コロナの影響で融資に審査落ちするの?

新型コロナウイルスの影響により、売り上げが大きく下がった店舗は少なくありません。

私の会社も営業自粛が原因で、かなり厳しい苦境に立たされています。

そんな事業主のために作られた制度が日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付です。

新型コロナウイルス感染症特別貸付は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う設備資金や運転資金の融資になっています。

下記に該当する方であれば、融資限度額6,000万円の新型コロナウイルス感染症特別貸付の利用が可能です。

新型コロナウイルス感染症の影響で一時的な業況悪化を来している方で、更に次の①と②に該当する

  1. 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減っている
  2. 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が「過去3ヵ月の平均売上高」「令和元年12月の売上高」「令和元年10月から12月の平均売上高」と比較して5%以上減っている

参考:新型コロナウイルス感染症特別貸付(日本政策金融公庫) https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html

「新型コロナの影響なら必ずお金を借りられるはずだ」と私は思っていました。

しかし、新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資に審査落ちするケースも多々あります

以下では、新型コロナウイルス感染症特別貸付の審査に落ちやすい人の特徴をまとめてみました。

  • 借り入れの希望額が多すぎる(前年度の売り上げが1,000万円しかないのに3,000万円の融資を希望するなど)
  • クレジットやローンの申し込み、公共料金の支払いに関する信用情報に傷がついている
  • 新型コロナウイルス感染症が蔓延する前から借り入れの返済能力がない
  • まだ創業したばかりの会社で、業歴が1ヵ月~2ヵ月くらいしかない

どの中小企業や個人事業主でも、融資を受けられるわけではありません。

上記で解説した条件に当てはまっていない事業者でも、新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資を断られることはありますよ。

そこで、融資に審査落ちして事業資金が足りないと悩んでいる方は、ファクタリングサービスで調達してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングは借り入れではなく売掛金の早期現金化ですが、素早くお金を取り入れてキャッシュフローを改善する効果があります。

私は新型コロナウイルス感染症特別貸付の審査に落ちてしまったものの、ファクタリングサービスの日本中小企業金融サポート機構の審査には通りました。

信用度の高い売掛債権であれば比較的安い手数料で現金化ができますので、「融資を受けられないならどうやって資金調達すれば良いの?」と悩んでいる方は利用してみてください。