キャシングにおけるブラックリスト

キャッシングで家庭崩壊にならないために
知っておきたい事

ブラックリストという言葉は、キャッシング絡みで知る機会があります。

ブラックリストは、貸し倒れリスクが高い人や、返済トラブルを起こす可能性のある人のリストだといいます。

かつて、借りたお金を返すことができなくなった経験がある人や、カード払いを踏み倒したことがある顧客のことです。ブラックリストには、破産や債務整理をした事がある人も含みます。

POINT
1

初めてその金融会社でお金を借りる時

初めてその金融会社でお金を借りる時には審査があります。

返済できる客かどうかを見極めるためです。

この時、ブラックリストを確認して、リストに入っていない客であることを調べます。

ブラックリストは金融会社が個々に管理をしており、必要に応じて参照しているといいます。

ブラックリストに入れる客の判断

ブラックリストに入れる客の判断は、金融会社によります。

よくある例としては、クレジットカードの新規申込みやカード利用時に、申込者名前や生年月日などに基づいて調べるようです。現在借入中の金額や、かつてのキャッシング利用歴を閲覧できる仕組みになっています。

各金融会社は、顧客のキャッシングに関する利用履歴については情報を参照しあえるようにしているようです。そのキャッシング会社では返済トラブルを起こしたことがなくても、別のキャッシング会社で延滞などをしていればブラックリストに入ります。

ブラックリストに入らないためにも安心くんを上手に利用しましょう。。

キャッシングの履歴とブラックリスト


これまでのキャッシングの利用状況で、ブラックリストに入っているかがわかります。過去にキャッシングをして、支払いが遅れた経験がある場合、履歴がもとで金融会社のブラックリストに載ることがあります。毎月の定められた返済日に、借入条件を決めた時に設定したお金が払えなかったという人がいます。キャッシング業界では、ルールを守れなくなった状況を事故情報といいます。金融事故を起こしたことがあるかどうかが、ブラックリストに名前が入る時の指針にとなります。たとえ金融事故を起こしてはいなくても、すでに複数の金融会社からキャッシングなどを行っていることがあります。毎月の収入を考慮に入れた場合、月々のキャッシング返済にあてる金額が大きすぎると思われることもあります。

他社借入件数が多く、毎月何件もの返済をしているという人は、自分の名前がブラックリストに入ったかどうかを気にすることがあります。では、金融業界で働いていない人でもブラックリストの名前は閲覧できるてのしょうか。通常、金融会社に自分がブラックリストに載っているのか問い合わせても、金融会社は守秘義務がある為返答してはくれません。ブラックリストに名前が掲載されていると融資の審査が通りにくく、キャッシングカードも作りづらいといいます。ブラックリストに名前が乗っていると、クレジットカードの新規作成やローン融資がうまくいかないことがあります。

キャッシングするときに大事なのは、借りたおけ値をどのように使うか。
はい、使い道ですね。
ギャンブルや飲食(主にお酒)、風俗などに使うのは辞めた方がいいでしょう。
なぜか、それは、せっかく借りた大切なお金です。
それをあぶく銭のように使うのは論外です。

でも、多いんですよね。それが即ち、ブラック入りしてしまう最大の要因になってしまうのです。

ご利用は計画的に・・・と言いますが、上記の目的で借りた人に、計画的に使える人は皆無でしょう。

ブラックに名を連ねたくない人は、使い道を計画的に出来るように心がけましょう。