こんなことありませんか?
わが家のトイレをチェックしてみましょう。該当する数が多いほど家庭内事故につながる危険が高く要注意です。

  • 和室トイレである。
  • トイレの床が滑りやすい。
  • 座ったり立ったりするときに、つかまるものがない。
  • トイレの扉の構造のせいで出入りしにくい。
  • 冬場や夜など、トイレの室温がとても低い。
  • 和室トイレである。

ポイント1

便器を和式から洋式に変更しましょう
高齢者にとって和式便器でしゃがんだり立ったりするのは容易ではありません。和式便器にかぶせる簡易タイプのものもあります。

ポイント2

便器の機能を充実させましょう
便器を取り換える際には、身体機能の状態に合わせて、温水洗浄機能、暖房便座、便座の高さ調節など便器自体の機能充実を考えましょう。

ポイント3

手すりなどを設置しましょう
座ったり立ったりするときにつかまれる手すりを、便器の横や正面に設置しましょう。また、床もすべりにくい素材に変えましょう。

ポイント4

扉の構造を変えましょう
本人や介助者のトイレへの出入りを容易にするために、扉を引戸や外開きに変えましょう。       
丸いドアノブよりもレバー式などが便利です。   また、その際に入口に段差がある場合は段差を無くしましょう。

ポイント5

寒さ対策を講じましょう
寒さによる血圧の上昇などを防ぐために
トイレ室内への暖房器具の設置や暖房機能つき便座にするなど対策を講じましょう。

ポイント6

福祉用具を活用しましょう
行き来の困難さなどからトイレをがまんしなくても済むよう、夜間はポータブルトイレを寝室に置くなど福祉用具も上手に活用しましょう。

ポイント

1.ドア交換

ドア本体をそのまま利用し、引戸に交換します。
上吊りレールなので開け閉めも軽々です。

2.段差解消

段差埋めという部材を設置することで、廊下とトイレの段差をなくしてつまづきを防ぎ、ケガや骨折を予防しましょう。

3.後付手すり取付

間柱利用で壁補強なしで取付できます。短時間でしかも強固な手すりが取付できます。

*現場状況により工事内容の異なることがございます。その際はお見積りを致します。