実録!国家公務員(陸上自衛官)でありながら、顔出し無し&スマホ一つで月収50万円以上の副業収入を得た方法を完全公開!?

こんなお悩みありませんか?

将来に不安がある
副業してみたい
もっとお金がほしい
結婚したい
自由に旅行に行きたい
美味しいもの食べたい

国家公務員(陸上自衛官)から自由になるまでの軌跡

はじめまして。ミツタカ(仮称)と申します。
ボクは平成元年、3人兄弟の長男に生まれました。
父は普通のヒラ会社員、母は専業主婦という家庭で育ちました。

弟は今、パチンコ店の社員、妹は郵便局の事務員をしています。


しかし、なぜかボクだけ何が起きたのか、
防衛大学校に入学し、4年間(正確には1年生の間)地獄のような学生生活を耐え抜き、政治家に続く国家公務員最高峰である『陸上自衛官』になりました。
いわゆる「超安定」「国家公務員」「エリート幹部」という肩書きを手にしていました。


しかし、ボクの個人的な意見にはなりますが、

・想像していた以上の雑務
・フォントが違う、改行がおかしい、とりあえずやり直し といった資源の無駄使いとしか思えない書類作成
・頑張っても、頑張っても絶対に上がらない給料

などなど

ボクが公務員に対して持っていた希望が「ガラガラ」と音を立てて崩れていきました。


※これは、ボクに起きたほんの一面であり、陸上自衛官は、やり甲斐のある大切な仕事であることに違いないと思っています。ただ、ボクには合わなかったということです。


公務員になった不純な動機・・・

もともと、ボクが防衛大学校に入った理由は、
「学費免除」「給料がもらえる」「実家から離れられる」もありますが、
「日本で唯一スカイダイビング部がある!!!」←一番大事(笑)
というかなり不純な動機からです。


空に興味を持っていたボクは、パイロットを目指しました。しかし、視力が悪かったためパイロットになるのは難しかったのです。そんななか、大学の資料で見つけたのがスカイダイビング部。

空を!風を!体で直に感じることができるスポーツ。
殆どの人が一生やらない珍しい体験!

しかも、学費免除で給料までもらえるなんて????!

(卒業時に自衛隊以外の道も選べるし、最悪、国家公務員になれるからオッケー♪)

などと考えて防衛大学校に入校しました。


ちょうど今、週刊少年サンデーに「あおざくら防衛大学校物語」というものが連載していますが、まさに漫画の通り!!!いや、漫画以上の事もあったりの生活でした。


朝06:00に起床して、分刻みのスケジュール、外出は土日のみの完全寮生活。


今思い出せば、いい思い出ですが、当時は必死に毎日生活していたと思います。


本サイトは、TVや雑誌、インターネット上のメジャーなサイトでは、まずもって取り上げられることのないナマナマしい陸上自衛官の訓練の実態をクビ覚悟(もう辞めてますw)&訴訟スレスレの内容で、完全暴露してお届けしたいと思います。




自衛隊幹部だった時のボクは、自衛官としてはあまりいい人間ではなかったと思います。

もちろん、仕事は真面目にやっていました・・・。


しかし、
はじめの方に書いたような理由(無駄な雑務や頑張っても上がらない給料など)や
定年退職まで考えた時の不安な未来や
「安定」という言葉に縛られた不自由さ


これらがボクの中で恐怖感と危機感に苛(さいな)まれはじめ、他の公務員には受け入れてもらえないこの感覚がストレスでたまりませんでした。

生涯にかかるお金...計算したことありますか?

「生涯 費用」

で検索していただければ、たくさんのサイトが出てきます。


=====

ここで単純に一生の支出をざっくり計算してみると。 約2億7,375万円!

大学を卒業して会社に入社した場合の22歳から年金暮らしを送る85歳までの生涯の支出を計算してみました。



・家族の生活費⇒年間:約500万円×38年=1億9,000万円(22~60歳)

・老後の生活費⇒年間:約335万円×25年=8,375万円(60~85歳)

・合計⇒約2億7,375万円 (物価上昇・金融資産の運用利率は加味せずあくまでも概算になります)



まずは通常どれくらいの生活費が必要なのかを調べるために、総務省統計局の調査をチェックすると、「2人以上で勤労者がいる世帯」1世帯あたり1ヶ月の消費支出は、平均29万6,512円となっています。


※お金の救急車を参照


=====

国家公務員は本当に“安定”しているのか?

では、生涯に得る年収はいくらになるのでしょうか?


次は「生涯 年収」で検索してみましょう。


====

すると、公務員の生涯年収に関するデータはないのですが、
「年収ガイドさん」の平成26年の地方公務員の平均年収670万円を元にすると以下のようになります。

男性
高卒(38年) 2億5460万円
短大卒(40年) 2億6800万円
大卒(42年) 2億8140万円


大卒公務員の生涯年収は2億8千万円は、大卒サラリーマン男性と同等の額になります
。ただ、公務員でも転職する人は多く、転職した場合は生涯年収は下がるでしょう。

公務員は安定した職業で不景気の時代はとても人気があります。給料は歩合や能力給がありませんが、サラリーマンのように会社の業績に左右されませんので、基本的には毎年少しずつ増えていきます。(公務員の給与が下がることもあります)


※はじめて個人年金保険を参照

====

ただし、この生涯年収も「年収」であって「手取り金額」ではないので、実際の感覚ではもっと低くなってしまします。



実際に、自衛隊幹部時代も陸曹長として自衛隊でバリバリ活躍していた方が、
定年後に警備員や工場に第二の職を探している姿を見てきました。


特に、公務員というのは一般社会と少しずれた感覚でいる人が多いので、
仕事・ビジネスというものがよくわからないまま定年を迎えるので、その後がかなり大変だということもあります。

このように少し計算しただけで、ボクは「何かしなきゃな・・・」と思ったりするのですが、
周りの同期は「超安定」「国家公務員」「エリート幹部」という言葉で生活していた人が多かったです。



そのため、(法律で禁止されているということも有りますが)、「副業」とか「投資」イコール「悪・怪しい」という雰囲気になってしまい、変な目で見られてしまう環境でした。


でも、中にはボクやあなたのように隠れて準備をしたり、勉強したり、実践している方もいらっしゃいます。


ここからは、ボクが実践したことを一つ一つ書いていきたいと思います。

国家公務員しながら実践した副業一覧

保険を活用した貯蓄
保険は何かあったときにお金をもらうだけのものではありません。
金融商品として、年利3%などでお金を増やしてくれる積立型の貯蓄でもあります。
また、積み立てたお金はイザという時に解約ぜずに、低金利で借りることもできます。

詳しくは、近くの保険屋さんに相談してみてください。

また、海外の保険の利回りが日本とは比較にならないので、実際に香港に行ってHSBCの口座を作って積立てをしたりしています。
ワンルームマンション投資
(違うタイプもありますが)約2000万円くらいのワンルームマンションを初期費用無しで借り入れをして購入。空室保証を1年とか付けながら、黒字ならそのままOK、赤字でも確定申告で税金を還付させる手法。

たくさんの会社の説明を聞いてきましたが、これから少子高齢化・都市集中していく世の中になっていくので、始めは良くても10年後のことが不明確なのでボクは投資はしませんでした。(あくまで個人的な見解です。)
少人数私募債
一口100万円出資したら、月利3%出します!といったいわゆる「怪しい投資話」
世の中、年利12%が平均と言われているので、「投資」では無く「投機≒ギャンブル」として何口か実施しました。
1年以上運用されているものもあれば、半年で支払いがなくなり、一緒に出資した人たちと訴訟を起こしたものもあります。
お金に余裕があったら、ギャンブルの一つとして、無くなっても仕方がないと思ってやる必要があるかと思います。
海外不動産投資
プレビルド(これから建設する予定のマンション)の1部屋を購入して、出来上がったときに転売する。
実際に購入して、月々支払をしました。為替の影響をもろに受けるので、大変でした。
ボクはうまく売り逃げて1年半で25%の利益を出しましたが、売れずに毎月10万円以上の支払いをしている人もいます。
転売輸出入ビジネス
アマゾンFBAやバイマ・eBayを利用して、最初は持っていた不用品を売るところから始めて、古本・DVD、おもちゃ→独自商品と手を広げていきました。
しかし、利益商品を探しに休日の朝から夜までいろんなデパートや電気屋さん、本屋さんを回ったり、
売れるまでに1年以上かかったり、出品するまで自宅に置くスペースが必要だったりと
手間と時間を考えると無在庫で独自商品を見つけられるまでやる気を維持できるかどうかが大変です。

一人暮らしならまだいいですが、家族がいる場合は、子供が買ってきた商品を壊してしまったり、奥さんの理解を得られなかったりと苦労していらっしゃる方もいました。
ネットワークビジネス
物販系MLMとビジョン系MLMがあります。
どちらも公務員とは相性は良くないです!なぜなら、あなたの周りには公務員しかいないからです!
そして、奥様ネットワークに広がれば、あっという間に職場にバレることになります。
実際にボクもMLMバレを経験し、その時は始末書だけで済みましたが、最悪は法律違反で懲戒処分もありえます。
仮想通貨投資
最近の流行りです。ボクの周りにも仮想通貨の投資、トレードで稼いでいる人も実際にいらっしゃいます。
しかし、種類も多く、殆どが実際には価値が上がらずに終わるものも多いです。
投機の一つとして、一つの仮想通貨に多額の資金をつぎ込むよりは、余裕資金の範囲でたくさんの種類に少額ずつ出資するほうが良いと思います。
アフィリエイト
顔出し不要でパソコンが有ればできます。しかし、月5万円以上稼ぐ人は殆どいないと言われるほど、根気が必要になります。
アフィリエイトには、メルマガアフィリ、ブログアフィリ、サイトアフィリなどいろいろ種類があり、あなたの感覚に合うものが見つかれば、財産としてほったらかしでも収入を得る手段の一つになりえると思います。
FX・株
デイトレ、長期トレードなどビジネスの仕方は色々あります。FX・株はまだ公務員の中でもセーフな部類があり、やっている人も多いです。
ブックメーカー
オンラインカジノの一種です。

アービトラージという手法を活用して、複数のサイトから試合の勝敗に投資。
利ざやを稼いでいくものです。

オンラインカジノは海外のサーバーを利用しているので、日本人がするのもOK
海外不動産投資
プレビルド(これから建設する予定のマンション)の1部屋を購入して、出来上がったときに転売する。
実際に購入して、月々支払をしました。為替の影響をもろに受けるので、大変でした。
ボクはうまく売り逃げて1年半で25%の利益を出しましたが、売れずに毎月10万円以上の支払いをしている人もいます。

退職できた最強手法!!!

上記以外にもたくさんの手法があります。
ボクは、たくさんのものに挑戦して、月に30万円以上稼いだり、
100万円を一瞬でなくしたり色々と痛い目見ながら実践してきました。




それでは、いよいよ本題に移っていきます。


上記の手法を色々と実践してきた結果、
退職するまでこぎつけた手法です



心の準備はいいですか?









それではいきますよ・・・









ネットMLM


です!!!



もう一度言います!








「 ネットMLM 」




です!!!



「?????
何を言っているんだ?ミツタカ!」




はい。わかります。
おっしゃりたいことはわかります。

一つ一つボクの考えをお伝えさせていただきます。




まず!大前提として、国家公務員であるあなたが気をつけなければならないことは、


「職場バレ」


です。


副業で完全に生活できるまで稼いでいれば、問題ないかもしれませんが、
志半ばでバレると悲惨です。


最悪、懲戒処分。
始末書、左遷、減給など都合の悪いことでいっぱいです。


そのため、職場にバレることは絶対にしてはいけません!



なので、対策として考える必要があるのは、


・顔出し不要であること
・収入が銀行に直接振り込まれないようにすること
・(できれば、親・兄弟・家族の名義を借りて実施できるもの)


です。


顔出し不要の点で言えば、
ネットビジネス・FX、株トレードなどインターネットを使うものになってきます。


収入が銀行に直接振り込まれないという点で言えば、
流行りの仮想通貨(ビットコインなど)やネット上のウォレットに送金したり、プリペイドカードに貯めることができるものになってきます。


名義を借りると言うのは、予防策です。
最悪バレたとしても、手伝いをしているという苦しい言い訳が立ちます。




次に「時間」のレバレッジです。


時間は24時間、全員一緒です。
国家公務員として働いているあなたの場合、9時~18時、遅い人で21時過ぎまでは動くことができないと思います。

そうすると、仕事終わり~夜26時くらい。もしくは朝の時間や休日を活用する必要が出てきます。

当たり前の話ですが、どんなことをするにしても、始めは時間と労力を使います。
将来的な自由のために、「今」の優先順位を変えて行動しなければ、未来は変わりません。


とは言っても、労働型の収入では頭打ちになってしまします。

そのため、今の時代、インターネットを活用することが必要になってきます。
これにはアフィリエイトや転売ビジネス、投資運用が当てはまります。


しかし、あまり複雑なものですと、専門用語が多くなり、投げ出したくなってしまうため、
誰でも一定水準まで成果が出るものにする必要があります。

※「誰でもできるもの」=「簡単なもの」では全く無いので勘違いしないようにしてください。



そして、「人」のレバレッジです。
何事も一人でできることは限られています。

個人事業主ではできないことをするために、会社を作り、組織としてより大きなことをしていく。
とても大切なことです。


人のレバレッジを活かすものとしては、MLM=マルチレベルマーケティングが当てはまります。

よく公務員の方は、MLM=マルチ商法=ねずみ講という図式を思い浮かべる人がいますが、
時代遅れです!
詳しくは書きませんが、歴史あるマーケティング手法ですし、書籍もたくさんあります。
怪しいと思うのであれば、近くの書店に行ってみてください。


ただ、日本であまり良いイメージが無いのは、
仕組みを良く理解せずにリクルート活動をして、品のない勧誘をしている人がいるのが原因です。


MLMはリクルートした仲間を稼がせることで、自分もより大きな収入を得ることができる「他馬力」のビジネスモデルになります。



国家公務員であるあなたが副業で収入を得て、退職するもしないも自由に選べるようになるには、


・「職場バレ」しないこと
・「時間」のレバレッジがかけられること
・「人」のレバレッジがかけられること


この3つの要素をすべて満たしている必要があります。



そして、ボクがお伝えしたい「ネットMLM」はこの3つの要素をすべて満たしているのです!!!



公務員が副業するための3ヶ条

    • 「職場バレ」を絶対にしないこと
    • 「時間」のレバレッジを使うこと
    • 「人」のレバレッジが期待できること

詳しい内容は動画で!

ボクはこの情報を、サイトアフィリエイトで月収200万円以上稼ぎ、社員を雇用しながらビジネスされているマサヒロさんからお伺いし、さらにその発信元である「旅するカフカ」こと高井翔さんの無料コンサルで直接質問をぶつけて、疑問や不安な点・公務員の抜け道・再現性(誰でも一定水準の成果が出せるのか)などを解消してから実施しています。



そして、登録から1ヶ月でMLMのタイトルを達成です。
それも完全に顔出し無し&ネット上の新しく作った人脈だけで達成しました。


1ヶ月目の収入は約10万円、
2ヶ月目は約30万円、
3ヶ月目は約40万円
4ヶ月目は60万円を超えました!


現在は無事に円満退職をして、無料で海外旅行に行ったり、
権利収入があるからこそ、思い切って新事業に挑戦したりしています。


ボクは、周りの人より確かに早く成果を出すことができました。



しかし、同じくネットMLMを実施した
赤ちゃんのいる主婦さんもコツコツ続けてタイトルを獲得、
フィリピンのマニラで活動している男性もネットを使って3ヶ月めでタイトルを獲得、
他にもたくさんの仲間が成果をあげた報告をグループLINEに載せています。



詳しい詳細については、「旅するカフカ」こと高井翔さんのメルマガに
登録してからすぐに送られてくる動画を一つ一つ真剣に見てください。


決して焦らず、答えだけを求めずに、
カフカさんが動画で話す情報をノートにメモを取りながら見てください。


国家公務員でありながら、将来のことを深く考え、
星の数ほどあるサイトの中からボクのページを最後まで読んでいただいた、あなただからこそ・・・!



この


「ネットビジネス」×「MLM」


の凄さを変な先入観を持たずに、ニュートラルな状態で感じていただきたいのです!



あともう少しです。


1時間くらいのまとまった時間を確保して、
カフカさんの動画を真剣に見て、感じた疑問点や気付いたことをノートにメモしてください。


すべての動画を見終わった後、カフカさんこと高井翔さんの無料コンサルで
疑問点をすべてぶつけることができるからです。


あなたの未来がより良いものになるように、
ボクも先陣を切ってあなたをお待ちしています。



拙い文章を読んでくださり、ありがとうございました。