お風呂のDIYリフォームに失敗した体験談

自宅のお風呂をお洒落にリフォームしたくて、自分でDIYしてみたのですが失敗してしまいました。

見た目を重視した結果、カビが生えやすくなってしまったのです。

メンテナンスが大変で、頻繁にカビと格闘することになってしまい、苦労していました。

どうにか解決できないかとネットで検索すると、評判の高いタウンライフリフォームという会社を見つけました。

DIYしたばかりでお金をあまりかけることができなかったのですが、無料で見積もりをしてくれるとのことで依頼しました。

お風呂の状態を確認し、改善のアドバイスや施工方法など、詳しく教えてくれて非常に助かりました

自分で直すことが無理だと判断したため、リフォームを依頼し、問題を解決することができて良かったです。

DIYでお風呂リフォームはどこまでできるか?

バスパネルとは、在来工法のお風呂をユニットバスにリフォームする際に使用する防水板のことです。今回は、フクビ化学工業から発売されているバスパネル「アルパレージ」の施工方法をご紹介します。

メス型端面材側に専用接着剤を塗布し、パネルの端面となる部分に雌型端面材を接着します。パネルの上にステンシルを固定し、油性ペンで罫線を引く。これは、接着剤を塗布してパネルを設置する際に、正しい位置にパネルを設置するために必要です。

専用の接着剤をコーキングガンで壁面に塗布し、バスパネルを取り付けていく。バスパネルを天井を含めた浴室全体に取り付けるには、初心者でも最低30時間はかかると言われています。

ここでは、タイルの補修方法をご紹介します。目地剤を隙間なく充填し、ヘラで水平にしてからマスキングテープを剥がす。約30分放置した後、濡れ雑巾でタイル表面の目地剤を拭き取ります。

自宅のお風呂をDIYリフォームした具体例

長年同じ家に住んでいると、経年劣化による気になる部分や不満点が出てきます。次に、塗装面に下塗り剤を塗って5時間ほど乾燥させた後、仕上げ塗りをして乾燥させます。

下塗り剤を塗らないと、上に塗る塗料のなじみが悪くなったり、剥がれやすくなったりします。マスキングテープや下塗り剤は、ホームセンターなどで購入できます。

お店によっては、マスキングテープを養生テープ、下塗り剤をシーラーやプライマーと呼んでいるところもありますが、どちらも同じものです。

あまり目にすることはありませんが、浴室用のパネルやシートが市販されています。壁と同じように床用のシートも販売されており、上から貼ることができます。

お店によってはシーリング剤として販売されている場合もありますが、ほとんど同じ意味で使われているので、DIYをされる方は気にしなくても大丈夫です。

コーキング剤にはさまざまな種類がありますが、バスルームのDIYに使う場合は、防水タイプのものを選びましょう。醜い仕上がりになってしまい、材料費を無駄にしてしまうかもしれません。

在来工法の浴室をDIYリフォームする方法と注意点

このような場合、単にタイルを補修するのではなく、タイルの上にパネルを貼ることでバスルームをリフォームすることができます。浴室パネルの特徴は、デザインの豊富さと保温性の高さです。

パネルは発泡塩ビ製で、壁に合わせてカットした後、粘着シートやボンドで貼り付けます。その後、浴室用壁シートで覆うことで、オリジナルの外観を作ることができます。

浴室パネルには他にも、シート張りや柄物パネルなどがあります。DIYでバスルームをリフォームする際にバスルームパネルを使用する場合、以下の点に注意してください。

素材は通常ポリ塩化ビニルで、シールは通常アクリル樹脂です。

浴室用壁紙の使い方壁に直接貼る「直貼り方式」と、「パネル方式」の特徴をまとめました。大家さんが賃貸物件の浴室壁をリフォームする場合は、手作り感が出やすい浴室シートではなく、浴室パネルを使うのがおすすめです。

また、既存のタイルの上に直接貼るタイプの浴室床シートもあり、DIYでも比較的簡単に施工できますが、業者に依頼するのが一番無難です。