一人親方労災保険とは?

一人親方の労災保険。
正直、どこを見ても難しい言葉ばかり並んでいて
よく分からないですよね。

そんな方のために、こちらで分かりやすく解説していきます!

手続きは3STEP!

一人親方団体から申込

一人親方団体から申込をします。
団体によって、窓口まで行って手続きをするのか、HPからネットで出来るのか様々です。
申し込みの仕方は各団体にお問合せ下さい。

保険料支払い

各団体の案内に沿って保険料を納付して下さい。
保険料は給付基礎日額によって決まるのでどこの団体でも同じ金額です。
会費や入会金は団体によって様々なので各団体へお問い合わせください。

労災保険番号がもらえる

保険料を納付したらいよいよ労災保険番号がもらえます。
団体によって加入者証があったり、証明書がもらえたりと様々。
加入してる証明になるので、証書を貰ったらなくさないようにしましょう。

健康診断が必要なの?

全ての方が受けないといけないわけではありません!
下記の、一部の決まった作業をされている親方さんのみですのでご安心ください。

粉じん作業

金属や石を削るとどうしても舞ってしまう粉じん。
お仕事で溶接をされる方もこの粉じん作業にあたります。

通算で3年以上やっている方はじん肺の健康診断が必要です。

振動工具の使用

固いものを切ったり、広範囲に使ったりと電動のものって使用する機会が多いですよね。

通算で振動の出る工具を1年以上使っている方は振動障害の健康診断が必要になります。

鉛業務

半田ごてなどを使用され何かを接着する方もお仕事によってはありますよね。

通算で鉛を使用する業務を6か月以上される方は鉛中毒の健康診断が必要です。

有機溶剤業務

特に多いのが塗装や防水の作業をされる方。
シンナーなどには有機溶剤が含まれていることがほとんどです。
通算6カ月以上使用されている方は有機溶剤中毒の健康診断が必要です。