい」人から転職をサポートします。

転職エージェントから手厚いサポートを受けるためには、いかに転職エージェントにとってプラスになることをアピールできるか、そこが争点となります。

転職サイトはいくつか併用する

転職サイトを利用しながら転職活動を進めるときは、利用する転職サイトを複数サイト併用することが大切です。

転職サイトごとに異なる強みがあり、複数サイト使うことでその強みを何倍にも拡大できます。

また、転職サイトごとに異なる弱みも、複数サイト利用することでお互いの弱みを打ち消し合うことができます。

同じタイプの転職サイトを使うのではなく、別タイプの転職サイトを併用することをおすすめします。


転職成功の心構え

転職成功のためには、そもそも「転職を成功させるためのマインドセット」が必要です。

何も考えず、のんべんだらりとした気持ちで転職活動を進めても、良い結果に至るのは難しいです。

しっかりと、転職を成功させるための心構えを紹介します。

「大企業への転職」にこだわらない

「せっかく転職するのだから、ブランド力のある、皆が羨むような企業へ転職したい」

と考える方も多いでしょう。

しかし「企業ブランド」を最優先で転職するのはおすすめできません。

転職で考えるべきは、「その会社で働いて、自分の能力を活かした仕事ができるか」ということです。

「どこでもいいから大企業に転職したい」というのは、何も考えてない思考停止の状態に他なりません。


「誰かのため」に転職しない

転職するのは、他でもない自分自身のためのはず。

自分以外の誰かのために転職するのは、悪い結果を招きます。

「親が言うから」
「友人知人がみんな転職してるから」
「彼女のために転職」

など、人の行動があってからの転職は、転職活動において悪手です。


転職サイトの口コミをしっかりチェックする

転職サイトの使いやすさをしっかり説明してくれているのは、公式サイトの説明ではありません。


一番的確に、転職サイトの強み、使いやすさを説明してくれているのは「転職サイト利用者の口コミ・体験談」です。

「自社の転職サイトはどこに強みがあるのか」

ではなく、

「転職サイトを使ってみて、どこが使いやすかったか」

の観点で、転職サイトを調べてみることが大切です。


次の職場が決まってから退職する

特に若者に言いたいのが、「次の職場が決まってから退職しろ」ということです。

転職活動にはもちろん時間がかかりますが、同時に多くのお金がかかります。

20代の若者ならなおさら、転職活動にかけるお金のリソースがそこまで多くないはず。

転職エージェントを使えば、業務時間外にキャリアコンサルタントと面談して、求人の提案を受けることも可能です。

色んな都合があり、「早く辞めたい」と思う方も多いかもしれません。

しかし、ここはぐっとこらえて、仕事と転職活動の両立をおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、おすすめの転職サイト・転職エージェントをランキング形式で紹介しました。

とはいえ、今回は主に「求人数が多い順」でランキングを決めました。

その人にとって本当に最適な転職サイトは、「相性」で決まるので、ここだけは絶対に外せない!と言い切るのが難しいです。

そのため、転職サイト・転職エージェント利用は基本的に複数利用が基本です。

なんとなく転職したいなーとは思うものの、いざ面接や応募書類のことを考えてみると、転職する理由をどうやって説明しようか迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、実際に転職活動を行なった20代の転職理由ランキングをもとに、転職理由を伝える際の大切なポイントについて説明していきたいと思います。

合わせて、就職活動と転職活動の違いや、実務経験が浅い人でもチャンスのある第二新卒、そして転職以外の方法で自分の不満を解決することについても説明していきます。


20代の転職理由ランキング1位は?

転職する際、他の人はどういった理由で転職しているのか、気になる人も多いと思います。

転職サイトのdodaが転職者のデータ(2016年の4月~9月までの間に転職活動を行なった人のデータ)を調査したところによると、20代の転職理由で一番多いのは「ほかにやりたい仕事がある」という理由で、2位は「給与に不満がある」、3位は「残業が多い / 休日が少ない」という結果になったそうです。

ただ、ランキング上位とはいえ、これらの理由を何も考えずにそのまま伝えてしまうのは、あまりよくないといえます。

それぞれの理由を前向きで説得力のあるものに整理して、自分の言葉で伝える必要があります。


新卒での就職活動と転職活動の違い

初めて転職活動を行う場合は、新卒での就職活動と転職活動との違いについても、把握しておく必要があります。

転職の場合は、ポテンシャルだけではなく仕事で得た経験やスキルも大切

先ほど転職理由の1位の箇所でも簡単に説明しましたが、転職の場合は、新卒での就職活動とは違って、実務経験や仕事で得たスキルも、大切なポイントになります。

もちろん20代の場合は社会人経験も浅いので、そこまでたくさんアピールできるものがないという人も多いと思いますが、自分の志向性だけではなく、仕事を通して得た経験や自分の強みなどを整理して、採用担当者が納得できるように説明する必要があります。

「チームの中での自分の役割」、「直面した困難をどういう方法で乗り越えたか」、「自分なりに工夫していたポイントはどういうところか」など、様々なポイントに沿って仕事を整理していくと、経験やスキルのベースになっている自分の強みが明確になっていくと思います。

ちなみにそういった強みは汎用性も高いので、転職で業界や業種を変える際にも、有効なアピールポイントになります。

第二新卒歓迎の求人を中心に応募するのも一つ

ほとんど実務経験がなかったり、入社して早期に退職してしまった場合は、第二新卒歓迎の求人を中心に応募するのもひとつです。

ただ需要が高いとはいえ、第二新卒での応募者は、新卒での就職活動に一度失敗して、早い段階で会社を辞めてしまった人という風に、シビアに捉えることもできます。

一度失敗してしまった経験を踏まえて、どのように考えて就職活動を行っているのかしっかりと説明できなければ、入社してもまた同じようにすぐ辞めてしまうと判断される可能性が高くなります。


転職するだけが解決策になるとは限らない

現在の状況に不満や不安があるから、転職を検討していると思いますが、転職することだけが、その不満を解決する方法になるとは限りません。

転職にはメリットだけでなく、失敗するリスクもあります。


まとめ

自分はなぜ転職したいと思っているのか、まずは不満の原因や理由について、しっかりと整理することが一番大切です。

そして、そういった不満を解決する方法は、転職だけではないことも知っておくようにしましょう。

転職することにはリスクもありますから、自分の感じている不満に応じて、最適な解決方法を選ぶことが大切です。

30代は、様々な可能性に満ちている年代だと言えます。

だからこそ、自分の人生について立ち止まり考えることもあるハズです。
そんな時に「仕事を辞めたい」と思う人もいるでしょう。

実際に私もそうでした。

当時の私は、将来のことを考えた時にこう思いました。

「私、このままの仕事を続けていて良いのだろうか?」

そう自問自答した際に、当時の仕事を続けた後のことを考えましたが、思い描いた自分像が見えてこないことに気が付きました。

その後、実際に仕事を辞めて転職しましたが、あの選択は正解だったと思っています。

この時の「転職者」としての経験と、人事として面接を行っている「面接官」としての経験から、30代で仕事を辞めることについて、考えていきたいと思います。


30代で仕事を辞めたい人に多い「転職理由」とは?

「仕事を辞めたい」と思う人には、それぞれ理由があります。

また、理由の傾向は、年代ごとに変わるものです。

それでは、30代で仕事を辞めたい人に多い「転職理由」を10個ご紹介します。

将来性のある会社で働きたい
未経験の職種に挑戦したい
給与面で不満がある
残業や休日出勤に不満がある
プライベートの変化
もっと評価してもらえる会社で働きたい
Uターン・Iターンがしたい
安定した雇用形態で働きたい
市場価値を高めたい
専門的な知識・技術を習得したい


若ければ良いというワケではない!20代との転職の違いとポイント

30代で仕事を辞めようと思う人の中には「転職は20代の方が若いから有利だよね」と
マイナス思考になる人もいるかもしれません。

確かに、同じような経歴の20代と30代がいて、未経験の仕事の採用枠があったとすると、20代の方が有利と言えます。

それは、20代の方が新しいことへの吸収率もよく、より若い人の方が染まっていない分、仕事を教えやすいという理由があるからです。

とはいえ、どちらかというと20代の方が有利というだけで、アピールの仕方によっては30代の方が良いと思う面接官もいます。

また、必ずしも若ければよいというワケではなく、経験者を必要としている仕事もあります。

そういった場合には、仕事も人生経験も少ない20代より、経験豊富な30代の方が重宝されることも多くあります。


まとめ

30代は人生の分岐点を迎える人も多いですが、若さもあり経験もあるという年代でもあります。

とはいえ、40代になると転職は厳しくなりますし、20代のように何度もやり直しがきくわけではない微妙な年代です。

仕事を辞めたいと思った人は、まず本当に辞める必要があるかを見極める必要があります。

辞める必要がある場合には、次のステップへ進む為の「成功のポイント」と「仕事の選び方」について考えていきましょう。

人手不足は極まっており、転職者の求人倍率は2.4倍にもなっています。

かつては、転職は30代半ばまでと言われた時代もありましたが、いまでは40代後半でもマッチングさえ取れれば正社員採用も特別なことではなくなっています。

しかし、社会人現役の残り期間が少ない分、20代、30代に比べ40代では転職に失敗すると、リカバーチャンスが少ないのは現実であり、リスクが大きいことは確かです。


上下関係の少ない会社を探してみる

40代は中間管理職世代のため、上下関係のはっきりした企業に中途で転職した場合、上下のどちらからも快く迎えられず失敗する場合があります。

特に新卒主義でキャリア採用実績の少ない会社では、新しい人材を迎えること自体に慣れていないため、職場のメンバーが悪気は無いがどう対応していいかわからず戸惑ってしまい、なかなかなじめない状態が続くことがあります。

個人では企業風土に関するような情報の入手はむずかしいですが、人材紹介会社はそういうジャンルの情報も持っていますので、キャリアアドバイザーに相談すれば、仲間で立ち上げたIT系や物販会社など、上下関係のない会社も見つけてもらうことができます。

転職先の会社風土などの面が気になる場合は、人材紹介会社の情報力を活用して、自分に合った風土・業種を探してみるのもいいと思います。


自信がありすぎても失敗はある

40代になるとこれまでの自分の業績や実力に自信を持ち、さらに年収をアップしようと転職する場合もよくありますが、自信がありすぎても失敗することがあります。

例えば、メンバーの日常業務管理中心のリーダー経験で実績があったことをチームリーダーとしてチームを束ね業績アップに貢献したと過剰なアピールをした結果、課長として転職先に迎えられましたが、マネージメント経験の薄さからメンバーにそっぽを向かれ、居場所が無くなって退職してしまったという失敗談があります。

また、郷に入っては郷に従えと言われるように、たとえ疑問を持っても、転職先の会社や上司のやり方にまずは従うことも大切であり、以前の会社でのやり方のほうが効果的だと主張して孤立してしまったという話もありがちな失敗ケースです。

特に企業規模の大きな会社から小さな会社に転職した場合に起こりやすく、転職には謙虚な気持ちを持つことが大切です。

失敗を恐れずに挑戦するのも重要

40代人手不足は極まっていますが、企業側も40代の転職希望者に求めるものは、それなりに高いものはあります。

しかし、一度きりの人生ですので、もし求めるものがあるなら、チャレンジすることは重要です。

失敗したくないと感じるのは年齢に関係ありませんので、失敗リスクを減らす努力が必要です。

転職に関しては、無料で活用できる人材紹介会社がいくつもあり、親身になって相談に乗ってもらえるキャリアアドバイザーがいます。また、転職情報サイトや企業情報の口コミサイトも簡単に登録して情報を入手できます。

人生の成否を決めると言っても過言ではない40代の転職ですので、充分に時間をかけて事前準備を行い、後悔のない転職活動を進めて成功を勝ち取ってください。



誰しも転職活動に疲れるタイミングはある

誰しも、転職活動に疲れてしまうタイミングは訪れるもの。
リクナビNEXTのアンケートによると、およそ半分のひとが「転職活動に疲れたことがある」と答えています。
どちらかと言えばある、と合わせるとその割合はなんと75%にも及びます。
7割以上の人が、転職活動に疲れたと答えているのですから、いかに転職活動が疲れるものかわかるはずです。
「転職活動で苦労しているのはきっと自分だけだ」なんて思い込みはやめましょう。
転職活動というのは基本的に疲れるもので、転職活動中の人はみな一様に疲れているのです。


転職活動で疲れてるのは思うようにいかないから

転職活動が自分の想定通り成功すれば、転職活動で何もストレスを受けないはずです。

精神がぐったり疲れてしまうほど、転職活動のストレスに追い込まれているとしたらそれは、「思うように転職活動が進んでないから」に他なりません。

転職活動はそもそも困難がつきもの

最初から「きっとうまくいくだろう」なんて甘い認識で転職活動を行っていたとしたら、その認識は甘いです。

転職活動はそもそも、そんなにポンポンうまくことが運ぶものでもありません。

誰でも転職活動を円滑に進められるとしたら、みんなもっとポンポン転職しているはずです。

そもそも転職活動は辛く厳しいもの。

そんな認識を持ち直してください。

焦りから行動があやふやになってない?

「早く転職したい」
「早く転職しないと」

そんな焦りに追い立てられた気持ちで行う転職活動はうまくいきません。

退職してから転職活動している人は特に、「早く転職しないと」という焦りがあるかもしれませんが、転職活動において焦りは禁物です。

昔から「急いては事を仕損じる」と言われています。

成功させたいならなおさら、焦っている気落ちを落ち着けて、転職活動に臨んでください。

転職エージェントに相談しても良いかも

転職活動で疲れてしまうほどストレスを感じているなら、転職活動のプロに相談するべきかもしれません。

相談しやすい転職活動のプロとは、転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントでしょう。

キャリアコンサルタントは今まで多くの求職者の転職活動を助けてきた、いわば本当の「転職活動のエキスパート」です。

転職活動におけるありとあらゆる相談に、適切な答えを返してくれることでしょう。

まとめ

転職活動を行っている人の多くが、その活動中のストレスで「疲れた」という状況に追い込まれてしまっています。

現状を打破するためにも、転職活動がうまくいってない原因を追求して、転職活動を円滑に進められる手立てを見つけてください。