このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

「選択制」
企業型確定拠出年金:無料勉強会

-知ってる経営者が得をする制度ですー

確定拠出年金は法律で制定された制度
「選択制」企業型確定拠出年金(企業型DC)は中小企業にとってメリットの多い制度です。
新しい制度を導入するとそれに対する費用が発生することになりますが、
「選択制」企業型DCの場合は、経費削減分と相殺されて実際の費用負担が生じないケースもあります。
勉強会に参加して制度内容を理解されることをお勧めします。

こんな人におすすめ

  • 経費削減の効果を知りたい
  • しっかりした制度を活用したい
  • 同業他社にない制度を導入したい
  • 将来のために有利な資産形成方法に興味がある
  • 節税をしながら積立ができる制度を知りたい
  • 公的年金+αを準備したい
  • 費用負担のない制度を導入したい
  • 税金と社保の負担のない積立をしたい
  • iDeCoよりもっと有利な制度を活用したい
  • しっかりした制度を活用したい

説明会でお伝えしたいこと

説明会の内容
当協会では2012年から全国の中小企業経営者様向けに企業型確定拠出年金(企業型DC)を案内しております。現在は約250名の協会所属のアドバイザーが全国各地で活躍しておりますが、まだまだ微力な状況にあります。そのため当協会では、1社でも多くの中小企業様に企業型DC案内するために毎月説明会を開催しております。

企業型DCは厚生年金適当事業所でなければ制度導入ができない仕組みですので、中小企業の経営者の方には知っていただきたい制度です。2021年3月での企業型DCの実施企業数は約3.8万社で、全国の企業数が約300万社と言われるますので、全体の1%強の企業しか実施していません。

日本で一番優遇された積立制度と言われる企業型DCの制度を知っていただきたく、この説明会を開催しています。企業経営者の方だけでなく、FP(ファイナンシャルプランナー) や税理士の方など企業との接点のある方たちにも理解してほしい制度です。

企業型DCを導入するためには、運営管理機関に支払う管理費用が掛かりますが、中小企業にお勧めする「選択制の企業型DC」は社会保険料の削減効果が期待できることから実質的な費用負担が発生しないケースもあります。説明会ではこのような点も含めて、この制度をわかりやすく解説します。

中小企業への普及率は1%程度

確定拠出年金は2001年10月に法律が施行されてスタートしています。もう20年ほど経過していますが、中小企業には全くと言っていいほど普及していません。普及率は従業員が1000名以上の大企業では50%以上ですが、従業員が100名未満の中小企業では1%程度といわれています。
なぜ、企業規模によって普及率に大きな差があるのでしょうか?


答えはシンプルです。中小企業に企業型DCを案内する方(FP)が少ないからです。
もし、あなたの近くに企業型DCを案内してくれる方(FP)がいたら、もっと早く有利な制度を活用できたことでしょう。

社長1人からでも加入できる制度です

企業型確定拠出年金というと大企業向けの制度と言われることがありますが、実際には中小企業にとってとてもメリットのある制度です。
金融機関によっては従業員数が100名以上の企業に案内するというような社内規定を定めているところもありますが、当協会では社長1人からでも加入できる制度として案内しています。

月額報酬100万円の社長が毎月5万円の掛金を積立てたらどうなる?

中小企業に案内する「選択制の企業型DC」は、掛金の金額によっては社会保険料の軽減効果があります。社会保険料は労使折半で負担しますから、加入者個人の社会保険料が下がれば企業負担も下がることになります。
よくある質問ですが、「社会保険料が下がるということは、将来受け取る公的年金の受給額も下がるのではないか?」と。いかがでしょうか?
一般的にはその通りですが、月額報酬100万円の社長の場合は将来の公的年金は1円も下がりません。なぜなら厚生年金保険料の上限額は65万円になっているからです。月額報酬100万円を受取っていても、厚生年金保険料の計算上では65万円の報酬額として計算されるためです。

中小企業への普及率は1%程度

確定拠出年金は2001年10月に法律が施行されてスタートしています。もう20年ほど経過していますが、中小企業には全くと言っていいほど普及していません。普及率は従業員が1000名以上の大企業では50%以上ですが、従業員が100名未満の中小企業では1%程度といわれています。
なぜ、企業規模によって普及率に大きな差があるのでしょうか?


答えはシンプルです。中小企業に企業型DCを案内する方(FP)が少ないからです。
もし、あなたの近くに企業型DCを案内してくれる方(FP)がいたら、もっと早く有利な制度を活用できたことでしょう。

説明会の詳細


企業経営者向けの企業型確定拠出年金:無料勉強会

開催日時
2021年 9月18日(土) 10:30~12:00・・・ZoomによるWeb開催
参加費 無料
会場 Zoomによるオンライン開催。
参加対象者 企業経営者の方
お申込み方法 下欄のお申込フォームに記入後に送信してください・・・詳細は参加申込後にメールにて連絡します

参加費 無料

説明会:講師

一般社団法人確定拠出年金推進協会 理事 木下勝己
2012年から福岡県中心に企業型DCを中小企業の経営者向けに案内を続け、多数の導入企業を担当している。また新規の導入手続きのフォローだけでなく、従業員への継続研修にも力を入れており、年に1回の従業員講習も積極的に行っている。

著者:木下勝己(一般社団法人確定拠出年金推進協会 理事)
FP/保険募集人のための確定拠出年金徹底活用講座:確定拠出年金の話をすると保険など他の金融商品の契約につながるの はなぜ?
FP/保険募集人などの保険営業をしている方たちに確定拠出年金についてもっと理解を深めてもらい、 まだこの制度を利用 していない多くの方々に伝えてほしい。そういう思いで書いています。
法律で制定されている確定拠出年金制度ですが、 取り扱っている金融機関の多くでは収益への貢献度が低いために積極的には案内していません。
確定拠出年金は資産形成の方法として非常に優れた制度です。

経営者の声

企業型確定拠出年金 導入年月:2017年11月

業種:広告関係
5年ほど前にセミナーに参加して企業型確定拠出年金という制度を知りました。その時に思ったことは「本当にこのような制度があるのか?」ということでした。
なぜなら、自分は経営者ですので銀行・証券会社・保険会社の担当者がそれぞれついていますが、この企業型DCのことを話してくれた担当者はいなかったからです。セミナー後に取引銀行の担当者に聞いてみましたが、よくわかりませんでしたので、あらためて講師の方に説明してもらい制度を開始しました。
企業型DCを開始して4年ほどになり、この制度の良さがわかってきましたので未加入の従業員にも加入を進めていこうと考えています。
VOICE

説明会のお申込みは、下欄に記入後に送信してください

詳細はお申込み受付後にメールにてご案内します

申し込みフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

一般社団法人確定拠出年金推進協会
 福岡支部
830-0023 福岡県久留米市城南町2-31
TEL 050-3629-1681 / FAX 092-303-8563