総務室 室長 山田 朋史

公益社団法人草津青年会議所は、メンバー減少に伴い活動・運動を縮小せざるをえない状況に陥っています。だからこそ我々は、強固な組織体制の下で、地域の方々に我々の運動・活動を知っていただき、地域からの信頼の獲得を目指し、「明るい豊かな社会の実現」に向け、活動・運動を行っていかなくてはなりません。

そこで総務室では、草津青年会議所のメンバーが活動・運動を円滑に行うために、基本資料を取りまとめ、基盤を構築します。そして、組織の方向性などの重要事項を決定するために、適正な予算等を作成し、円滑な総会を開催します。さらに、メンバーの規律に対する意識を向上させるために、連綿と受け継がれてきた組織のルールの周知や、時代に即したルールの選定を行い、組織の活性化につなげます。また、草津青年会議所の効果的な情報を受発信するために、サポート体制の構築と広報戦略の策定を行い、各委員会がホームページやSNS等を効果的に活用し、受信する側の視点に立った広報活動を行います。そして、今後も草津青年会議所が存続するために、メンバー全員で拡大活動を行うための拡大戦略の策定を行い、メンバー一人ひとりが地域の青年たちと交流を深め共感することで、「100人 LOM を目指します」というビジョンを胸に刻みます。

組織の基盤を構築した我々は、個々の持つすばらしい力を最大限に生かし、強い覚悟と責任ある行動をとり、メンバー全員で会員拡大・広報活動するという揺るぎない覚悟を持 って室運営を行います。

 

会員拡大・広報戦略委員会 委員長 吉田征史

不連続の連続の中で普遍的な価値を追う「青年」そのものが価値である。多くのメンバ ーが組織に加わり新たな価値が創出されれば、組織は一層強化されます。メンバー全員で未来へつながる「拡大体質LOM」を構築し、地域の歩みの力となる青年が集う「100人LOM」を実現すべく、揺るぎない覚悟を持って委員会運営を行います。

総務委員会 委員長 松林 慧

組織の基盤を構築した我々は、個々の持つすばらしい力を最大限に生かし、強い覚悟と責任ある行動をとり、メンバー全員で会員拡大・広報活動するという揺るぎない覚悟を持 って室運営を行います。
総務室の大切にしている価値観
オープンである
私たちは全ての人との関係をオープンにしていく必要があると考えます。
とにかく地域との距離が近く、必要に応じて変化できる柔軟性の高い組織であり続けます。
早く、たくさんトライする
正解というのはやってみないとわからないものです。 挑戦を恐れることが一番のリスクです。
失敗を良しとする文化を標榜し、早く、沢山トライすることで ベストな選択肢を見つけ地域に対しより良い変革を提供します。
成長に寄与する
私たちにとって最も大事な資産はメンバーであり、一人ひとりの成長が 活動・運動の成長にとって不可欠だと考えます。
活動・運動を通じて地域の成長に寄与し、地域の成長を通してメンバー一人ひとりが成長する組織でありたいと考えています。
全てのことに情熱を注ぐ
私達は、全てのメンバーが
「情熱を持ってビジョンを語り」
「多くの人々を巻き込みながら地域を創り」
「情熱を持って地域の成長のために行動できる」
そんな組織でありたいと考えています。
全てのことに情熱を注ぐ
私達は、全てのメンバーが
「情熱を持ってビジョンを語り」
「多くの人々を巻き込みながら地域を創り」
「情熱を持って地域の成長のために行動できる」
そんな組織でありたいと考えています。
メンバー
山田 朋史
総務室長
吉田 征史
会員拡大・広報戦略
委員長
岸 泰裕
会員拡大・広報戦略
副委員長
吉岡千奈美
会員拡大・広報戦略
副委員長
井上 裕行
会員拡大・広報戦略
委員
上村 光
会員拡大・広報戦略
委員
松林 慧
総務委員長
辻 康裕
総務 副委員長
西本 和弘
総務 委員
疋田 真一
総務 委員
古田 真吾
総務 委員
上村 光
会員拡大・広報戦略
委員
団体概要
団体名 公益社団法人草津青年会議所
理事長 堀井 孝
総務室長 山田 朋史
会社住所
滋賀県草津市草津3丁目14-44木村ビル3階
総務室長 山田 朋史