つなぎ資金の調達でおすすめの方法

つなぎ資金を調達するにあたり、銀行やビジネスローンによる融資を検討している経営者は多いのではないでしょうか。

つなぎ資金の目的は一時的につなぐための融資ですので、金融機関からの借り入れを考えるのは至って普通です。

しかし、私はファクタリングサービスを使ってつなぎ資金を調達しています。

以下では、ファクタリング取引の大まかな仕組みについてまとめてみました。

  • 回収が住んでいない売掛金をファクタリング会社に譲渡する
  • ファクタリング会社は売掛債権の信用力を調査する
  • 問題なければ手数料を差し引かれた金額が支払われる

売掛金の支払いの約束期日前に現金化できるのがファクタリングの大きなメリットです。

上記でも解説したように建設業を営む私は売掛金で売り上げを回収していますので、融資よりもファクタリングの方が簡単につなぎ資金を調達できます。

借り入れとは大きな違いがありますので、返済したり利息を支払ったりする必要はありません。

つなぎ資金や運転資金が足りなくて悩んでいる時に、ファクタリングは非常に役立つサービスですよ。

ファクタリングを取り扱う会社は急速に増え続けていますが、その中でも私は審査や現金化のスピードが圧倒的に速い日本中小企業金融サポート機構を利用しています。

弁護士監修の電子契約サービスのクラウドサインを導入していますので、最短で当日に振り込んでくれるのがおすすめポイントです。

信用情報には履歴が残らないため、融資の審査中のつなぎ資金として活用することもできます

2種類の契約方法から選べたり手数料が安かったりといった魅力的なポイントもありますので、つなぎ資金を調達したい方は相談してみてください。

つなぎ資金とは

つなぎ資金とは、一時的に資金をつなぐ目的の借り入れを指しています。

長期的な融資ではなく一時的な借り入れで、「つなぎ融資」と呼ばれることも少なくありません。

建設業を営んでいる私は、つなぎ資金が必要になるケースが多々あります。

それは事業の売り上げを売掛金という形で回収しているからです。

売掛金はすぐに回収できるわけではなく、1ヵ月~2ヵ月先になることもあります。

その間に急な出費や人件費の増加が起こると資金ショートの状態に陥りやすいため、つなぎ資金が必要になるわけです。

建設業は工事前から工事中にかけて資金が不足すると人員を揃えられなくて先に進めないので、運転資金の借り入れは事業の継続で欠かせません。