周りに知られにくい「見えない矯正」とは?

歯並びが気になって歯列矯正に興味を持つ人は多いでしょう。しかし見た目を悩み、手軽に始められるものではないと思う人も少なくありません。ここでは見えない矯正とも言える目立ちにくい矯正方法についてご紹介します。

■矯正に抵抗がある理由

・ワイヤーが目立つ

従来の歯列矯正と言えば、銀色のワイヤーを歯の表面に装着するタイプがメインだったため、歯を見せた時に目立つことが心配で矯正を受けることをためらう人は多くいました。

・費用が高額

見た目を改善が目的の歯列矯正は保険適用外のため、全額自己負担になることから矯正の完了までにかかる費用の高さが心配されています。なぜ費用がかさむかと言うと、数回施術を受けただけでは完了せず長い期間メンテナンスを行いながら少しずつ整えていくためです。

・時間がかかる

歯並びは今すぐに整えられるものではなく、少しずつ正しい位置へ矯正具を使って導いていくため施術完了までには時間がかかります。中には歯を抜いて早く矯正を終わらせる方法もありますが、健康な歯を無理に抜くことで歯全体の健康にデメリットが生じる可能性が出てくるでしょう。

■見えない矯正とは?

矯正装置の種類が増えたため歯の表面につけるもの以外も多数登場しており、目立たないものを選べば周囲に知られにくい矯正を行うことも目指せます。例えばそのひとつにマウスピース矯正があり、透明のマウスピースを使うと銀色の矯正具よりも格段に目立ちにくくなります。

他には、白くコーティングされたワイヤー・歯の裏側へ矯正装置を装着・部分的に裏側から矯正などの方法があり、自分の希望する見た目に応じて選択しましょう。ただし、歯の状態によっては選択が難しいかもしれないため希望の施術がある時は、初めに相談することをおすすめします。

■マウスピース矯正のメリット

・目立ちにくい

マウスピースは透明で薄い素材のため、ワイヤーの矯正装置ほど目立つ心配は少なくなるでしょう。そしてマウスピースの種類はさまざまで、型を取る回数が少ない・矯正中の虫歯治療にも対応・装着時間が短いなど違ったメリットを持つタイプがあります。求めるメリットと歯の状態に合ったマウスピースを医師と共に選びましょう。

・違和感や痛みが少ない

ワイヤー矯正の場合、装着し始めの時は圧迫による痛みを感じやすく、物を噛む時には特に痛くなりやすいでしょう。またマウスピース矯正でも痛みを感じることはありますが、ワイヤー矯正の場合よりも少なく、歯が動く時生じる痛みだけで済むことが期待できます。それにワイヤーの矯正装置のように口の中を切って口内炎になる心配も少なくなるでしょう。

・お手入れが簡単

マウスピース矯正は取り外しができるため、食事の時にはずしたり歯磨きが普段通り行えたりすることから煩わしさがありません。そして外出時などにははずして置いておくことも可能なため、見た目の心配についてもクリアするはずです。

■マウスピース矯正の注意点

・装着時間を守る

取り外しのしやすいマウスピースを使った矯正では、装着時間が1日20時間になるよう心がけましょう。外出時間が長くなったり食事や歯磨きの時に外したまま忘れたりすると装着時間が足りなくなり、矯正に時間がかかることになります。そのため支持された装着時間には注意が必要です。

・壊さないよう管理する

マウスピースは薄い素材でできており金属ではないため、うっかり踏んだり落としたりすると壊れてしまいます。すると新しくマウスピースをつくらなくてはならないことから、装着できない期間ができ矯正効果が半減することもあるでしょう。そのためマウスピースは取扱いに注意し適切に管理しましょう。

■マウスピース矯正の口コミ

・不便さを感じなかった

ワイヤー矯正を考えていた時は取り外しができないことを心配していたものの、マウスピース矯正にしたところ取り外しが簡単で使いにくさはなかったとの声が寄せられています。矯正装置を外せない方法ではどうしても汚れがたまりやすく、不快に感じることも多いのでしょう。

・周りに気づかれにくかった

目立つ矯正装置で人から気にされることがイヤだった人の場合、透明なマウスピースであり人と会う時に取り外すこともできるマウスピースは便利で使いやすい矯正装置だったという口コミがあります。

・費用が抑えられた

別の矯正方法を検討していた人からはマウスピース矯正にしたところ、費用が思ったよりも安くなったと喜ばれています。さらに自宅や職場から通いやすいクリニックを選択することで交通費なども抑えることができるでしょう。

■まとめ

歯列矯正について興味はあるけれど、目立つことなどが不安でなかなか踏み出せなかった人も今は進化しマウスピース矯正のような目立ちにくい「見えない矯正」も登場しています。さまざまな歯科クリニックで取り扱われているため、出かけやすいところで相談してみてはいかがでしょうか。