食品や生活に気をつけているのにおなかの調子はいまいち・・・どうして私だけ?

最近腸のため納豆を毎日食べるようにしてるんだけど正直飽きてきちゃった。納豆は夜がいいって聞くけど納豆はおなかにたまるし毎日夕飯に食べ続けるのは正直無理かも。。
ずっと便秘で悩まされてるからなんとかしようといろいろ試したけど続かないの。だから最後は薬に頼っちゃう。あんまりよくないって分かってはいるんだけど.
発酵食品がいいって聞いたからヨーグルト食べてるわ。ただ日本人は動物性より植物性のほうがあってるって聞くし、カロリーも気になるので続けるか迷っちゃう。
最近テレビや雑誌で健康や美肌には腸が大事っていうけどどうしていいのか分からないの。肌荒れがひどくなってきたから気になっちゃって。いい方法ないかな~

ちょっとした、でも切実な悩み・・・

  • 納豆は好きだけど毎日はつらいし、飽きちゃって続かない
  • 納豆のよさは分かるけど、たった1日1パックで変わるとは思えない
  • 納豆よりヨーグルトが好き。だけど糖分と動物性脂肪が気になる
  • 漬物やキムチは食べるけど塩分や臭いがないといいな
  • 医者も薬も頼りたくない。原料も工場も徹底的にこだわった無添加の食べ物がいい
  • 納豆は夜食べるのがいいって聞くけど、納豆は朝ごはんでしょ!
  • 納豆もヨーグルトもカロリーが高い。ぶっちゃけ太るイメージしかない。

日本の発酵食の恵みの宝庫
納豆と漬物の腸強力コラボ、誕生

腸まで届く納豆菌と乳酸菌
おなかなっとく


・腸まで届く納豆菌2粒で30パック以上
・植物性乳酸菌数ヨーグルト20個以上
・納豆の栄養もたっぷり。でも低カロリー
・植物性カプセル&GMP工場

この機会に購入したい方はコチラ

おなかなっとくがスゴイ理由

原料から工場、カプセルにまでこだわった「おなかなっとく」
あきらめかけた方でもきっと満足いただける、その魅力をたっぷりご紹介します。

 
POINT

1

1日2粒で腸まで届く納豆菌30パック以上

大豆にも腸にもいい働きをしてくれる強い味方、納豆菌。

でも唯一の弱点は胃酸。
市販の納豆を食べても胃酸でほぼ死滅すると言われています。

おなかなっとくの納豆菌は特殊製法とフリーズドライ加工で胃酸に強い形態(耐熱性芽胞菌)にしました。

これにより、1日2粒で約20億個、納豆30パック以上もの納豆菌を腸まで届けます。

POINT

2

植物性乳酸菌、ヨーグルト20個以上

腸内善玉菌の代表、乳酸菌。
漬物などに含まれる植物性の乳酸菌はチーズなどの動物性乳酸菌よりも過酷な環境に強いと言われています。

おなかなっとくは長寿の県、長野の味の文化財にも指定される無塩の漬物「すんき漬け」由来の植物性乳酸菌に着目。

これを吸収しやすいようにナノサイズにまで微細化した植物性乳酸菌を、1日2粒で約1200億個、ヨーグルトにして20個以上も配合しました。

POINT

3

納豆の栄養もたっぷり

栄養豊富な大豆に、納豆菌の発酵が加わってできる納豆。

納豆は世界の注目を浴びつつある、日本が誇る健康食品です。

納豆菌やナットウキナーゼなどの有効成分を凝縮した商品もありますが、他の栄養がないなんてもったいない!

おなかなっとくは北海道産の大豆から作った納豆を丸ごとフリーズドライにした粉末なので納豆菌やナットウキナーゼはもちろん、ビタミンやミネラル・食物繊維も逃しません。

栄養バランスの調整にも。

POINT

4

オリゴ糖配合

善玉菌のえさになると言われるオリゴ糖。納豆自体、オリゴ糖を含んでいますがおなかなっとくはさらにオリゴ糖を加えました。

納豆菌・乳酸菌を外から摂るだけでなく、自分の腸内に住み着いている腸内細菌にオリゴ糖のご褒美を♪

POINT

5

2粒でわずか3キロカロリー

納豆は1パック50gで約100kcalと言われ、意外にカロリーがあります。

おなかなっとくは2粒でわずか3kcalですのでカロリーを気にする方でも安心

POINT

6

カプセルにもこだわり。無臭&植物性

おなかなっとくはカプセルにもこだわりました。

原料には植物性セルロースを使用し、納豆の臭いもしないようにカプセルの接続部分(嵌合部)をバンドシールで無臭加工を施しました。

カプセルの色も砂糖を煮詰めて作る安全な「カラメル色素Ⅰ類」を使用。

自然派のあなたも安心です。

POINT
7

安心・安全なGMP認定工場で製造

GMP工場とは「Good Manufacturing Practice」の略で、製造所における製造管理・品質管理の基準のことです。

元は医薬品などの工場で義務付けられていましたが、食品・サプリメントなどにも推奨されています。

おなかなっとくもいち早く対応し、品質管理基準を満たしたGMP認定工場で製造しています。

POINT

健康誌や新聞にも掲載。経営革新計画も

著名な健康雑誌や地元の新聞にも掲載。

雑誌は都合上、商品名は非表示ながらも粉末納豆や凝縮納豆などの表現でさまざまな特集で紹介されました。

またH25年には静岡県の経営革新計画、その翌年には地域産業総合支援事業費補助金の対象事業にも認定されました。

【ご利用者の声】

M.Kさん(33歳・女性)

便秘が解消され、花粉症もよくなりました

はじめは便秘がひどくて飲み始めました。3日もするとすぐ改善されました。おなかはすごくスッキリ、ぺったんこになってオナラもなくなり満足です。

飲み始めて5ヶ月ぐらい経った頃、前年の数倍の花粉が飛ぶと言われてたのに、花粉症が軽くなっていたことに気づきました。

幼稚園からの花粉症で朝起きると目やにで目が開かなかったのに今はもうなりません。鼻づまりもなくなり、夜寝られるようになりました。

30年近くの悩みがなくなって感激です。本当にみんなに伝えたいです。
H.Kさん(46歳・女性)

息子のアトピーがなくなりました

中 学3年生の息子がいるのですが、小さいころからアトピーに悩まされていました。医者に通っても何を飲んでもあまり良くならず、ひどいかゆみが頭にまでおよぶので坊主頭にしてたぐらいです。

おなかなっとくがアトピーにいいと聞いたので半信半疑で飲ませたところ、2ヶ月でほとんど症状がなくなりました!

息子も 大喜びですが、私自身も本当にびっくりしています。 正直、サプリメント自身あまり好きではないのですがこれは飲ませ続けたいし、私も飲み始めました。

アトピーの方はだまされたと思ってぜひ飲んでみて下さい。絶対おすすめです。
T.Iさん(68歳・男性)

血圧が下がりました

病院が嫌いでずっと行かなかったけど、久しぶりに病院に行ったら血圧が186もありました。医者に高血圧と言われたけど薬は嫌いなので、息子に探してもらったら納豆が血液をさらさらにするというのでためしに飲んでみました。

半年後にもう一度病院にいったら今度は153まで減少していました。嬉しくて思わず声を上げてしまい恥ずかしい思いをしました。

気に入ったのでもうしばらく飲み続けたいと思います。
T.Sさん(53歳・女性)

風邪を引きにくくなった気がします

私は腸に関心が高く、腸にいいサプリメントを探していた時に偶然知り、試しに飲んでみました。もともと健康ではありますがそれでも年に2~3回は風邪をひいていました。

半年ぐらい飲み続けていますがこの間は風邪をひいていません。偶然かもしれないしこれから風邪をひくかもしれませんが、腸の免疫が高まったのかなと思っています。

ご質問お問い合わせは
コチラまで

053-479-2211

■営業時間
9:00~18:00
※日・祝・第2土曜日はお休みになります。
※メールでの問い合わせは
support@famiyu-kouhaku.jp
まで。

商品・送料・お支払いなど

  • 商品名
    おなかなっとく
  • 原材料
    大豆(納豆粉末)、乳酸菌末(デキストリン、殺菌乳酸菌)、フラクトオリゴ糖、ヒロドキシプロピルメチルセルロース、カラメル色素(Ⅰ類)
  • 送料について
    5000円(税別)以上のお買い上げで無料
    ※5000円未満の場合は全国一律162円お申し付けいたします。
  • お支払いについて
    ・銀行振り込み(振込手数料はお客様負担です。5000円以上で無料(当社負担))
    ・クレジットカード
    ・代引き(代引き手数料324円がかかります。5000円以上で無料)
  • 配送について
    配送はゆうパック、またはゆうメール便を利用しております。
    通常、ご注文いただいた日より3営業日以内に発送します。

    ご注文日が第2土・日・祝日の場合、翌営業日に発送いたします。お届けまでお時間が掛かることがございますが、10日以上経過してもお手元に届かない場合はご連絡下さい。
  • お召し上がり方
    ・乳幼児の手の届かない所に置いてください。
    ・体調・体質により、稀に合わない場合がありますので、その場合はご使用をお控えください。
    ・疾病治療中の方、および妊娠・授乳中の方は、医師のご相談の上ご利用ください。
    ・食べ物アレルギーのある方は、原材料名をご確認の上ご使用をお決めください。
    ・食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

よくある質問

Q1.納豆30パック以上は多すぎないですか?

多すぎることはありませんし、副作用の心配もございません。

納豆をそのまま毎日30パック以上だと多いですが、おなかなっとくは腸まで届く納豆菌の数が、市販納豆(1パック50g程度)に比べて30パック以上ということです。

腸まで届く納豆菌は2粒で30パック以上、数にすると10億個以上と非常に多いですが、腸内細菌は100兆個ともいわれていますので多すぎるということはありません。 

Q2. 植物性乳酸菌なのにヨーグルト20個以上とは?

申し訳ありません、おなかなっとくの乳酸菌数をイメージしやすいように、動物性・植物性は問わず、乳酸菌が多い代表的な食品であるヨーグルトと比較させていただきました。

実際には塩を使わない赤カブ菜の漬物「すんき漬け」由来の植物性乳酸菌を配合していますので、動物性乳酸菌ではありません。

Q3. 納豆は毎日食べてるからいらない

納豆はとてもおいしく、栄養も豊富なのでぜひお食べ下さい。

ただ、納豆菌という観点では十分にその力を発揮できていないといえます。 通常、市販の納豆50gには500億個程度の納豆菌が存在するとされていますが、胃酸で大半が死滅し腸まで届くのは100万個程度とも言われています。

納豆菌は他の菌にはない優れた働きが多数ありますが、その力は腸内で強く発揮されます。

そのため、毎日納豆を食べている方でも納豆菌のパワーを十分とりいれたい方は、腸まで届く納豆菌を多く含む「おなかなっとく」をぜひ一緒にお摂りいただけたらと思います。

Q4. 効果的な飲み方はありますか?

食品ですのでいつ飲んでいただいても構いません。

そのうえでオススメは「朝一」か「夜寝る前」にコップ一杯のお水でお飲みいただくことです。

朝のお水は腸を活性化させる効果がありますので、朝起きがけにお水と共にお飲みいただくと

夜の利点は血栓予防やカルシウム補給の面です。納豆は朝ごはんじゃなく夕飯がいいとされているのと同じです。

血栓は就寝時に形成されやすいため、血液をさらさらにするナットウキナーゼを効果的に働く時間帯を考えると寝る前が有効と考えられています。

またカルシウムは夜の方が吸収率が高いため、カルシウムを多く含む納豆を夜食べるのがいいと言われる所以となっています。

いずれにしても納豆菌は数日間しか生きられないため、毎日継続してお飲みいただくことが大切です。

そのためもっとも大事なのは時間帯ではなく、ご自分のライフスタイルで忘れず飲めるタイミングにあわせてお飲みください。

Q5.購入するにはどうすればいいの?

WEB、店舗、電話、FAX、E-Mailなどでご注文いただけます。
下記からお問合せくださいませ。

また、20%もお安くなる定期購入コースや3個入りもご用意していますので、ぜひご利用ください。

電話・FAX・E-Mailはこちら

TEL:053-479-2211
FAX:053-479-3322
Mail:support@famiyu-kouhaku.jp