なぜ、会計を勉強しようとする人はUS.CPA(米国公認会計士)を見るのか?

US.CPAの注目度が増している理由と注意点を解説!

「会計を勉強したい」と思ったとき、ひと昔前であれば簿記の勉強をするのが一般的でしたが、最近では「US.CPA」という海外の会計試験に興味を持たれている方が増えています。US.CPAを勉強するメリットと学習するうえでの注意点(デメリット)を、実際にUS.CPA講座に申し込んだ経験をふまえまとめました。キャリアアップに興味がある方は最後までお読みください。


US.CPAとは?

US.CPAとは米国の公認会計士資格のことで、日本でも「会計士」という言葉がありますが、その会計士資格の米国版となります。

US.CPAの特徴とは?

  • 会計以外にも幅広い知識が求められる

    制度会計だけでなく、税務、法律、経営、IT、ファイナンス、管理会計、監査など会計の仕事をするうえで求められる幅広い知識を学習することができます。        


  • 絶対評価である

    たとえば日本国内の試験では受験者数が多いあまり、試験の合格率をゴールとし、毎年難問を紛れ込ませるようなものもありますが、US.CPはそうではありません。つまり、一定の学習理解があれば合格できるような絶対評価の試験構成となっております。



  • 学習目標の時間が短く、受験機会が多い

    日本の会計士試験は合格までの目標学習時間が3,000時間と言われているのに対し、US.CPAは1,000時間といわれています。また試験も日本で年中受けることができるので、自分のペースで学習スケジュールが立てやすいのも特徴です。


  • 会計以外にも幅広い知識が求められる

    制度会計だけでなく、税務、法律、経営、IT、ファイナンス、管理会計、監査など会計の仕事をするうえで求められる幅広い知識を学習することができます。        


US.CPAを勉強するうえでの注意点は?

  • 独学での合格は難しい

    受験者数が国内ではまだまだ成長中の段階であり本の出版数が少なく、試験も近年新テーマや新方式が取り入れられたこともあり、数年前の中古のテキストを購入して独学で受験するという方法では合格は難しいかもしれません。


  • 受験資格に米国評価の大学単位が要る

    受験資格として米国基準の大学の一定単位が必要となります。日本で取得した大学の単位がどれくらい移行できるか確認する必要があります。


  • 知名度はまだまだこれから


    コンサルティングファームや大企業では会計士やMBAといったものと同様にメジャーな資格になりつつありますが、場合によっては事業会社やベンチャーにはまだまだ普及していない資格であるため、転職時に資格をアピールする際には少し説明が要るかもしれません。

  • 独学での合格は難しい

    受験者数が国内ではまだまだ成長中の段階であり本の出版数が少なく、試験も近年新テーマや新方式が取り入れられたこともあり、数年前の中古のテキストを購入して独学で受験するという方法では合格は難しいかもしれません。


US.CPAを勉強するメリットは?

メリット

1

三種の神器を満たしている

ビジネスマンの市場価値を高めるといわれている、「英語・会計・IT」を一挙に学習することができます。特に若手の社会人の方にとっては自身のキャリアが非常に高まる教養になるため、資格取得などに興味がある方には向いているといえます。

メリット

2

学習内容が将来のトレンド

日本の会計基準は段階的にIFRS(国際会計基準)に近づいていっております。US.CPAはIFRSと内容が9割程までコンバージョン(適用)が進んでいるため、今後変わる可能性がある日本の会計基準を学ぶよりも先取りした学習ができます。

メリット

3

今後の求人ニーズが高い

日本ではM&Aが活発ですが、大手企業では特に海外企業の買収が目立ちます。日本の将来の人口減少を意識し、海外売上比率を向上することが理由ですが、それに伴い海外子会社とのパイプ役の人材を求めるニーズが非常に高まっております。社内の人員を教育するにも時間を要するため、今後はより即戦力となれる方の募集が増えると予想しております。

メリット

1

三種の神器を満たしている

ビジネスマンの市場価値を高めるといわれている、「英語・会計・IT」を一挙に学習することができます。特に若手の社会人の方にとっては自身のキャリアが非常に高まる教養になるため、資格取得などに興味がある方には向いているといえます。

以上、US.CPA(米国公認会計士)の注目度が上がっている理由や、学習する注意点について記載しました。総じていえることはUS.CPAが注目されている理由は 「今後のキャリアアップに生かせそうだ」と検討する方が増えているという点ですね。


最後に、働きながら効率良くUS.CPAを学習する方法や、試験の概要を記載した無料資料請求ができる公式サイトはこちらとなります。