便利さ重視?
歯医者予約システム比較

近年、機械で対応できることは積極的に導入しているところが増えてきました。歯医者予約システムについても、そのひとつと言えるのではないでしょうか。しかし、歯医者予約システムと言ってもさまざまなものがあります。今回は歯医者予約システムのメリットや選び方、システム比較について紹介していきます。

〇歯医者予約システムの
導入メリット

歯医者予約システムと言っても、費用がかかるため導入にためらいを持つ人もいるでしょう。こちらでは、歯医者予約システムの導入メリットについて見ていきましょう。

・キャンセル対策
基本的に歯医者予約システムを導入していないところでは、台帳やExcelで予約管理を行っているところがほとんどです。しかし、台帳やExcelではできることに限界があります。患者によって毎回遅刻をする人、キャンセルが多い人などもいるでしょう。台帳やExcelではそういった部分は見えてきませんが、歯医者予約システムを導入することで患者の来院に関する特徴も見えてくるのです。

・業務効率化
予約を受ける際、来院時に次回の予約を取る、もしくは電話などで予約対応をしているところも多かったのではないでしょうか。しかし、これは人の作業によるものであり、その間は本来の作業の手が止まってしまいます。歯医者予約システムを導入することで、予約に関することはシステムが行ってくれるため、人の手を止めずにすむのです。これは業務の効率化に繋がるのではないでしょうか。

・患者データ管理の容易さ
歯科医院の規模にもよりますが、患者データの管理に大変さを覚えているところもあるのではないでしょうか。毎回カルテ探しをするのも大変ですよね。しかし、歯医者予約システムの機能の中には患者のデータを素早く出してくれるものが多いです。

〇歯医者予約システムの
選び方

歯医者予約システムにはさまざまなものがあります。そのため、実際に導入段階になって「どれを選べばいいの?」と悩む人も多くいるのではないでしょうか。こちらでは歯医者予約システムの選び方について見ていきましょう。

・歯科経営サポート

歯医者予約システムの中には、歯科経営サポートをしてくれるものがあります。例えば、顧客管理、診療実績なども「歯科経営サポート」に含まれます。歯医者予約システムでは、予約機能だけを求めるのではなく、こういった業務効率化のための機能にも目を向けましょう。

・セキュリティ対策

歯医者予約システムだけに限らず、こういったシステムを使う際に最重要となるのが「セキュリティ」です。歯医者予約システムには顧客情報が掲載されます。これは個人情報になるので、システム導入側が守らないといけない義務があるのです。そのため、歯医者予約システムにセキュリティ重視を求めるところが多くあります。

・評判

インターネットの普及によって、製品の評判なども簡単に調べられるようになりました。歯医者予約システムの導入は決して安い費用ではありません。そのため、評判を調べずに導入することで「失敗した」と感じることもあるので気をつけましょう。しかし、インターネット上の評判は鵜呑みにするのは危険ということも覚えていてください。鵜呑みにするのではなく、ある程度の目安として見るようにしましょう。

 

〇おすすめの
歯医者予約システム比較

こちらでは、おすすめの歯医者予約システムの比較をしていきましょう。各システムの強みなども紹介していくので参考にしてみてください。

・ApoDent(アポデント)

アポデントは歯科医院に特化した予約システムと言っても過言ではありません。LINEのリマインド機能、オリジナルのリライトカード作成などアポデントならではの機能が豊富だからです。歯医者予約システムに悩んでいる人におすすめしたいものです。

・Apotool & Box(アポツールアンドボックス)

難しい機能が苦手の人におすすめしたいのが、アポツールアンドボックスです。シンプルで分かりやすい画面が特徴なので、初めて予約システムを導入するところにおすすめされています。診察券アプリ機能も高い評価を得ているので、家族分の診察券をまとめたい人に強く支持されているようです。

・dentamapplus(デンタマッププラス)

医療業界向けシステムを開発しているピクオスが提供する歯医者予約システムです。医療業界向けのシステムを多く作っていることから、キャンセルリスト、リコール対象者リストなども迅速に確認することが可能です。老舗ならではの導入実績を持っているので、導入する側にとっても安心できるという強みがあります。


他にももっと特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

〇まとめ

歯医者予約システムは数多くあります。インターネットで検索することでさまざまなシステムが表示され、各システムに強みがあるので頭を悩ませて来るでしょう。難しいものが苦手ならばシンプルなものを、豊富な機能であれば実績などが高いものなど、自分が求めるものがどんなものかを明確にすることで選ぶシステムも自ずと見えてくるはずです。