トイレ安心サポートパック

ずっと安心お家で介護

トイレではこんな事故が起こる危険があります。

和室のトイレにうまくしゃがむことができず、うしろ向きに転倒する。
用を足したあと、立ち上がろうとした際にバランスを崩して転倒する。
トイレの扉が内開きで、助けを求められた介助者が中に入ることができない。
トイレで力んだとき、室内の寒さも影響し、血圧が急上昇して気を失う。
足腰が弱りトイレに行くのが苦痛で、がまんするうちに排尿障害になる。
トイレで力んだとき、室内の寒さも影響し、血圧が急上昇して気を失う。

こんなことありませんか?
わが家のトイレをチェックしてみましょう。該当する数が多いほど家庭内事故につながる危険が高く要注意です。

  • 和室トイレである。
  • トイレの床が滑りやすい。
  • 座ったり立ったりするときに、つかまるものがない。
  • トイレの扉の構造のせいで出入りしにくい。
  • 冬場や夜など、トイレの室温がとても低い。
  • 和室トイレである。

事故を防ぐためのポイント

ポイント1

便器を和式から洋式に変更しましょう
高齢者にとって和式便器でしゃがんだり立ったりするのは容易ではありません。和式便器にかぶせる簡易タイプのものもあります。

ポイント2

便器の機能を充実させましょう
便器を取り換える際には、身体機能の状態に合わせて、温水洗浄機能、暖房便座、便座の高さ調節など便器自体の機能充実を考えましょう。

ポイント3

手すりなどを設置しましょう
座ったり立ったりするときにつかまれる手すりを、便器の横や正面に設置しましょう。また、床もすべりにくい素材に変えましょう。

ポイント4

扉の構造を変えましょう
本人や介助者のトイレへの出入りを容易にするために、扉を引戸や外開きに変えましょう。       
丸いドアノブよりもレバー式などが便利です。   また、その際に入口に段差がある場合は段差を無くしましょう。

ポイント5

寒さ対策を講じましょう
寒さによる血圧の上昇などを防ぐために
トイレ室内への暖房器具の設置や暖房機能つき便座にするなど対策を講じましょう。

ポイント6

福祉用具を活用しましょう
行き来の困難さなどからトイレをがまんしなくても済むよう、夜間はポータブルトイレを寝室に置くなど福祉用具も上手に活用しましょう。

EVERHOMEが提案する、
安心サポート3点パック
 をご紹介しましょう。
1.ドアから引戸への交換
2.トイレ入口の段差解消
3.手すり取付(1箇所)

ポイント

1.ドア交換

ドア本体をそのまま利用し、引戸に交換します。
上吊りレールなので開け閉めも軽々です。

2.段差解消

段差埋めという部材を設置することで、廊下とトイレの段差をなくしてつまづきを防ぎ、ケガや骨折を予防しましょう。

3.後付手すり取付

間柱利用で壁補強なしで取付できます。短時間でしかも強固な手すりが取付できます。

ここが違う!

サービスの特徴

こんな方にオススメ

  • 要介護認定を受けている方で自宅で自立した生活を希望されている方
  • おトイレのお世話はあまりされたくない、出来れば自分一人で済ませたいと思っている方
  • まだまだ元気だけど、将来のもしもの時に備えておきたいという方
  • まだまだ元気だけど、将来のもしもの時に備えておきたいという方

価格

価格について
トイレ安心サポートパック 価格
参考価格
介護保険適用前
200,000円(税別)

介護保険適用価格
*利用者様負担割合1割の場合

20,000円(税別)

介護保険適用価格
*利用者様負担割合1割の場合

20,000円(税別)

*現場状況により工事内容の異なることがございます。その際はお見積りを致します。

会社概要


会社名 藤野トーヨー住器株式会社
代表者 藤野健次郎
住所 千葉県富津市湊769番地
電話/FAX 0439-67-1505/0439-67-2804
e-mail info@fujinotoyo.co.jp
住所 千葉県富津市湊769番地

****お問合せ****

お問合せは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信