名古屋で
不動産売却に強い会社とは?

不動産会社は「不動産のプロ」ではありますが、得手不得手があります。不動産売却をするならば売却に強い会社を探さないと損をする可能性もあります。今回は不動産会社の選び方や名古屋で不動産売却に強い会社について紹介していきましょう。

不動産会社選びのポイント

不動産会社と言っても、名古屋には数多くの会社があります。こちらではその中からどうやって後悔しない会社選びをするかポイントを見ていきましょう。

 ・査定速度

基本的に売り主はなるべく早く売却したいという気持ちがあります。そのため、丁寧な対応であっても査定速度が遅ければ意味がありません。どんな物件でもスピーディな査定をしてくれるかどうかチェックをしておきましょう。

 ・査定額は正確か

ごく一部の不動産会社ですが、売り主に不動産売却の知識がないからと言って安く買い叩こうとするところもあります。不動産売却は桁違いの取引になることがほとんどです。そのため、自分でも事前に相場を調べておいて会社が正確な査定をしてくれるか見極めてみてはいかがでしょうか。

 ・対応物件は幅広いか

不動産物件と言ってもタイプが大きく異なります。一戸建てや店舗と住宅が一体化したタイプなどもあるのです。どんな不動産物件でも対応可能であるかを調べておきましょう。

不動産売却で覚えておきたいことは?

こちらでは、不動産売却において覚えておきたいことについて見ていきましょう。どのようなことを覚えておけば損をしないかチェックしてみてください。

 ・売却タイミング

不動産売却をする人の中には、売却を決めればすぐに売れると勘違いをしている人もいます。不動産売却は金額が大きいこともありスムーズに進んでも短期間は難しい会社がほとんどです。

 ・査定ポイント

不動産物件は年々価値が下がっていくのが一般的です。よほどのことがない限りは一気に価値が上がることはないでしょう。しかし、不動産売却をする人の中には「購入した金額に近い査定額が出る」という勘違いをしている人もいるようです。

 ・売却にかかる費用

不動産を買うわけではないから費用がかかるはずがない、という考えの人もいます。不動産売却をする際は税金などがかかるので、まったくお金がかからないわけではありません。売却金額によっては思ったような金額が手元に残らなかったというケースもあります。

不動産売却で失敗することはあるのか?

こちらでは、不動産売却で失敗するのかについて見ていきましょう。結論から言えば、意外と失敗したと感じる人は多いようです。どんな部分で失敗を感じるのか見ていきます。

 ・相場より遙かに低い金額だった

複数会社で査定をしてもらえば、ある程度の相場が見えてきますが1社のみで対応をすると相場を見極めることができません。その結果、後から安く買い叩かれたことに気づいてしまう人もいるのです。

 ・対応が遅い

なるべく早く売却したくても、担当スタッフの対応が遅いことで時間がかかりすぎることもあります。すべて担当任せにしていると後回しにされてしまうこともあるので気をつけましょう。

 ・信頼出来ない会社だった

不動産売却の注意点はいくつもあるので、誠実な不動産会社にお願いしないと注意点のアドバイスなども何もないまま手続きを進められてしまいます。大切な不動産を売却するのだから、しっかり誠実な対応をしてくれる会社を選びたいものです。

名古屋でおすすめの不動産売却会社

こちらでは、名古屋で不動産売却を得意とする会社について見ていきましょう。現時点で不動産売却を検討している人は参考にしてみてください。

 ・ホームプランナー

年間査定が5,300件以上という驚異の実績を持つ会社です。9割の物件が3ヶ月以内に売却されると言われているので、早めに売却をしたい人におすすめです。迅速な行動に定評があるので、急ぎで売却したい人にとっては重宝する会社と言えるでしょう。

 ・住友不動産販売

全国に圧倒的なネットワークを持つ会社であり、地域密着度の高い会社です。査定から売却、住み替えまでトータルサポートも可能となっています。査定目安に関しては問い合わせが必要ですが口コミ評価は高い方なので信頼できる会社と言えるでしょう。

 ・三井住友トラスト不動産

3種類の査定方法があり、どれもスピーディな対応をしてくれます。税金に関する相談などにも乗ってくれるので売却だけの会社ではありません。正確な査定額にも定評があります。

名古屋で不動産売却会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

名古屋にはさまざまな会社が不動産売却を取り扱っています。
会社によって得意とするタイプなどが変わってくるので、
しっかり比較した上で会社選びをしましょう。
不動産売却は専門用語も多いので、
しっかり説明をしてくれる会社であるかをチェックする必要もあります。