建築のやりがいは?
専門学校で学べることについて

仕事をするなら、やりがいを感じられるものがいいと考える人は多いでしょう。仕事にやりがいを求めている人におすすめの職業、それが建築です。今回は建築のやりがいや、専門学校で学べることなどについて見ていきましょう。

建築業界のやりがい

建築業界を目指す前に、まず仕事のやりがいについて見ていきましょう。建築業界を目指している人も、そうではない人もどんなやりがいがあるのか見てみてください。

・達成感を味わえる
建物が完成した時の達成感は、建築業界にいる人だからこそ味わえるものです。すぐに壊れてしまうものではないので、自分が携わった住宅や建物を見るだけで当時の達成感をいつまでも感じられます。

・人の生活に関われる
建築業界に携わることで、さまざまな人の生活に関わることができます。自分たちが苦労して設計、建てた住宅で施工主の家族が暮らしているというのは何物にも代えがたいやりがいを見いだせるのです。

・自分の提案が形になる
住宅や建物を建てる際、自分の意見などがそのまま形になることもあります。特に設計をしている人たちは、自分たちの考えたものがそのまま形となって残り続けることにやりがいを見出している人が多いです。

建築専門学校の選び方

建築専門学校にはさまざまな選び方があります。こちらでは、建築専門学校の選び方の一部について見ていきましょう。

・サポート内容をチェック
建築専門学校を選ぶ際には、卒業時のサポートなどにも注目しましょう。建築専門学校は建築会社と提携しているところもあり、卒業後に全員ではなくてもそのまま会社に就職できるというところもあるようです。

・カリキュラム
建築業界と言っても、設計士、測量士、建築士などさまざまな仕事があります。建築業界という曖昧なままで専門学校を決めるのではなく、将来自分がどんな職種に就きたいのかを明確にしてから専門学校選びをしましょう。

・取得できる資格
建築系にはさまざまな資格があります。専門学校によっては、学校に通いながら資格取得を目指すところがあります。自分がなりたい職種に役立てる資格取得が可能かどうかなどもしっかり確認しておきましょう。

建築専門学校で学べることとは?

建築専門学校では、どんなことが学べるのでしょうか。こちらでは、建築専門学校を目指す人のために学べることの一部について見ていきましょう。

・大工技術
現場で働く大工を目指すことができる学科が設置されている専門学校もあります。ただ、あまり多くはなく比較的少数だと考えておきましょう。しっかり大工技術を磨きたい人におすすめです。

・建築学科
建築に関する総合的なことを学べる学科です。どれかに特化したものを学ぶのではなく、バランス良く学ぶことで将来就ける職種の幅を広げることができます。建築業界は目指しているけど、明確な進路は決めていない人におすすめです。複数の職種で悩んでいる人も総合的な知識を学んでから、進路を決める人もいます。

・インテリアデザイン学科
インテリアの企画やデザインに関することを学ぶことができます。インテリアコーディネーターなどを目指す人におすすめの学科です。デザイナーだけではなく、コーディネーター、プランナーなど幅広い職種に繋がることを学べます。

おすすめの建築専門学校について

こちらでは、おすすめの建築専門学校について見ていきましょう。さまざまな学校がある中で、特に評判が良いところを紹介します。

・浅野工学専門学校
就職率100%をうたっている専門学校であり、就職氷河期の時でさえも100%を維持していたという驚異の専門学校です。建築業界各社とのパイプが太いため、実習先にそのまま就職するケースもあります。

・読売理工医療福祉専門学校
建築学科の就職率は100%を誇っている専門学校です。キャリアカウンセラーが在籍していることで、しっかり就職に関するサポートを受けられます。日中は仕事の人のために、夜間学校もあるので通いやすさに定評があります。

・青山製図専門学校
3年制の学校であり、じっくりと建築に関して学べる専門学校です。夜間学校もあるので、自分のライフスタイルに合わせた学び方が可能です。1977年に開校して、長い歴史を持つ学校なので実績や各方面への太いパイプも持っています。
建築専門学校に関する他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

建築専門学校は自分の将来を決めるものなので、慎重な決め方が必要です。
安易に選んでしまうと後悔する羽目になるので注意しましょう。
分からないことは積極的に電話やメールで問い合わせをしてください。
体験入学のようなものをしている学校もあるので、
そういったものを活用して専門学校の雰囲気を掴んでみるのもひとつの方法と言えます。
やりがいのある仕事をするためにも、建築専門学校でしっかり技術と知識を磨きましょう。