「スポーツを仕事にして生計を立てたい」
そんなあなたを応援します。

好きなスポーツだけで食べていくための方法
ご登録は今すぐ下記から

メルマガ登録特典

テンプレート付き!
売れるチラシの作り方レポート(PDF)

「和田さん、今回もスポーツイベントの参加者が満員じゃないですか!やりましたね!」


ディレクターとしていつもこの言葉にやりがいを感じていました。


僕は過去に広告代理店の仕事をしていて、地元メディア、大学、スポンサーと連携した、幼児・小学生を対象としたスポーツ体験イベントを定期的に開催していました。


リピート参加してくれる子どもと保護者もいたりして、イベントは毎回大盛況。


会場のショッピングモールの広報担当者や、イベントに参加してくれるスポンサー企業からも


「ぜひ次回も一緒にやりましょう!」


そんな言葉をいただいたりして、イベントの集客力には満足してくれている実感を持っていました。



僕はそこでの実積を評価されて、子ども向けのスポーツ教室事業(主にサッカーや、ダンス、体操)や学習塾を全国的に展開し、30年以上の実積のある上場企業から声を掛けてもらうことに。


そして、その会社の広報に配属されたのです。カッコつけて言うとヘッドハンティングというやつだろうか笑


正直その会社は競合他社の相次ぐ出現によって、特にスポーツ教室事業はかなりのシェアをとられてしまっていました。


それでも当時の僕は、自分の今までの経験があればその会社の業績さえも立て直して見せるくらいの気持ちを持って転職することを決意しました
待っていたのは地獄でした・・・
僕は早速スポーツ教室の集客に乗り出しました。しかし、いきなりとんでもない実態を知ることに・・・


(僕)「集客に使える広告予算はいくらですか?」と会社の上司に聞いてみました。すると驚くべき回答が返ってきます。


(上司)「広告予算?そんなのあるわけないだろう。頑張ってポスティングチラシを撒いてこい!」


なんと、集客=根性でポスティングチラシ


これだけだったのです・・・


これだけネットも発達して情報媒体も多種多様になっているなかで、まさかのポスティングチラシのみ・・・


(※誤解のないように伝えておくと、もちろんポスティングチラシも集客手段として正しいノウハウを持って実践すれば有効な手段の1つです。)


その会社がなぜ競合他社にそれだけシェアをとられてしまったかすぐに気づいてしまいまいした。それでも一旦はその上司が言う通りに会社の方針に従って動いてみることにしました。


その際、上司からミッションとして1か月でポスティングチラシを3万枚撒くように告げられました。配布エリアにもよりますが、1日かけて300枚から多くて500枚程度が撒けるくらいです。これを毎日となると、体力的にも精神的にもかなり辛い・・・


「何のためにこの会社に来たのだろうか・・・」


そんな不満を抱えながらも、休日返上、夜間・早朝時間も使い、チラシ3万枚を全てポスティングします。


「これだけ頑張ったのだから体験会の申し込み者も集まっているだろう!」という根拠のない自信に満ち溢れていました。


すると・・・「体験会申し込み者は3名」


僕はその結果を聞いたときゾッとしました。一瞬何が起こったのかさえ分かりませんでした。


それだけでは済まず・・・そのサッカー教室の体験会に参加した子どもの保護者から


「このサッカー教室って大丈夫ですか?」という心配する声が上がるほど・・・


体験会も閑散としたもので目も当てられませんでした。


その後、その上司に結果を報告するとさらに驚くべき言葉が返ってきます。


(上司)「3万枚で申し込みが少ないんだったら・・・ポスティングスタッフをアルバイトで雇って人を増やそう」


僕はさすがに我慢なりませんでした。


(僕)「あの‥チラシの内容も見直したり、他の集客方法も考えてみませんか。ポスティング以外にもやらないといけない仕事がありますし。」


しかし、その上司の考えは変わりませんでした。極めつけは、ポスティングする過酷さに耐えられないのは、根性がないだとか、昔はもっと夜遅くまでチラシを撒いていたと、怒られることも。


その後は、結局申し込み者数は若干増えるものの、かける時間と費用を考えると全く成果は得られませんでした。結局、即アルバイトスタッフも解散に。


そんなことを繰り返す日々がしばらく続き僕は精神的に病んできました。仕事以外の時間、家族と過ごす時間でさえも、集客の悩みが頭をよぎって何をしてても楽しめない自分になってしまっていました。


集客の仕方は明らかに間違っている。でも、何を、どのようにすれば、集客で結果が出るのか?これを明らかにして会社を説得しなければいけない。


しかし、僕には説得するほどの自信がありませんでした・・・


なぜなら、説得した集客方法で結果を出せなかったら、チラシのみを闇雲に撒く地獄に戻り、二度とそこから抜け出せなくなる不安もあったからです。


そんな中、僕より先に入社していた5名のサッカー教室のコーチたちが、全員退社していきました。


退社の理由は、サッカー教室のお客さんと向き合う時間がどんどんなくなってしまったからでした。


なぜなら彼らは、指導の時間以外にチラシを撒いて、集客で結果が出ないと更に夜遅くまでチラシを撒くように指示されていたからです。


当然、保護者へフォローの連絡が疎かになったり、サッカーの指導内容を考える時間は削られていき、現場の仕事に集中できなくなっていました。


すると、お客さんの退会者が続出するという負のサイクルが起こり、もう収集が付きませんでした・・・



マーケティングに出会い一筋の光が差した。
そんな現実から抜け出したくて、結果の出る正しい集客方法を教えてくれる人はいないだろうかと思い、僕は調べ続けました。そしてあるコンサルタントの方と出会います。


これが僕の人生の大きな分岐点となっていきます。その人は今まで2,000名以上のクライアントに対してスポーツビジネスで成功する為の実践的な集客方法をアドバイスしてきた方です。その集客方法というのが、マーケティングでした。


マーケティングを学んでいくうちに、今まで集客で悩み続けてきた原因が1つ1つ明らかになっていきました。


そして、集客が出来ないには原因があったことと、結果の出る正しい集客の方法が存在することに僕は安心しました。まさに暗く長いトンネルに一筋の光が差したように思えたのを今で鮮明に覚えています。


売れるチラシを1枚作るのだって1つ1つ正しいつくり方が存在するということ。


お客さんが商品を知ってから購入するまでのプロセスを理解して、集客を仕組化みにする方法など


多くの実践できる集客ノウハウを学びました。しかもこれらは全てあなたにもシンプルに実践できる再現性のあるノウハウです。


このマーケティングを自分で実践することができれば、自分のやりたいことを形にできる。


考え方を変えて、自分でスポーツで生計を立てる場所を創ることも出来るという自信が付きました。


自分のやりたいこと、それは自分が手掛けていたスポーツイベントをもう一度再開させること。


そして新たに、総合型地域スポーツクラブで起業し、イベントに参加した子どもが継続的にスポーツをできる教室を創り、それらの事業での収入で生計を立てていくこと。


そして僕は脱サラして自分の想いを実現するために、イベントを再開させ、スポーツクラブの代表として起業しました。


実際に、このマーケティングスキルを活かした集客を行うことで、スポーツイベントは3回連続で2倍超の集客結果を叩き出すことが出来ました。


僕がテコ入れしたのは、「参加者との接触頻度を増やす」ただそれだけでした。(これもマーケティングノウハウの一つ)


イベントの参加者をスポーツ教室に送客することもでき、徐々に集客も伸びつつあります。こうして結果を継続して出すことでそれなりの収入を得ることができました。


ありがたいことに行政のスポーツ振興を担当する部署に声を掛けてもらい、協同してイベントを実施することが可能になったり


他のスポーツ教室からもぜひイベントに参加して一緒に盛り上げたいと声を掛けてもらえるようになりました。


今ではそうして関わっているスポーツ教室の集客や売り上げの悩みを解決するコンサルタントとしても活動しています。


かつて僕が経験してきた同じ問題で悩んでいる経営者の課題を解決することに、とてもやりがいを感じています。


これも全て自分のビジネスに「マーケティング」を取り入れ、そして実践したからこそ得られた結果だと思います。

「スポーツを仕事にして生計を立てたい」
次はあなたの番です。
このような経験があるからこそ、僕はあなたに向けてこのメッセージを書いています。


もっとスポーツで食べていきたいという夢を実現する人が増えてほしい。


そして、その想いを実現するためのノウハウを学んで一歩を踏み出せる自信を持って欲しい。


そして、あなたがスポーツで関わるたくさんの人たちを笑顔にして欲しい。


このメルマガに登録することで、あなたは集客の仕組みを理解して、あなたの持つスポーツのスキルや経験を売れる商品(サービス)に変えることができます。


そして実践することで、自信を持って好きなスポーツで食べていくための大きな一歩を踏み出すことができるようになります。


なので、もしも


好きなスポーツで食べていきたいけれど一歩が踏み出せない」


「これからスポーツの経験を活かす仕事に転身して人を笑顔にしたい」


「人生一度きり。自分のやりたいことを実現する人生を築きたい」


そう思うのならきっとお役に立てると思います。


僕は全ての人が自分のやりたいことだけで食べていこうとすることが、正しいとも思いません。


それでも今回僕の経験をあなたにお伝えしたのは、自分の夢を実現する「手段」は存在するということをあなたに知ってもらいたかったからです。


そしてそれがあなたの行動するきっかけになると思ったからです。



好きなスポーツだけで食べていくための方法
ご登録は今すぐ下記から

今回お話ししたことがきっかけで、あなたと一緒にスポーツで実現したい夢について語り合える日を楽しみにしています。


次はあなたの番です!


                        スポーツコンサルタント 和田ユウスケ

プロフィール

和田 ユウスケ

スポーツコンサルタント
サンライズスポーツクラブ代表理事

愛媛県で幼児・小学生対象のスポーツイベント「わくわくキッズ愛媛」のディレクション業務を手掛ける。民・官・学が協同で継続的にスポーツ体験や体力向上を啓発できるイベントを実現させ、参加者数延べ約9000名を達成させる。2020年に総合型地域スポーツクラブを立ち上げ代表理事を務める。

現在はスポーツを仕事にして生計を立てていきたい人に向けて、マーケティングノウハウを夢を実現するための手段としてコンサルティングを行う。

※ 登録後、すぐに登録完了メールが配信されます。もしもメールが届いてない場合、迷惑メールに振分けられている可能性がありますのでご確認下さい。※コンテンツと共に解説メールマガジンもお届けしますが、いつでも解除できます。解除は毎回送信されるメールの中にリンクを設けてあります。、

 

※ご登録頂いた情報は弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理致します。※プライバシー保護のため、SSL暗号化通信に対応したフォームです。入力されたデータは暗号化が施されて安全に送信されます。