肝斑の治療法とは?
治療はクリニック選びが大切

女性にとってシミは肌の大敵。肝斑もシミの一種ですが、一般的なシミとは異なる原因でできてしまうことがほとんどです。ここでは、肝斑の基礎知識や治療方法、クリニック選びのポイントなどについてご紹介します。

肝斑とは

肝斑は、主に女性にできるシミのことで、おでこやこめかみ、頬骨などのあたりにできます。30~50代の女性に多く見られる症状で、左右対称にできるケースが多い傾向にあります。肝斑は50代の後半までに発生しやすいといわれており、高齢になるとほとんど発生しないのも特徴です。

 

原因として挙げられるのは、女性ホルモンです。女性ホルモンバランスが乱れることが原因といわれているほか、ピルの服用が原因になることもあるといわれています。

 

一般的なシミは紫外線や肌トラブルが原因になることが多いですが、体内に主な原因があるのが肝斑の特徴です。ただ、肝斑も強い日差しを浴びることで症状が悪化する、濃くなるといったことがあるので注意しなくてはなりません。

肝斑の治療方法

肝斑は女性ホルモンが主な原因ですが、さまざまな要因が複雑に絡み合ってできることがほとんどです。そのため、治療も複数の方法を複合的に組み合わせて進めていくケースが多い傾向にあります。

 

代表的な治療方法としては、点滴やビタミン注射などが挙げられます。ビタミンCやB群、コエンザイムQ10などを投与する治療法です。ほかにも医療用サプリを組み合わせることも。レーザートーニングを使用して、直接的に肌に働きかける治療法を採用しているクリニックも少なくありません。

 

レーザートーニングは、専用の医療用レーザー機器を用いて治療を行います。皮膚に蓄積したメラニン色素を減少させる効果が期待できる治療法です。レーザー治療は痛みを心配する方が多いですが、軽く肌に刺激を感じる程度なのでそれほど強い痛みはありません。

 

ほかにも、外用薬の服用やイオン導入などの治療法があるほか、バールカクテルと呼ばれる方法を採用しているクリニックも。バールカクテルは、汗腺や毛包から美容成分を注入する治療法です。

クリニック選びのポイント

肝斑の症状は人によって大きく異なるため、その人にマッチした治療を行わなくてはなりません。また、普通のシミと一緒にできていることもあるため、肝斑治療の経験が豊富な医師でないと見分けられない可能性があります。

 

そのため、肝斑の治療を受けるクリニックを選ぶときは、肝斑治療を得意とする医師が在籍するクリニックを選ぶことが大切です。専門医による正しい診察を受け、その上で自分に合ったオーダーメイドの治療を受けなくてはなりません。

 

肝斑治療を得意とするクリニックもあるため、できるだけそうした医院を選びましょう。また、治療を受ける前にカウンセリングを実施してくれるクリニックならより安心です。治療に関する不安を解消でき、安心して治療が受けられます。

 

気になるクリニックを見つけたら、インターネット上の口コミや評判もチェックしてみましょう。実際に肝斑の治療を受けた方の口コミや評判があれば、クリニック選びの参考になります。個人の主観で投稿されたものなので、中には信頼に足らないものもありますが、できるだけたくさんの口コミに目を通してみましょう。

肝斑を予防する方法とは

女性ホルモンの乱れが大きな原因といわれているため、完全に予防するのは難しいようです。ただ、体内の活性酸素が増えると肝斑ができやすいともいわれているため、食生活を見直すことで予防ができる可能性もあります。ビタミンCやEなど、シミによいといわれるビタミンを普段の食事で豊富に摂取しましょう。

 

また、できてしまった肝斑は紫外線を浴びることで悪化することがあります。悪化を防ぐには適切な紫外線対策が欠かせません。紫外線はシミをはじめとするさまざまな肌トラブルの原因にもなるため、しっかりと対策しましょう。

 

紫外線は夏だけでなく、年中降り注いでいます。そのため、夏場だけでなく一年を通した紫外線対策を徹底しましょう。紫外線をカットできるアイテムを使う、長袖や帽子を着用するなど、日ごろから気を付けてください。

肝斑を本格的に治療したいと考えている方は、下記のサイトにもアクセスしてみましょう。
こちらのサイトでは、肝斑に関するさまざまな情報が掲載されています。
東京で肝斑の治療ができるおすすめのクリニックも紹介しているので、
本気で治療を考えている方にはおすすめできるサイトです。

まとめ

肝斑の治療は専門的な知識と技術、経験を持つ医師でないと難しいので、
自己判断でセルフケアを進めるのはなるべく避けましょう。
正しい方法で治療を進めるためにも、たしかな知識と技術を持つ専門医のもとで診察を受けてください。
ここでご紹介したサイトもぜひ参考にしてください。