奇譚短編集

【奇譚(きたん)】
それは、不思議な話
それは、珍しい話

 そんな話を集めた短編集、アマゾンにて発売中

内容細目

「生きていてね」

植物状態の男を見舞う女がいた。彼女は甲斐甲斐しく世話を焼き、最後に一言だけ残して去っていく。
 「生きていてね」

「怠け者の仕事」

天界、恋愛の神に仕える天使が仕事を怠けていた。態度をみかね、降格の危機に陥る。天使は、弓を構えて、一組の男女を結ぶ

「鶴子」

大学生である昇は、肝試しを不謹慎だと言った。それは、幽霊と同居しているからだった。

「俳句とカエル」

下手の横好きともいえる男が、俳句の題材にふさわしい古寺を見つけた。そこで、さびれていくのを見かねた老人と出会い、口論になるも、互いに教えあう仲となる。
 だが、カエルにとってはいい迷惑だった

奇譚短編集 作:冬村兼人