入社祝い金。
最大30万円。
児童指導員急募
(正社員)

東京、埼玉の
どこからでも
面接交通費全額支給
(幼稚園教諭が資格と
して認められる
ようになりました)


人間しか武器が無い業界。
性格(人がら)最重視
だから、お話する
チャンスを下さい。
「だから面接交通費の
全額支給をしています」
子供達、保護者様、
仲間のスタッフを
明るくしてくれる人を
常に求めています。
常に人に良い面に
目が向く人と一緒に
働きたいのです。
どこよりも個人の
キャリアアップの支援体制
を強化していきたいと
思っています。

例えば
保育士試験受験費用は
全額会社持ち。
保育士試験合格者から短期学習での合格のコーチも受けることができます。

 療育技術を向上させる
ための講演の講師招聘
はスタッフの希望も
聞いています。
 ITスキルや
動画編集などの
スキルアップのための
パーソナルレッスンの
受講費用も会社が
支援します。
(その時期の会社のニーズと合致させる相談あり)

器用な人より、優しい人。

「ひとがら」性格、人間性が最大の武器になる仕事です。
 だから良い人に来てほしい。
 一緒に子供たちを支えて欲しい。
 そう考えるから子供を支えてくれるスタッフを支えたい。
 そんな施設を作るために毎日頑張っています。
 器用な人より明るく優しい人を求めています。
 障害児童は成功よりも失敗が多い。
 だからこそ常に良い面に目が向くポジティブで明るい
 人材が必要です。
 不器用でも優しくて明るくて性格が良い人が、
くまさんの求める人材です。

応募はこちらから

ホームページ作成が誰でも早くカンタンに!
くまさんは、練馬区で3つめのデイサービスとして2009年12月に開所しました。
 まだ当時は、この業態は放課後等デイサービスとは呼ばれておらず児童デイサービスと言われていました。
 
 日本中にも施設数は少なく児童デイサービスの療育内容も運営方法もどこにも確立されたものがどの施設にもありませんでした。
 なので、当施設くまさんでは本を出している大学教授を探しては何人も招いて独自に提供サービスを作り、人材コンサルタントや教育コンサルタントを招いてスタッフの教育プログラムを作ってきました。
 それは現在に至るまで続いております。
 特に障害に対する捉え方そのものも変化するので常識自体がどんどん変わっていく世界です。
 そんな中で少しずつ増えていく放課後等デイサービスを運営したいと考える日本中の有志のから見学やボランティアを受け入れ、業界の普及に貢献してきました。

応募はこちらから

業務内容

・知的障害児(小学生・中学生・高校生)の療育活動の企画・実施

・送迎・ご家庭との連絡コミュニケーション、記録作業等

 季節ごとのイベント作りなど。

よくある質問

Q
入社祝い金30万円はどのようにいただけますか?
A
まず
①児童発達管理責任者ができる方。
 つまり障害児童福祉経験5年以上で研修受講済の方は3万円
②ハイエースやキャラバンのサイズの車を運転できる方に1万円
③YouTubeなどの動画の撮影、編集ができる方に1万円

 この金額を毎月6か月お支払いさせていただきます。
 それが6か月で最大合計30万円となります。

Q
面接交通費はどこからでも全額頂けるのですか?
A
はい。
今回チラシ配布は西武池袋線沿線ですので、
その近辺の方が多いと思います。
なので東京、埼玉が多いと思いますが。
仮にインディードさんをネットで見て、
4月から練馬や西東京方面に引っ越す予定の
神奈川、千葉方面から面接に来ていただいても
お支払いいたします。

過去にお断りしたのは東北地方から東京圏
での面接を複数受けるのに当社に東北からの
交通費を出して欲しいと言われた際には
採用面接自体、こちらから辞退させていただいたことが1度だけあります。
それ以外は熊谷方面の方でも全額お支払いさせて頂いて面接させて頂きました。
Q
バイクや自転車での通勤はできますか?
A
 原則は大丈夫と思います。
 現場のスペースの状況だけ確認していただければと。
Q
児童指導員とはなんですか?
A
児童指導員とは

①福祉か心理か教育の大学の学部を卒業した
②小学校、中学校、高校の教員免許を持っている。
③保育士免許、あるいは幼稚園教諭の免許を持っている
④社会福祉士、あるいは精神保健福祉士の資格を持っている
⑤高卒で2年以上、中卒で3年以上の障害福祉施設の勤務経験がある

 上記のいずれかを満たしている場合に放課後等デイサービスでは「児童指導員」と見なされます。詳細はスタッフに相談して下さい。特に①と⑤は東京都に確認の必要がある場合がございます。
 昔、教員免許を取った、保育士は持っている、あるいは幼稚園教諭を持っている。

 でも現場経験は全くないというパートの方は比較的多くいらっしゃいます。
 ぜひいらしてください。
Q
初めてでも大丈夫ですか?福祉で働いたことが無いのですが。
A
全然大丈夫です。

障害児童のことがわからないから不安だという方もいらっしゃいますがピュアな気持ちの強い子供たちだと思って下されば大丈夫だと思います。

まずは見に来て下さればと。
Q
自転車やバイク通勤はできますか?
A
自転車とスクーターの受け入れ余地はあるのですが曜日によってスペースに変動があります。自転車は概ねどの曜日でも受け入れ可能かと思います。 まずはご確認ください。
Q
応募前に事業所を見学できますか?
A
はい! 事業所の見学は、応募の有無にかかわらず大歓迎です。ただし(要予約)で お願いします。課外活動などで近所の公園に出ていたり避難訓練を行っている日だと突然いらしても施設内にいないこともございます。こちらのメールアドレスにお問い合わせください。

hoyakuma3@gmail.com
Q
入社祝い金30万円はどのようにいただけますか?
A
まず
①児童発達管理責任者ができる方。
 つまり障害児童福祉経験5年以上で研修受講済の方は3万円
②ハイエースやキャラバンのサイズの車を運転できる方に1万円
③YouTubeなどの動画の撮影、編集ができる方に1万円

 この金額を毎月6か月お支払いさせていただきます。
 それが6か月で最大合計30万円となります。

くまさんが大切にしている価値観
有休消化率97% 年間120日以上の休み
左の写真のような表で有休管理をしています。
去年は祝日が多かったので正社員の中には130日以上の休みになった社員も多々おります。(勤務が数年の社員さん)

しっかり休んで児童を支援してもらいたいのが会社の方針です。
風通しの良い人間関係

人間関係の良い職場づくりを常々目指しています。
「人柄」が一番の武器だと考えております。
 だから良い人がほしいのです。
 直属の上長に言いにくい場合には社長にLINEで直接相談もできます。

 そして子供の安全を守るためにはスタッフ同士の連携が極めて重要です。
それも仕事だから割り切ってという関係だとどうしても隙が出ます。だから、そもそも今のスタッフと仲良くできる人に来てほしい。
スタッフの人間関係は療育のためにも重要です。
保護者さんや学校との情報交換にも人間味が最重要だと考えております。

それぞれの人生経験も重視しますが我の強さは不要と考えています。
情報共有のための様々な仕組みも考えております。

スタッフ同士の飲み会、歓迎会、送別会、忘年会、新年会などにも当施設の経営者は支援を出すほどスタッフの仲の良さを応援しています。昨年実績では6回以上です。もちろん飲み会の支援金はパートさんの参加も考えて出しております

OJTでストレスの小さい職場づくり
全ての仕事をできる限り

 視覚化したり段階的に覚えられるように工夫をしております。
 またわかりにくい場合には何でも聞いていただければ質問にお答えできる体制を持っております。
 もちろん難しい仕事、複雑な仕事をパートさんに無理を言うことはありません。

 常になんでも「仕組化」できないか誰がやっても効果が出る個人に対する負担が小さくなるやり方を模索しています。
 なので新規入社の方の話も仕組みに効果的なら聞く素地があります。
 障害児童への対応は構造化してあるのは児童への負担も少ないのでスタッフも、そのように考えていただくことは大歓迎です。
セミナー受講やストアカなどの個人指導の勉強を応援しています(保育士試験合格者が直接コーチもできます)
くまさんを良くするためにスタッフが勉強することを支援しています。スタッフには保育士試験の受験費用などを出しております。
 また写真のように保育士試験の合格者から直接短期学習により合格できるようにアドバイスを受けることもできます。

そしてパートさんも対象としているのは福祉のセミナーなどで施設に必要と思われるものは提案して下されば受講費を支援します。
 またストアカなどの個人指導のサイトからインスタグラムやツイッターの勉強をしたい、動画撮影、編集の勉強をしたいという場合には施設での活動に結びつけてくれるものに受講費支援をしています。
OJTでストレスの小さい職場づくり
全ての仕事をできる限り

 視覚化したり段階的に覚えられるように工夫をしております。
 またわかりにくい場合には何でも聞いていただければ質問にお答えできる体制を持っております。
 もちろん難しい仕事、複雑な仕事をパートさんに無理を言うことはありません。

 常になんでも「仕組化」できないか誰がやっても効果が出る個人に対する負担が小さくなるやり方を模索しています。
 なので新規入社の方の話も仕組みに効果的なら聞く素地があります。
 障害児童への対応は構造化してあるのは児童への負担も少ないのでスタッフも、そのように考えていただくことは大歓迎です。

くまさんと関連活動

放課後等デイサービスくまさん https://www.kumasan-tokyo.com/
くまさん保谷教室 https://www.kumasan-hoya.com/
障害者雇用開発研究会フェイスブックページ https://www.facebook.com/KOYOKAIHATU/
障碍者雇用開発研究会ページ https://peraichi.com/landing_pages/view/koyokaihatu
障害者雇用開発研究会フェイスブックページ https://www.facebook.com/KOYOKAIHATU/
施設概要
施設名 放課後等デイサービス くまさん

設立年月 2009年12月
住所
東京都練馬区石神井台5-25-27
連絡先 TEL:03-5903-9981  FAX:03-5903-9982
メールアドレス info@kumasan-tokyo.com
ホームページ https://www.kumasan-tokyo.com/
営業時間 10:00~19:00(日祝休)
設立年月 2009年12月
施設名 放課後等デイサービス くまさん保谷教室
設立年月 2014年12月
住所
東京都西東京市東町2-9-7 ミトモハイム1F
連絡先 TEL&FAX:042-439-3399
メールアドレス info@kumasan-hoya.com
ホームページ http://www.kumasan-hoya.com
営業時間 10:30~19:30
設立年月 2014年12月