東京で人間ドックに
おすすめのクリニックはどこ?

病気の早期発見のためにも、人間ドックは推奨されています。しかし、大多数の人が受けているとは言いづらい状況です。今回は人間ドックを受けるメリットや、東京でおすすめのクリニックについて紹介していきましょう。

人間ドックを受けるメリットについて

こちらでは、人間ドックを受けるメリットについて見ていきましょう。どんなメリットがあるのかを知って、前向きに検討してみてください。

 ・病気を未然に防ぐ

人間ドックは病気を未然に防ぐために受けるものです。病気の中には症状などがほとんどでないものもあります。初期症状が出ないせいで対応が遅れたというケースもあるので、人間ドックを受けることで身体の異変をいち早く察知できるのです。

 ・病気の早期治療

人間ドックで病気を発見できた場合、早期治療に取りかかることができます。早期治療をすることで、完治の可能性をアップさせる期待もされているのです。

 ・がんの転移なども対処可能

人間ドックで発見される病気のひとつに「がん」があります。がんは他の部位に転移するなど、非常に厄介な性質を持っています。早期発見や早期治療をすることで転移がんに進行する前に対処することも可能です。

人間ドックを受けるデメリットについて

基本的にメリットばかりですが、人間ドックにはいくつかのデメリットがあります。こちらでは、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・見逃しの可能性もある

人間ドックと言っても100%病気を発見できるわけではありません。わかりづらいものなどは、人間ドックを受けても見逃す可能性があるのです。そのため、人間ドックで問題なかったから「絶対に大丈夫」というわけではないことも覚えておきましょう。

 ・擬陽性の可能性もある

検査を受けて「陽性」と出たとしても、再検査で陰性になることもあります。がんの陽性反応が出るだけでも心理的なショックは大きいですが、はっきりとしたことが分かるまでその心理的な重圧が続く場合があります。

 ・費用がかかる

人間ドックはクリニックによってプランなどが異なるため、費用も大きく変わります。本格的な人間ドックの場合は費用も時間もかかってしまうので、デメリットになってしまいます。

人間ドッククリニックの選び方とは?

基本的に比較的大きな病院であれば人間ドックは対応している傾向があります。しかし、どのクリニックでもいいわけではありません。こちらでは、人間ドッククリニックの選び方について見ていきましょう。

 ・必要な検査が含まれているか

人によって重視したい検査内容は異なります。喫煙者であれば肺がん検査、胃腸が弱い人は胃がん検査などさまざまです。人間ドックだからここにしよう、ではなくどんな検査内容があるのかをしっかりチェックしましょう。

 ・保健指導があるか

検査結果によっては生活習慣の見直しが必要となります。その際に、保健指導や生活のアドバイスなどをしてくれるかにも注目してみましょう。検査結果だけが分かっても、対応方法が分からなければ意味がないからです。

 ・健診結果の説明があるか

人間ドックを受けた後に医師からの検針結果の説明があるかにも注目しましょう。どの部分が悪いのか、問題ないのかしっかり医師の口から聞くことで安心にも繋がるからです。

東京でおすすめの人間ドッククリニック

東京にはさまざまな病院があり、各病院やクリニックで人間ドックが行われています。こちらでは、どんなクリニックがおすすめされているのかを見ていきましょう。

 ・東京人間ドッククリニック

人間ドック専門クリニックなので、的確で効率の良い検査が可能となっています。しっかり検査をしたい人におすすめです。さまざまな検査プランがあるので、その人に合わせた検査を行えるのも特徴のひとつです。

 ・Kクリニック山王

生活習慣病など一般的な検査項目だけではなく、乳がん検診、前立せんがん検診などがあります。短時間で終えることができるので、時間の都合をつけにくい人におすしめです。2時間半の人間ドックで税別39,000円で受診できます。

 ・東京メディカルクリニック

全16種類の豊富なプランがあるクリニックです。スタンダードプランは33,000円からというリーズナブルさに人気があります。高水準の検査内容であり、しっかりと身体のことを知りたい人におすすめです。

東京で人間ドックを受けられるおすすめクリニックについて
知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

人間ドックと言ってもクリニックによって検査内容は異なります。
しっかりと比較検討をしないと、自分が求めている検査内容が含まれていないこともあるので
気をつけましょう。
人間ドックは40代からで大丈夫と言われていましたが、若年層の病気も増えているので
なるべく若い世代から受ける習慣をつけておくようにしましょう。