なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

相場より20万円も安く浴室リフォームできました

リラックス空間として大切な浴室をリフォームして、もっと快適にしたいと思いました。

夫も同意してくれたので、浴室リフォームの費用相場を調べたところ、希望するリフォーム内容では50万円くらいかかるという感じでした。

何十年も使えると思うとそんなに高くないとも言えますが、一度に50万円も飛んでいってしまうと、さすがにやりくりが大変な気がして諦めてしまいました

費用がもう少し低ければ良いのにと不満を夫に話したところ、もっと安いところもあるんじゃないかと言われました。

それがきっかけで色々と調べて、タウンライフリフォームという会社の無料一括見積りをしてみました。

そして、良さそうな業者に依頼したら、なんと30万円もかからずに希望の浴室リフォームができました

お風呂・浴室のリフォーム費用の相場と施工事例

バスルームのリフォームは、作業の範囲や内容によって期間や費用が異なります。毎日使うバスルームだからこそ、どのような工事が行われ、どのくらいの費用がかかるのかを事前に把握しておくことが大切です。

在来工法の浴室家の中の一室を防水処理して、浴室として使用しているもの。ハーフユニットバスルーム従来のバスルームとユニットバスを組み合わせたものです。

しかし、ユニットバスを新設する場合、浴室全体で100万円以上かかることもあります。部分的な工事で済むので、劣化した部分だけをリフォームする人が多いです。

しかし、面積や工事の程度、劣化の状態によっては、浴室全体を交換したほうが安く済む場合もあります。

窓は壁に比べて断熱性が低い傾向にありますので、デメリットは我慢しなければなりません。新しい配管システムにかかる費用は、詳細な見積もりを取ることをお勧めします。浴槽部分はリクシルで設計してください。

浴室リフォームを行うメリットと工期の目安

浴室を断熱したり、保温性の高い浴槽を使用することで、ヒートショックのリスクを軽減することができます。気温の低い冬でも、断熱性の高いバスルームは浴室内の温度を一定に保ち、急激な温度変化を防ぐことができます。

また、断熱性の高いお風呂はお湯の温度も低く抑えられるので、お湯を沸かし直す必要もありません。浴室をリフォームすると、寒さを感じなくなるだけでなく、エネルギーコストを削減できるというメリットもあります。

また、浴室に手すりを設置すれば、サポートが必要な人でも入浴しやすくなります。カビは一度できてしまうと、スポンジと浴室用洗剤で洗わないと取れませんが、毎日浴室を洗うのは難しいという方も多いでしょう。

浴槽自体の交換費用は、メーカーや種類、サイズによって異なりますが、FRP製の浴槽であれば10~20万円程度、人工大理石製の浴槽であれば20~30万円程度です。また、在来工法からユニットバスに変更する場合は、構造そのものを変えることになるので、元の浴槽やタイルの撤去・解体費用が必要になります。

大手メーカーのものを選ぶのも一つの方法ですが、機能性や断熱性、コストなど他にも考慮すべき点があります。また、汚れがつきにくい素材の浴槽や、自動洗浄機能がついているもの、掃除がしやすいものなどを選ぶとよいでしょう。

在来工法からユニットバスへのリフォーム費用の相場

より具体的な相場を知っていただくために、建物のタイプ別に価格をまとめてみました。戸建て住宅では、フラットや賃貸物件に比べてバスルームが広くなる傾向があります。

まず、在来工法は昔ながらの浴室の作り方で、レイアウトやリフォーム箇所を自由に決めることができます。また、既存のユニットバスからユニットバスにリフォームする場合、「在来工法→ユニットバス」の工程では、既存のバスルームを解体・処分する費用を削減できます。

これは、ユニットバスの中心価格帯(50万円~150万円)に、浴槽の交換費用(10万円~50万円)を加えることで算出できます。このサービスを利用するには、リフォームを行う工務店と契約した後、住宅改修費支給申請書や住宅改修理由書などの書類を市区町村に提出する必要があります。

シャワー水栓などの細部にこだわりたい場合は、シングルタップやサーモスタット付き混合水栓がおすすめです。

シングルタップは見た目がシンプルで、サーモスタット付き混合水栓は機能性に優れています。ここでは、バスルームの窓の内側と外側の両方に使える目隠しアイテムや、簡単にできるDIYでの目隠し方法を紹介しています。

また、内側に防犯ガラスや2枚目のサッシを使うことで、空き巣の侵入を防ぐことができます。

リフォーム(リノベーション)における減税支援制度

リフォームの総費用を把握するためには、まずリフォーム工事にどれくらいの費用がかかるのかを知る必要があります。リフォーム用のローンには、住宅金融支援機構が提供する公的ローンと、銀行が提供する民間ローンの2種類があります。

耐震化を目的としたリフォームであれば、住宅金融支援機構のリフォームローンを利用することができます。どちらのローンも条件がありますので、詳しくは住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。

元金は、申込者全員が死亡した時点で、相続人が融資を受けた住宅と敷地を処分するか、住宅金融支援機構の借換融資を受けるか、自己資金で一括返済することになっています。

住宅ローン減税 10年間で住宅ローン残高の1%の所得税が控除されます。災害時に活用できる家庭用蓄電システムの導入促進事業 太陽光発電システムを導入している方を対象に、家庭用蓄電システムの導入費用の一部を補助します。

高性能建材を用いた住宅断熱リフォームの支援一定の省エネ効果が期待できる高性能な窓や断熱材を用いて、既存の住宅をリフォームする場合、材料費や工事費の一部が補助されます。

次世代省エネ建材支援事業高性能断熱パネルや調湿建材など、短期間で設置できる付加価値の高い省エネ建材を使ってリフォームする場合、材料費や工事費の一部が補助されます。

支援制度の内容や補助金額は地域によって異なりますので、お住まいの自治体のホームページや「住宅リフォーム支援制度検索サイト」でご確認ください。

お風呂・浴室リフォームの費用を安くする方法とおすすめメーカー

今回は、浴室をリフォームする際の費用相場、費用を安く抑える方法、工事例、リフォームにかかる期間、おすすめのメーカーなど、事前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。工事内容が多いと100万円以上かかることもあるので、予算と相談しながら進めていく必要があります。

断熱構造の浴室を選べば、使い心地が良くなるだけでなく、追い焚きのコストも削減できます。また、古いもの、最新でないもの、在庫のないバスルームを選ぶことでも費用を抑えることができます。

展示会でしか使われていない新品の未使用のバスルームが低価格で販売されていることもありますので、節約したい方はこれらも検討してみてください。同じ大きさのユニットバスを交換するよりも費用がかかるのは、コンクリートの基礎工事が必要だからです。

故障した給湯器を同じメーカーの最新型に交換し、浴室とキッチンのリモコンも一緒に交換した場合の費用は以下の通りです。今回は、同メーカーの給湯器への交換がスムーズに行われました。自分でやる場合は、窓に断熱材を貼ったり、窓の浴室側に透明な仕切りを設置したりします。

マンションの浴室・お風呂リフォームの費用相場

本来の耐久性に加えて、経年劣化にコストをかけずに維持できるので、長い目で見ると非常にコストパフォーマンスの高いお風呂と言えます。人工大理石は、大理石のような質感を持ち、滑らかで光沢がある。鍋やキッチンの容器などに使われ、保水性や保温性に優れています。

多くのマンションでは浴室に窓がないので、バスルームを長持ちさせるためには、使用後に浴室のドアを開けて換気し、水気を拭き取ることが必要です。ひのき風呂を設置したい場合は、別のユニットバスにひのき風呂を設置することを建築業者に相談してみましょう。

コストを重視する場合は、古いモデルやメーカーの在庫を手配できるかどうか、リフォーム会社に聞いてみましょう。在来工法の浴室をユニットバスに変更する場合。"比較して選ぶ "ことが大切です。ホームプロの満足度は90%以上。浴室には大変満足しています。また、床の総合的な価格にも満足しています。