名古屋で
少人数の結婚式をする方法

盛大な結婚式も素敵ですが、最近では少人数での挙式を選ぶカップルも少なくありません。ここでは名古屋で少人数の結婚式をしたいときに役立つ情報について解説します。

少人数挙式を選ぶ理由

・早めに挙式をしたい

例えば授かり婚などのようにできるだけ早く結婚式を挙げたい場合、ゲストの人数を絞った少人数での挙式が選ばれています。呼ぶゲストの数が多くなるほど準備期間は長くなりやすく、会場を押さえるにも時間がかかることもあるでしょう。

 

・ゲスト一人ひとりを大切にしたい

親族やごく親しい友人・知人だけを招いた少人数の結婚式であれば、新郎新婦がゲストへのおもてなしをじっくりと考えて準備することができます。また新郎新婦がゲストと同じテーブルを囲めることも、少人数挙式だからこそ叶います。

 

・費用を抑えたい

ゲストが多いほど全体的な費用はかさみやすいですが、規模が小さいほどご祝儀で賄える部分が大きくなると期待できます。その分料理やゲストへのおもてなしに予算を割くカップルが多いでしょう。

少人数結婚式のメリット

・本当に呼びたい人へ声をかけやすい

結婚式と言えば、親族や親しい友人、会社の人などさまざまな人を招きますが、少人数結婚式の場合限られた人だけで挙式するため、本当に呼びたい人に絞ることができます。もし呼ばれなかったとしても少人数挙式だと分かっていれば角が立たないでしょう。

 

・短い準備期間でもお互いを分かり合える

挙式をしないより少人数であっても結婚式を行った方がその準備期間を通してカップルがお互いのことを分かり合うチャンスになります。お付き合いをしていた期間では知りえなかった部分を知り、初めての体験を二人ですることでさらにお互いを知れるのです。

 

・準備を省ける部分もある

一般的な結婚式と披露宴を行おうとすると、例えばひとりひとりに招待状を郵送して返送を待つなど手間のかかる準備があります。しかし少人数結婚式で親族のみ、親しい友人までとした場合、招待状は送らず電話やメールで出欠確認をする方法でも良いでしょう。すると招待状郵送にかかる手間や費用を省けるほか、返答をもらうまでの時間もかからず準備を進めやすくなります。

少人数結婚式を挙げられる場所

・レストラン

レストランは結婚式での料理にこだわりたいカップルに人気があり、豊富なメニューはもちろん店によってはこだわりの食材を使った料理の提供も期待できます。結婚式場と違ってゲストとの距離は近くなるので、アットホームな結婚式をしたいカップルにもおすすめです。リラックスした雰囲気の中で、親族・知人・友人とゆったりした式にしたい場合に適しています。

 

・ホテル

大規模な挙式・披露宴だけではなく少人数結婚式に対応しているホテルも増えおり、例えば個室を貸切って親族の食事会や顔合わせなどを行うことも可能です。それからホテルのメリットにはアクセスが便利なことや宿泊施設があることもあげられ、遠方からの参列者が多いときにも安心して招待できます。

 

・ゲストハウス

ゲストハウスはヨーロッパ邸宅のような一軒家を貸切るタイプで、プライベートな雰囲気を大切にできます。建物内だけでなく庭やプールまでついた海外の豪邸のようなつくりが多く、写真映えのする景色を楽しめることもメリットです。

名古屋で少人数結婚式を挙げた体験談

・レストランウェディング

料理が温かいうちにゲストへ提供され、おいしい状態で召し上がってもらえました。それに披露宴は忙しくて新郎新婦は食事ができないと聞いていましたが、レストランウェディングではゲストと一緒に食事も味わえたのは嬉しかったです。ごく少人数の式にしていたのでゆとりを持って過ごすことができました。

 

・ホテルウェディング

式場のスタッフさんが上手に段取りをしてくれたおかげで、何も心配なくゲストとの時間を過ごせました。ヘアメイクや作ってもらったブーケの色みなどもイメージしていた通りでとても嬉しく、さすがはホテルの対応で安心感が違いました。駅からも比較的近かったので遠方から訪れたゲストもタクシーですぐに来てもらえました。

 

・ゲストハウスウェディング

1日1組限定にひかれて選びましたが面白い演出があり、集まったゲストも楽しんでくれていました。式の直前にサプライズ演出をお願いしましたが快く引き受けてくださり、満足の式になりました。

これから名古屋で少人数の結婚式を挙げようとしている場合、
以下のリンク先でさらに詳しい内容をチェックしてはいかがでしょうか。

まとめ

少人数の結婚式も招くゲストの内容や会場によって雰囲気が違ってくるため、
カップルで十分相談してどこまで招待するか、どの会場で行うかを決めると安心です。
そして名古屋での挙式会場を決める場合は、
見学会などをに出かけていくつかの会場を直接見学しておきましょう。