万年ダイエッターから卒業する方法教えますの販売店

ミラーマン氏が販売している
万年ダイエッターから卒業する方法教えます


ここでは、万年ダイエッターから卒業する方法教えますの
販売店と内容を少し見ていきましょう。


現在に至るまでのキツイダイエットの失敗はアナタのせいではないです。

信用できないマスコミが原因です。

本書のダイエットの理解があれば、ご多忙の専業主婦でも
ジムに行くこともなくダイエットを達成できます。



これまでダイエットのスタンダードは
確たる証拠、根も葉もない30年以上前の
ピント外れの常識がベースとなっていました。

その一番大きい例が「カロリー制限」です。

摂取カロリーをカットし痩せましょうという
誰もが馴染みのあるアレです。



肉はカロリーが高いからNG、
油もストップ、卵はコレステロール値が高いから
1日に2個までとか。

さらに、有酸素運動は長期的に
20分以上やらないと水の泡になるとか。



これらは全部ウソです。



卵はコレステロールが高いから
1日に2個までというのは

ウサギの検証結果を元にしたものでしたが、
当然のことながら草食動物の食事の実験結果を
人間に押し当てはめることそのものが取り違えています。



2015年に厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」で

これまであったコレステロールの摂取制限は設けないことに変更されています。



実験結果が誤っていたというのはまだ良い方で、
テレビで100%虚偽の情報をお茶の間に届けられることもあります。



記憶している方もいるでしょうが、全国放送された某局の

「納豆ダイエット」は

納豆が足りなくなるほどの社会現象になったのですが
まったくのデタラメでした。


これが引き金になり番組は打ち切りになりました。


人間がデブになる背景にあるのは

糖分の過剰摂取です。



カロリーや油は繋がりがありません。



糖類というのは主にごはんやパン、麺類、根菜類、果物、ビールなどです。

肉や魚は糖質がビックリするほど低いから、
満杯になるまで摂っても問題ないのです。



カロリー制限でダイエットしてしまうと糖分を軽んじがちです。



1つの例として、ざるそば。

いつの時代でも、思ってた以上にカロリーが低いからと、
ダイエット目的で食べている人はいっぱいいたんです。

けれど、蕎麦は糖分が沢山でダイエットにはオススメできません。

あげくの果てに蕎麦湯まで飲もうもんなら

おデブまっしぐらです。


油なんかも今まで常識は覆っています。



その時代のお医者さんも把握していませんでしたからこれはしかたが無いことですが、
これまでお医者さんは血液中の脂質に異常の見られる患者さんに対し、
油の制限を言い聞かせてきました。

ところが脂質を控えても中性脂肪の数値は下降しません。



摂取する油を控えれば、血液中の中性脂肪はダウンすると
お医者さんが判断していたんですね。



2009年のデータで、食べる油の割り合いが多い人ほど
中性脂肪の数値が下降していることが判明しました。


中性脂肪過多の人に油を控えなさいなんて指示してはいけなかったんです。



ダイエットの定石の変化はアメリカから起きています。

アメリカの有名雑誌、TIME誌(1984年)には

コレステロールは悪者扱いされていて
「卵とバターは避けましょう」と言われていますが



2014年には「バターは食べろ」
と断言します。



長年信じられていた

「油は不健康」みたいなことは誤っていたと公表されています。



こういった風にメディアが発信するダイエット情報が誤っていたので、
たくさんの人がきちんと痩せることが出来なかったんです。



だとすれば、以前のやり方ではダイエットできないのかといえば

そういったことはありまん。



かつてのカロリー制限でもダイエット可能です。
無茶苦茶ハードで、辛いですけど。

その上、失敗したときにリバウンドしやすいという性質があります。


2008年に示されたレポートに(ニューイングランド ジャーナルオブメディシン)

太っている方々を対象にした実験で

① 油&カロリーを控えるグループ

② 油はしっかり摂ってカロリーを控えるグループ

③ 糖質を控えてカロリーは無制限のグループ



に割りふって減量効果が最も高いのはどれか?の
調査がなされました。



その結果、もっとも効果が高かったのは③です。


短期的にも長期的にも
カロリー制限のダイエットと比較して
糖質制限のダイエット法の方が効果があったんです。



糖尿病患者用の食事の意識も大きく変わってきました。

食後に血糖を上げるものは糖分だけなのですが、
従来の栄養学はここの部分に理解が達していなかったんです。



本書では糖質制限と血糖値のコントロールをメインにした
ダイエット法をお見せしていきます。


「糖質制限なら知ってるよ。糖質を少なくすれば良いんでしょ。」
という声が聞こえてきそうですが

しっかりと正しい糖質制限ダイエットを理解していますか?


糖質制限は単にダイエットだけでなく健やかな人生に
大きなプラスになってくれます。

老若男女問わず、たくさんの人が見逃してはならない知識です。

近年は医療系のTV番組も増加してきて、
正確なダイエットの知識がお茶の間に届けられる傾向が強くなりました。



それぞれの局がそれぞれ違う時期、違う時間枠に放送しているので、
気をつけているはずなのに見逃してしまう。



このように思っていませんか?


大丈夫です。ご安心ください。

私が数年分をまとめました。



エビデンスがしっかりある書籍やWEB情報もまとめました。



人類最強の「糖質制限論」江部康二著

も参考にしながら理解しがたい表現は外して
かみ砕いてお伝えします。



本書を読めばアナタのダイエットの偏差値は各段に上達します。



万年ダイエッター卒業は本当にすぐそこです。




目次

1.なぜ痩せられないのか

2.正しい糖質制限とは

3.血糖値の基礎

4.血糖値 サビ

5.糖質制限で老化する?

6、ケトン体 ロカボダイエット

7、糖質制限量

8.内臓脂肪

9.アディポネクチン

10.脂肪はいくら摂っても

11、炭水化物の摂取増加で

12.糖質制限の注意点

13、痩せすぎ

14.糖質制限への批判

15.ダイエットの計画

16、糖質制限のコツ パターン化

17.食事を作るときの一工夫

18、おやつのススメ

19、新常識 運動


豆知識

1、腸内フローラ

2.デブ菌

3.朝めし

4、本当のべジファースト

5、子供も糖質制限?

小ネタ

整理整頓と掃除

NEAT

ココナッツオイル

お酒

便秘対策


まとめ



大変申し遅れました。

私、ミラーマンと申します。


ボクシング業界に30年おります。

プロ、アマ問わずボクシングをする者全員がぶち当たる壁は「減量」です。

私自身、正しい知識を持ってなかった若かりし頃は、ボクシング漫画やテレビのダイエット情報を鵜呑みにして減量をしていました。


毎食カロリーを計算し、

摂取する水分も制限する減量法です。


今思えば他にもいろいろと間違ったことをしてました。

かなり辛かったんですが、なんとか目標体重まで減量してました。


試合の前日に計量をするんですが、アマチュアボクサーだった10代の頃、無理な減量のせいで不整脈が出てしまい、計量の前のドクターチェックで試合の許可が降りなかったことがあります。


この時は試合前に練習相手になってくれた同僚達に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。


プロボクサーになってから、本場のアメフトのコンディショニングコーチの減量方法を学ぶ機会がありました。


それが本書でお伝えする

「糖質制限と血糖値のコントロールをする方法」の原型となるものです。


この方法で何度も何度も減量してみました。

結果、毎回うまくいきました。

当時はとにかく糖質を抑えて食事の回数を増やすというシンプルなものでしたが現在は科学的根拠もしっかりあるのでより安全で確実なものになっています。


その方法を詳しくお伝えします。


本書で、糖質、血糖値、脂質についてがっつり学んでいきましょう。

読み終わるころにはアナタのダイエットの常識は刷新されます。

では、参りましょう。