ルート配送がきついという噂は事実?
どんな仕事内容がある?

ルート配送の仕事はきついという噂があります。しかし「やりがいがある」「自分には向いている」という意見もあるのです。こちらでは、ルート配送がきついという噂の真偽や仕事内容について紹介していきましょう。

ルート配送の仕事内容について

こちらでは、ルート配送の仕事内容について見ていきましょう。きついと言われる仕事内容がどんなものなのかを知ることで噂の真偽が見えてくるかもしれません。

 ・配送や集荷

ルート配送の仕事内容は、基本的に個人宅や会社、店舗などを巡って集荷や配送をするものです。比較的単調な仕事であり、難しいスキルは要しません。単調な仕事が苦手な人にとってはきついと感じるかもしれません。

 ・免許が必要

ルート配送は配送する荷物によってトラックなどを乗り換えなければいけません。軽トラを使うこともあれば、4tトラックを利用することもあります。そのため、臨機応変にトラックを使い分けるためにもさまざまな免許を所持していないといけないのです。

 ・昼夜逆転の場合もある

配送するものによっては、夜がメインの仕事になる場合もあります。その場合、昼夜逆転生活となるのでその点がきついと感じる人もいるのかもしれません。

ルート配送のメリット

こちらでは、ルート配送のメリットにはどんなものがあるかを見ていきましょう。ルート配送業を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 ・長時間拘束をされない

基本的にルート配送は決まった場所を繰り返し回るのが仕事内容と言ってもいいでしょう。そのため、最初は慣れなくて繰り返すことで慣れてきて要領よく配送ができるようになります。配送するものにもよりますが、慣れさえすれば長時間拘束されにくい仕事です。

 ・過剰なコミュニケーションがない

配送や集荷の際にある程度対応はしなければいけませんが、仕事中などに過剰なコミュニケーションを取る必要がありません、そのため、他の人と関わりたくないという人にもおすすめです。

 ・運転が仕事になる

車の運転が好きな人は、運転することで仕事になるルート配送はやりがいがある仕事と言ってもいいのではないでしょうか。むしろ、長時間の運転になるので運転が好きな人以外には務まらないと言っても過言ではありません。

ルート配送のデメリット

こちらでは、ルート配送のデメリットについて見ていきましょう。どのような点がデメリットに数えられているのかをチェックしてみてください。

 ・仕事が単調

単調な仕事がメリットとも考えられますが、変化のある仕事を求めている人にとっては単調な仕事はデメリットになるようです。変化がない仕事であるがゆえに退屈さを感じるのでしょう。

 ・年収が高くない

ルート配送ドライバーは決して高給取りではありません。仕事内容と比較すると安いと感じる給料しか出ていないところもあるようです。ただ、近年は労務管理がしっかりされて改善の傾向にあると言われています。

 ・朝が早い

一般的なルート配送の場合、朝が早いところがほとんどです。逆に朝が早くないところは、夜に仕事が偏ってしまいます。朝と夜、どちらかに偏ってしまい、バランスが取れていない部分がデメリットに数えられているのかもしれませんね。

ルート配送がきついという噂について

ルート配送がきついという噂はなぜ囁かれているのでしょうか。こちらでは「きつい」と言われている部分について見ていきましょう。

 ・福利厚生がしっかりしていない

ルート配送ドライバーは福利厚生がしっかりしていない会社も多いです。会社としても数をこなしてほしいからと無理なスケジュールを組むこともあります。ドライバーが体調を崩すようなスケジュールの組み方をする会社もあるようです。

 ・残業が当たり前

ルート配送会社の中には、ドライバーに残業を当たり前のように課すところもあります。ドライバーとしては断ることができずに、無理な残業を続けて、交通事故などを起こすケースもあります。

 ・すべての会社がブラックではない

ブラック企業が多い印象があるかもしれませんが、すべての会社がブラックではないのです。労務管理を徹底して、ドライバーが働きやすい環境づくりをしている会社もあります。そういった会社にとって「きつい」という噂やブラック企業のことなどは迷惑でしかないでしょう。すべての会社とは言いませんが、ルート配送ドライバーの待遇改善に乗り出している会社は多くあるようです。

ルート配送がきつい理由について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ルート配送ドライバーも会社選びをしっかりすることで、
ホワイト企業並みの待遇を受けることができます。
ブラック企業かもしれないと感じたら「逃げる勇気」を持つことも大切です。
交通事故などを起こしてしまったら自分だけではなく、相手にも迷惑がかかります。
無理をしないことを心掛けましょう。