公益財団法人太平洋戦争戦没者慰霊協会

サイパン島慰霊碑等整備・美化における寄付募集について
サイパン島慰霊碑等整備・美化 趣旨

先の大戦で日本国民のみならず、亡くなられた全ての御霊を慰霊し、ご遺族と共に不再戦を誓い、世界の平和を祈念することを目的として昭和41年に創立しました。
以来、グアム島、ソロモン島、ラブアン島、ロシア連邦ハバロフスク市に民間の浄財をもって平和慰霊公苑を建立、維持管理をしている。
これ等の公苑は、戦争の過ちに思いをいたし、平和希求のシンボルたると信じて協力、支援された多くの関係者、関係機関の善意によって建立されました。
こ厚志を顕頒して慰霊祭・慰霊巡拝等の慰藉事業を継承しています。


ご遺族、戦友会、関係者が先の大戦での犠牲者を悼み平和を願う
慰霊碑、顕彰碑が建立され、日本政府建立碑背後に存在する荒廃余儀ない
慰霊碑等の整備、美化を図るため募金募集をし、
工事を完成させて頂きましたので、下記記載「スーサイドクリフの整備、美化」
を目的とする新活動により日本からの起業家、観光者の増加を願い
サイパン地区の活性化の一端に寄与するものとします。

サイパン島について

サイパン島は、直行便で3時間、時差1時間、有名なリゾートや大規模ショッピングセンターこそありませんが、住民の人々は親切で日本人との親交を望んでいる緑豊かな大自然、サンゴ礁に囲まれた美しい島です。

世界での有数な透明度を誇り、スキュウーバー・ダイビングが有名、年間平均気温27℃で主要ホテルから直接快適な海水浴、ゴルフ場からは美しい海の眺望が望め快適な余暇が楽しめます。

日本の統治領時代、陸海軍約4万3,000人、在留邦人約1万2,000人、合計5万5,000人の多数に上る戦争犠牲者を生んだ土地でもあり、隣接するテニアン島には、さとうきびを栽培する2万人に近い日本人が居住していた記憶に留める太平洋に浮かぶ島です。

日本政府建立碑

サイパン島慰霊碑等整備・美化 活動報告

2018年7月3日 慰霊碑群 再建工事完了

2018年7月3日に、慰霊碑群 再建工事完了しました。
2017年より寄付者を募りまして、この度無事に再建することができました。

たくさんのご支援誠にありがとうございました。

「スーサイドクリフの整備、美化」
「スーサイドクリフの整備、美化」を目的とする新活動により
日本からの起業家、観光者の増加を願い
サイパン地区の活性化の一端に寄与するものとします。

スーサイドクリフ 戦没者合同慰霊碑 新設案

サイパン政府の許可を得て、スーサイドクリフ 戦没者合同慰霊碑を再建予定です。

サイパン島慰霊碑寄付金 募集詳細

 1.寄付金額 1万円、3万円、5万円、10万円、100万円 (その他ご相談)

 2.寄付金使途 全額工事資金に充当する。

 3.寄付期間 2020年3月31日(火)まで

 4.納入方法 指定口座をお申込者にご案内します。

 5.お問合せ e-mail: BCF02045@nifty.com

 6.寄付税制の特別優遇措置を適用されます。

ご寄付者への感謝

ご寄付者の名簿は、本会が発行する「会報」に掲示して公報します。
より多くの日本人が現地住民と交流する目的をもって、ご要望に応じサイパン行政府、日本大使館への陳情、遊興施設、土産店等各種団体に協力を要請します。

支援者の一言

関 元信 様

日本のために私心を捨て戦ってくれた先人のお墓が 無残にも壊されている状況を見て胸が締め付けられます。

大東亜戦争で亡くなられた方々が戦時中に家族宛てに書いた手紙を靖国の遊就館で読みました。

奥さんへの感謝の手紙、病気の親を励ます手紙、幼い子供を心配する手紙、

そして愛する者たちを守るための強い決意をつづった手紙 そこから読み取れたのは、彼らがはるかに深い愛と志を持った人達であることです。

今のぼくらが存在するのは、祖国を愛し戦ってくれた先人がいるからです。 微力ではありますが感謝の気持ちを込め、サイパン島慰霊碑等整備・美化を応援します。

私達の活動にご賛同いただける方は是非ご協力いただけましたら幸いです。

まずはお気軽にお問い合わせください。