理想の転職を実現 

 転職メディア、成功ルール、理想の転職






転職とワークライフバランス

毎日残業、時々休日出社、たまの休日はとにかく寝る、毎日自宅と職場の往復だけ。

2017年に「働き方改革関連法」が施行されても少しも変わらない、もう疲れた……、と思っている人はまだまだ多い。

また一方では、仕事にやりがいが見いだせない、毎日職場で退屈を感じている、という人も少なくないはずだ。

これらは転職を考えるきっかけになることも多く、そのどちらも「ワークライフバランス」が転職で実現したい重要な課題だと言うことができるだろう。

「労働時間が多すぎる人が転職して定時退社できるようになる」といった例ばかりが「転職によるワークライフバランスの実現」と思われがちだが、それだけではない。

政府が進めている働き方改革では、ワークライフバランスについて次のように書かれている。

仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらすものですが、同時に、家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしに欠かすことができないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増します。
(内閣府【「仕事と生活の調和」推進サイト】「仕事と生活の調和とは」より抜粋)

仕事のやりがいや喜び、プライベートの充実、この両方が揃って「ワークライフバランス」の実現なのだ。

現在の職場でワークライフバランスの実現が難しい場合は、ワークライフバランスが実現できる職場、企業へ転職する選択も大いにアリだろう。

そこで、企業の人事、採用担当として中途採用や働き方の実務に携わってきた筆者が、ワークライフバランスの実現を目的にした転職について詳しく解説する。

転職先の選び方から、面接でワークライフバランスを重視したいことを上手に伝えるポイントまで伝授するので、ぜひ参考にして欲しい。



ワークライフバランスが重視されるケース5つ

ここでは、消極的な理由でワークライフバランスを重視するケースではなく、積極的な理由や必要とされる場面で重視されるケースについて解説する。

消極的な理由とは、前職や現在の職場で長時間労働や休日出社に悩んでいるなどの場合で、こうした状況での転職は当然それらを解消するためのものになるからだ。

積極的な理由や必要とされる場面でワークライフバランスを重視するケースには次のようなものがある。

ワークライフバランスを重視するケース5つ

ケース1:主に女性が求めるライフステージ重視の転職
ケース2:ライフイベントとキャリアを両立させたい転職
ケース3:学ぶ時間を確保したいキャリア重視の転職
ケース4:仕事のやりがいも重視したいバランス型転職
ケース5:自由な働き方を視野に入れた転職



優先すべきは休日か残業か? ライフスタイルと共に考える

休日が多く、有給休暇が取りやすく、残業も少ない、といった環境であれば文句なしなのだが、そのような業種や企業はまだまだ多くないため、総合的に見て判断することが重要だ。

単に月平均の残業時間、年間休日だけを見て「ワークライフバランスが実現できる」と転職してみたものの、理想と違ったというケースが少なからずあるのだ。

ワークライフバランスに関連して、総合的に確認すべき事柄をいくつか解説するので求人票を見る際には参考にして欲しい。


産休・育休の取得実績

求人票の中には「産休・育休取得実績の有無」を記載しているものがあり、特にワークライフバランスを意識した女性の転職では必ずチェックして欲しい。

これはその求人企業で過去に産前産後休業や育児休業の制度を利用した社員がいるかどうかを記載しており、当然「あり」になっている企業ほど安心して転職しやすい。

求人情報に記載していない場合はもちろんのこと、産休と育休は異なる制度のため、結婚や出産を視野に入れている転職では面接などで詳しく確認しておく事柄だ。

また、「なし」の場合であっても、たまたま該当の社員がいなかっただけ、といった企業もあるため、やはり面接の場や転職エージェントを通じて確認しておくべきだろう。


給与や手当、福利厚生などの待遇

給与や手当、福利厚生なども、残業時間や休日の日数と併せて総合的に判断するために欠かせない事柄だ。

特に事務・アシスタント系の職種では、就業時間や休日の面では恵まれているものの、相場より低い給与水準であることも少なくない。

転職にあたっては経験やスキルなど自分自身のセールスポイントを持つことと、キャリアを継続する意味のある転職にすることでワークライフバランスの実現がしやすくなる。

時間に余裕はあるが家計に余裕がないのでは、暮らしも仕事のやりがいも充実を感じにくくなるはずだ。


有給休暇の取りやすさ

有給休暇の取りやすさを知るには、面接での逆質問でポイントを押さえた聞き方を知っておくといいだろう。

「御社は有給休暇が取りやすいですか」といったストレートな質問では好印象にはなりにくい上に実情も掴みにくいからだ。

質問の仕方としては、「社員の皆さんは土日以外にどのくらいお休みを取られていますか」や「お休みの申請は何日前までのルールになっていますか」などが無難だろう。

休みが取りやすいかどうか、ではなく、ルールや実績について質問すれば具体的な回答しかないはずだ。

企業の中には「有給申請は3週間前まで」といった運用もあるため、確認しておくに越したことはない。


ライフスタイルを合わせることも大切

例えば、残業はほとんどないが他社と比べて年間休日が少なめの企業から内定を受けた場合など、ライフスタイルを合わせることが出来そうかイメージしてみて欲しい。

繰り返しになるが、休日が多く残業も少ない、という恵まれた環境は少なく、また、仕事内容や待遇などが魅力的な企業が休日と残業どちらも希望通りとは限らない。

ほぼ毎日定時であれば、今までは週末にしていた部屋の掃除を平日に回して、週末は旅行や休養に使うようにしよう、など、自分自身でも工夫すれば選択肢は広がる。

ワークライフバランスはその全てを企業側が用意してくれるものではなく、用意された環境を踏まえて、自分自身で実現させるものだと考えるのが良いだろう。



ワークライフバランスが転職理由でも問題ない?

近年では特に、ワークライフバランスを目的にした転職は当然とも言えるのだが、求人企業側の本音は転職理由として手放しで歓迎している訳ではない。

もちろん法令や一般的な水準は守りつつも「暮らしよりも仕事を優先してくれる従業員」を望んでいることは否定できない。

“積極的な理由や必要とされる場面”であればワークライフバランスを転職理由にしても差し支えない、ということだ。

何となく、残業が少ない方がいいな、休みは多い方がいいな、といった動機であればワークライフバランス以外の転職理由にしておく方が良い。

ただ、自分が求めていることと求人企業の用意できる環境や条件を出来る限りマッチさせたいのであれば、その「求めていること」を転職理由にすべきなのは言うまでもないだろう。


時間を有効活用するノウハウをアピール

ワークライフバランス実現のために平均残業時間が少ない企業を選んだ場合は、理由と併せて時間を有効活用できることをアピールするのが良いだろう。

単に「残業しない方針」の応募者か、「残業に頼らない働き方ができる」応募者かでは、同じワークライフバランスの転職理由でも全く印象が異なる。

日々の時間配分の計画やスケジュール管理など、これまでのキャリアで実践してきた時間の使い方を踏まえて、オン・オフのメリハリのある仕事がしたい、という理由ならば納得だ。

残業手当などのコスト削減やホワイト企業化への取り組みなど、企業にとってもメリットのある「残業なし」が期待できるならむしろ高評価と言っていいだろう。


休日や休暇が多いことのメリットを考える

休日や休暇が多いことのメリットや残業が少ないことで得るものなど、自分なりの考えを用意しておいた方が良い。

ワークライフバランスを転職理由に挙げたほとんどの場合、「なぜワークライフバランスを重視するか」という質問は避けられないからだ。

資格取得に挑戦する、などの回答が具体的な資格の名称と併せてアピールできればもちろん高評価だが、リフレッシュの仕方や、リフレッシュして仕事にどう反映させるかを回答したいところだ。

休日が多いことや残業が少ないことをゴールにするのではなく、それによって仕事にどう取り組むかをメリットとして答えることが出来れば模範解答と言えるだろう。


まとめ

ここまでワークライフバランスを実現するための転職にはどのようなものがあるか、ワークライフバランスを実現しやすい業界や業種について紹介した。

また、実際の面接でワークライフバランスを転職理由にして印象を損なわない伝え方についても伝授した。

政府も後押ししているが、まだワークライフバランス実現のためには自分で転職先を吟味することも必要なのが実態だ。

「転職のきっかけ」を完全公開
期待していた給料や待遇がないと転職を考える

待遇面での不満が、人が転職を考える方向へと向かわせる。給料や待遇は、仕事の質にも影響を与えるだろう。

人には言っていないが「儲かる会社だから雇用してもらった」という人もいるはず。

その人たちにとっては、給料が全てなのだ。転職したくなるのも無理はない。


成果を残したのにもかかわらず賞与がない企業には見切りをつけたくなる

給料や待遇は、仕事をしていくうえでのモチベーションに大きな影響がもたらされる。

成果を残したにもかかわらず、賞与や昇給も無いならば、モチベーションは下がっていくだろう。

その結果、働きに正当な給料をセッティングする会社に向けての転職を踏み出すのである。


希望していない部署や役職についてしまうと転職のきっかけになる

企業も生き残っていくために、雇用条件の再チェックを行っていく。

見直しによっては、部署異動なども引き起こされるかもしれない。

希望していない部署や役職に就いてしまったケースでは、転職へのきっかけとなり得る。

このような「歪み」が積もることで、転職を決断するまでに至ってしまうのだ。


自分の夢を求めて転職を決意するケースも少なくない

退職をする時には、人それぞれのきっかけがあるだろう。

中には夢を求めて転職へ動き出すと言ったケースも見受けられる。

仕事をしていて「私もあんな感じの仕事をしてみたい」と、夢が膨らんできて、退職を臨む人もいるのだ。

転職へのきっかけは人により違うが、ポジティブな気持ちは原動力が強いので仕事も早く見つかるかもしれない。


女性の場合は「結婚・出差」で職場を変えるケースが多い

女性に多い転職のきっかけは「結婚・出産」である。

結婚してご主人が転勤することになると、必然的に女性側は付いて行かざるを得ないことの方が多い。

そのため、今の職場を離れ、転勤先で新しい仕事場を見つけなければならないのだ。

そもそも出産後に職場復帰が難しいという問題もいまだに根強い。

嘆かわしいことだが、復職先の企業の子育てに関する理解が得られないと職を変えざるをえない時も起こるのだ。


ヘッドハンティングを受けて転職するケースもわずかながら存在する

特殊な事例かもしれないが、ヘッドハンティングを貰ったことが転職へのきっかけとなった事例もある。

ヘッドハンティングとは、優秀な人材を自社へ招き入れようとする行為だ。

つまりは「スカウト」ということになる。

スカウトされた企業に転職すれば、給料もランクアップし、待遇も良くなるだろう。

以上、「会社は関係なし?自分の都合や気持ちがきっかけで転職を決意するケース」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職のきっかけ」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてほしい。



パワハラや激務によって転職を考えるケースは今だに多い

激務だらけで寝る暇もない、いつも罵詈雑言が飛び交い、人間関係の劣悪ということもあるだろう。

パワハラなどにより心身がボロボロになってしまい、知らず知らずのうちに心身を壊してしまっている人もいる。

職場で知らず知らずのうちに積み重なったストレスをため込み続けていると、気持ち的に耐えられなくなってしまう。

身体を壊して、心身が回復不可になってしまってはもう遅い。

酷い状態になる前にできれば、会社へ移ってもらいたいものだ。


休日出勤をしないと仕事が終わらない企業だと転職したくなる

企業によっては、終電まで仕事をする、または休日出勤をしないと仕事が終わらない激務をやらされる。

毎日残業していても仕事が終わらなくて、休日も出勤が当たり前という会社も存在しているのだ。

時間を侵略されては、誰のために仕事をしているか分からなくなってしまうだろう。

ちなみにそういった企業にかぎって、仕事量に見合った給料を振り込みしていないケースが多い。

不満が増大され、転職するしかないと気持ちを確定させてしまうのも無理はない。


職場の人間関係に疲れたことがきっかけで転職を希望する人は多い

上司との仲に悩んでいる人は本当に数多くいる。

人間関係がギクシャクしていると、リラックスして仕事ができない上に進捗もない。

それが原因でうつ病になってしまった人さえいるほどだ。

人間関係で疲弊してしまえば、仕事の充実感どころの話ではない。



倒産しそうな会社なら不満がなくても転職を希望する人が多い

今の会社で働いていることに不満がまったくなかったとしても「会社がつぶれそう」と転職を決意した人もいる。

会社がつぶれてから転職をするのは、給料面はもちろんのこと、就職先の有無にも不安が残る。

そのため、できるだけ存続しているうちに新規の仕事場を見つけたいのだろう。


業績不振が長く続く会社は不安が募り過ぎて転職したくなる

会社の業績不振が見えてくると、会社はもちろん、自分の将来性にも不安がよぎる。

さらに業績不振を乗り越えようと、事業方針に大きな改訂が生じると問題だ。

この方針転換が余計に業績不振を加速してしまうだろうと考え、さらに不安が大きくなるのである。

将来性に不安を抱くと最悪の場合、減給やリストラなどもあるのではないかと頭に浮かんでしまう。

将来が安定している企業と、いつ倒産するかはっきりしていない企業では、安定している企業に勤めたいものだ。


正当な評価システムが整っていない会社では長く働きたいとは思わない

正当な評価というのも、仕事をしていく上で重要である。

評価システムがしっかりしていないと、昇給はなかなか実現しない。

今の会社にいるよりも企業に行った方が給料もグンと跳ね上がるのではないか、と考え始めるのだ。

また評価システムがキチンとしていないと、手柄を上司に持っていかれてしまうケースが出てくる。

努力が無駄になってしまう環境であるなら、転職したいと思って当然だろう。


4回の転職を経て分かった仕事ができる人
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。
プログラムや空き状況についてお気軽にお問い合わせください
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。