膣縮小を希望するなら
名医を選ぼう

もしかしたら膣のサイズが大きいのではないかと悩んでいるなら、膣縮小術がおすすめです。デリケートな部分のため、なかなか相談できない方も多いでしょう。名医がいるクリニックなら、気軽に相談できておすすめです。

膣のトラブルで多いこと

・尿漏れがしやすくなった

出産を経験する女性の多くは、尿漏れを感じています。妊娠中にお腹が大きくなり、骨盤底筋が伸びてしまうため、膣のゆるみが出て尿漏れが起きてしまうのです。体操などで改善する方法はありますが、自己流だと効果が見られないと感じる人も少なくありません。

 

・膣のゆるみを感じやすい

以前までは40代以降の女性に、膣のゆるみの問題がありました。しかし最近では1日中座っている人が増えていることから、20代から膣のゆるみを実感する人も出ています。若いから大丈夫と思っていたら、膣のゆるみを彼に指摘されることもあるため注意しましょう。

 

・膣委縮で痛みを感じやすい

膣委縮とは、膣の乾燥や血流不足により委縮してしまうものです。加齢によりエストロゲンが減少することで起こることが多いのですが、最近は若い女性でも膣委縮を感じる方がいます。若い方は過度なダイエットやストレスなどが原因となっていると考えられています。

膣縮小の施術方法とは?

・外科手術で小さくする方法

膣縮小の施術方法は、外科手術を用います。クリニックによっても異なりますが、膣の入り口や中側も小さくする施術が多いようです。膣のゆるみが出ている場合は、入り口だけの手術では改善が見込めません。内側までしっかり対応できるクリニックを選びましょう。

 

・1時間程度の手術

外科手術と聞くと怖いと感じる方もいるかもしれません。膣縮小術は、1時間程度で終わります。麻酔の方法も局所麻酔から、硬膜外麻酔など種類があります。医師とよく相談しながら、施術方法を決めていきましょう。回復は比較的早く、次の日から家事や仕事ができます。

 

・溶ける糸を使用する

膣縮小の施術方法では、溶ける糸を使うため、抜糸の必要がありません。縫い合わせた部分は自然と溶けてなくなり、抜糸のために来院しなくても大丈夫です。気になる傷跡ですが、多少残る程度です。患部が腫れることは少なくなっています。

 

手術を受けた後に注意したいこと

・シャワーは3日後から

手術を受けてからすぐに入浴はできません。シャワーは3日後から可能となるため、その間の体のケアを考えておきましょう。汗をかくことが少ない時期に手術を受けると、入浴できなくても汗でベタベタしにくいです。ウォシュレットの使用はその日から可能で、ビデも使えるため患部を清潔に保ちましょう。

 

・性交は1ヶ月後から

膣縮小の施術を受けた後は、1ヶ月~2ヶ月の間性交が禁止です。患部は糸で縫い合わせているため、性交により広げてしまわないようにしましょう。完全に傷口が治るまでは、雑菌が付く恐れがある行為は避けなければなりません。

 

・手術費用は高額になる

膣縮小の手術は、20万円~100万円と費用に幅があります。どうしても費用は高額になりやすいため、安く仕上げたい方は費用がデメリットになるでしょう。術式によっても費用が変わることから、費用と効果で比較することをおすすめします。

膣のゆるみでおこる問題

・入浴中に水が入り込む

膣にゆるみが出ていると、入浴やプールなどで水が入り込みます。お風呂やプールからあがると、膣から水があふれ出てしまうため、悩んでいる方も少なくありません。毎回水を気にしなければならず、公共のお風呂やプールが使えないという方もいるでしょう。

 

・パートナーの満足度が低い

膣のゆるみは本人のみの悩みにとどまらず、パートナーにも影響します。ゆるみがあるとパートナーの満足度が低くなり、関係性が壊れてしまう問題もあるでしょう。努力次第で改善できるものではないため、膣縮小の手術に踏み切る方もいます。

 

・下着が汚れやすい

膣にゆるみがあると、おりもので下着が汚れやすい傾向にあります。いつもおりものシートを付けなければならず、ニオイやかぶれなどの問題も出やすいでしょう。若い頃はあまり気にならなかった人でも、年齢とともに下着が汚れやすい方は注意が必要です。

東京の膣縮小クリニックの選び方

・相談しやすい女性医師がいる

膣のトラブルは、男性医師だと相談しにくい方も多いでしょう。女性医師が在籍するクリニックなら、デリケートな悩みも相談しやすいメリットがあります。同性の医師は女性ならではの悩みも共感しやすい特徴もあります。

 

・医師の実績が高い

膣縮小の施術は見た目や感覚に頼る内容のため、医師の経験を比較しましょう。経験が浅い医師しかいないクリニックでは、満足できない結果となる恐れがあります。比較する場合は医師の執刀数などをチェックしてみてください。

 

・適切な価格である

膣縮小で金額が高いところでは100万円程度の金額がかかります。安ければいいわけではありませんが、明朗会計であるかは確認しましょう。公式のホームページに金額が記載されており、諸費用なども明確になっているクリニックだと安心です。

膣縮小の名医がいるクリニックの情報は、下記リンクからご覧ください。

まとめ

女性しかわからない膣のトラブルは、クリニックで相談してみましょう。
女性医師がいるクリニックなら、相談だけでもしやすいのではないでしょうか。
膣の大きさで悩んでいるなら、膣縮小も検討してみてください。