つれづれに 3月-5月
上の画像タップでトップページへ

2021年5月30日(日)
きれいになった

草刈りをしてくださいました。
家周り一帯は伸びないうちにと何回も刈ってきましたが、今年は足元が危なかしいのと腰痛でお願いしたわけです。
私にとっては遂に老域に入ったかの、いちだい転機の日となりそう。
気になっていた前がきれいになりました。刈草の始末はぼちぼちです。

2021年5月27日(木)☂
   ワクチン接種

昨日、コロナ・ワクチン接種一回目を受けました。
11時受付開始、25名ずらっと並んで受付・問診で待合室へ。全員揃ってからその場で接種。接種が終わったのは11時45分。そのまま15分様子見。
この医院は付き添い人要で1時間以上車で待機となったわけ。独り者はご近所の方にお願いしていたので気を使います。受付で付き添い人のチェックがあるわけではナシ、2回目は要領よくと。今のところ、アナフィラキシーも何も無さそうです。
町内・津山市内の数人の情報では、付き添い人要は私だけです。

2021年5月22日「土」☀
  配給制度とにぎり


チコちゃんに叱られる!! 
握り寿司1人前が10貫は、米が配給でしか手に入らないとき、飲食業も禁止され、生き残りをかけて委託加工業に。持ち込まれた1合で10貫のにぎりをつくったのが元と。
終戦後しばらくは、海の学校などの宿泊研修には、米持参でした。臭いニシンの干物が配給され組の人が集まって分けたことを印象深く覚えています。
そこで、何故"貫"と。諸説あるようですが、にぎりの業界独特の呼称がある中の一つと思えばいいのではと自己解釈。シャリ・ガリ・サビ・アガリ のように。

2021年5月19日(水)
翁草

山野草・翁草の種、新聞で知り譲って頂きました。ふわふわの羽の付いた種です。
ご丁寧な栽培説明のお手紙つきです。
紫の釣り鐘型の花が咲きます。
山野草は環境に敏感です。うまく育ちますように。
実ると、名前の由来の翁の白髭様になるようです。楽しみです。
実ると、名前の由来の翁の白髭様になるようです。楽しみです。

2021年5月18(火)
新しいチップソーに

新しいチップソーに取り替えて刈りました。
さ~っさときれいに刈れて捗ること。
刈り払機の刃を取り替える工具が見当たらず、その内にと我慢、我慢しきれず買ってきました。
交換して今朝草刈り。なんとすいすいと。刃は小まめに替えることです。畑回りがきれいになりました。
早くも梅雨入り、草が伸びます。

 2021年5月11日(火)☀☁
    ワクチン予約

新型コロナワクチン接種の一般高齢者の予約受付が昨日から始まりました。
町のコールセンターでなく、かかりつけ医院の専用電話に直接申し込む事に。
朝仕事から上がって9時半頃から一時間おき位に電話で、5時半近くにやっと。
急ぐことはないと思っていても落ち着かず、何回も掛ける結果となりました。
同年輩の友達も、1日中何も手につかず電話したがずっと話中で終わったと。
今日、予約出来たそうです。
いろんな情報がありますが、兎に角受けておかないと(+_+)☆

 2021年8月9日(日)
      母の日

娘からプレゼントが届きました。
「てまりおこわセット」冷凍
きれいで可愛いい大好きおこわ、チンして頂きます。
静岡のうなぎ工房の商品を娘がチョイス、熊本在住の孫が依頼されてオンラインシヨップから。
そんな手順はポイント獲得のよう。
私もスマホのポイント表示が増えるのを楽しみにしているところ。d払いは200円に1p、カードなら100円に1p。頭を捻ります。獲得ポイントで美味しいものを買って食べることに。ささやかなお楽しみです。

2021年5月6日(木)
飛んできたひ孫たち

大型連休が終わりました。
だ~れも来ないし~ずかな日々でしたが、ラインで動画や画像の曾孫たちがどんどんやって来ました。そのうちの1枚。二人姉妹が従弟に本読みしています。1年生に入学したお姉ちゃんのリードで、仲良く遊ぶそうです。6歳・4歳・1歳8カ月。2歳でお兄ちゃんになる予定です。

2021年5月5日(水)☂
ミヤマヨメナとミヤコワスレ

白系の深山嫁菜の色のあるものを選んで改良したのが都忘れ
4・50年程前に貰ったミヤマヨメナが庭や鉢で健在です。
画像は3色ですが、濃淡の中間色が生まれていて、毎年たのしみです。湿気た渓谷辺りに群生で、ある谷間の道縁に見つけていますが、少なくなっているようです。キク科で春に咲く珍しい花です。

2021年5月4日(火)
朝仕事

霜注意報の心配で、のびのびの夏野菜の苗植え。
早朝作業をと早めに着替えなど準備にかかりましたが、なんと寒い。でも作業するうち汗になりましたが。
トマト・ナス・キュウリ・ピーマン・ショウガ。
最近はマルチなしで、兎に角草が生えないほど草を敷き詰めます。次は種まき少々。

2021年5月2日(日)☂・☁
大垪和西の棚田

農林水産省の「日本の棚田百選」に選ばれている棚田。昨日はNHKテレビで今日は新聞で紹介されました。鳥取でもTVニュースで見たと。
娘から、今日の新聞に友達が登場していると電話があり、早速新聞を取りに行きました。高齢化で維持管理大変ですが、頑張っておられます。水を張ったこの時期の棚田は撮影スポット、夕日撮りにカメラの放列となります。こんな画像がありました。

2021年4月29日(木)☂
恵みの雨

久しぶり、ホントに久しぶりの雨らしい☂。
棚田は自然の出水で賄いますが、水溜めは大量の水が必要で高い田圃では3月の冷たい頃から恵みの雨をのがさないように水溜めに精出します。連休中には田植えを終える処も、今年は水無しで随分遅れているよう。今日は皆さん雨カッパを着て出られていることでしょう。
向こうに見える田圃にトラクターが見えます。放棄田としているものとしては、のうのうとしているのは申し訳ない気持ちです。
ご苦労様です。

2021年4月20日(火)
ロビー展

中国銀行久米支店で、『作州絣ロビー展』が開かれています。「地域社会と共に発展」の経営理念に基づく企画とのこと。
途絶えかけた織の技術を日名川さんが継承し、作州絣工芸館を中心にして伝承に頑張っておられ、その紹介です。
綿繰り、糸紡ぎ、織りの工程を見ることが出来ます。子供の頃、1940年頃と思いますが祖母と母がやっていたそのままの風景で、懐かしく拝見しました。

綿は畑で栽培。硬い殻がはじけて白い綿が飛び出します。それを収穫してまず綿繰り機で種を分け、これは子供の担当。糸紡ぎ(糸をひくといっていました)は祖母、蓬などで草木染、機織り機にセットなどは全員で、織りは母がとみんなで精出していました。出来上がった縞模様の反物は、ごわごわの布団になりました。

2021年4月18日(日)
からたちの花

からたちの花が咲いたよ
白い白い花が咲いたよ

からたちのとげは痛いよ
青い青い針のとげだよ

2021年4月17日(土)
折り紙

今日は☂。折り紙の日でした。
ユニット折り紙の本を手本に基礎から始めました。パーツ同じもので組む数が増すごとに複雑で大きい立体形になります。画像の立体は3・6・12枚組です。
なかなか組む要領がつかめませんが、30パーツの見事な作品を仕上げたいもの。
リフォーム・編み物とやっていますが、物が増えることは止めにして、ぼけ防止の為に折り紙に転換です。

2021年4月14日(水)
     総会

老人会"境たかね会"の総会でした。
美咲署のくらし安全課から見えて詐欺注意の話少々と紙コップ、写真を撮ってすぐに引き上げられました。紙コップは明日贈呈式で、その前に頂いたというわけ。
総会行事だけで、弁当・お茶持ち帰り。私は会計係を代わってもらったので引継ぎして気持ちが軽くなりました。
美咲署のお巡りさんが、ジャケットスタイルなので緊張感なくてよかった。

2021年4月12日(月)☀後☁
    作業始まりです

昨日、気になっていた放棄田の電柵を娘夫婦に撤去してもらいました。
草ぼうぼうでは意味なく放置ではみっともないので。やれやれです。
イノシシは来ていますが、忌避剤で対応です。

今日は、草刈りはじめで畑回りの大草刈り。
腰痛で整骨院へ掛かっている状態でしんどいながら、少しずつでもしなくては。

 2021年4月6日(火)
      町議選

町会議員選挙が始まりました。4月11日の選挙に向けて熱戦が繰り広げられます。
従弟が続けて出馬で、出陣式へ参加。最後に孫たちが支える"必勝だるま"へ片目入れて、選挙カー 拍手に送られて出発していきました。験担ぎか、プレートナンバーも意味あり気でした。

2021年4月5日(月)
葉わさび

50年程前、谷間の家から貰って来た株が、我家の裏にあります。
地下水が染み出るところで、何とか性に合ったのでしょう。
この時期、葉や花を摘んでわさび粕漬け作り。今年も香りよくぴりっと辛いのが出来ました。おすそ分けした友達も、美味しいのが出来たと喜びのお電話。季節感格別の山菜です。

2021年4月1日(木)
さくらと飛行雲

黄砂晴れて快晴の青空。
飛行雲が3すじ、つぎつぎと白線を伸ばしていきました。
関西空港方面からのよう、3機続けて何事??

"紅そば亭"の境公民館辺りの桜も、はや花吹雪です。

2021年3月29日(月)
満開

家の前の桜が満開となりました。
咲き初めから10日ばかり。東の木から順次西へ。3月の内に満開とはめったに無いこと。
何もかも一気咲きで花に囲まれています。
今日は黄砂の注意報。ロマンチックに"春の使者"も今や注意報に。
鳥取ではカスミどころか黄色で大口開けてしゃべっているとザラザラすると。友達のはなし。

2021年3月26日(金)
ころばん体操

ころばん体操へ初めて参加しました。
まず、血圧・体温・体重を測って記録。
参加者がそれぞれが順番にリーダーとなって進めていきます。休憩をはさんで1時間、しっかり運動出来ました。
町主導の「通いの場」として大垪和地区に1か所"憩いの家"に設けられています。週1回の運動は体力、歩行機能を低下させないためにとても有効であるとされ、コロバン体操を基本として認知症予防も行われているということです。

2021年3月22日(月)☂・☀
クリスマス・ローズ

春咲くのにクリスマスというのは???
もともと、クリスマスローズというのは、キンポウゲ科のヘレボラス属「ニゲル」の名前で、クリスマスの頃咲く花。 ところが!日本で、ヘレボラス属の別の花で春に咲く種類が流通。  クリスマスの頃に咲くニゲルを指していたのに、親戚の別の花が流通しちゃったので、季節感のない名前になってしまったということのようです。
去年秋株分けしたので貧相ですが咲きました。
シベに見えるのが花で、花びらに見える部分はガク。ガクは長持ちするので長く楽しめます。が、結実すると株が弱るので早めに切って、切り花で楽しむこと。

  2021年3月21日(日)
     さくら開花

南に住む娘から花のたよりが届いたので、我が家は? 出てみました。
なんと、もう開花宣言の5輪以上開いていました。どの地方も早いようですが、ほんとに早い。-10℃の強烈な休眠打破で目覚め、その後の気温上昇で蕾が順調に育ち、早い開花となったと我解釈です。高いのでスマホ撮影は無理。

画像 : はや紙垂コブシの盛りは過ぎ、白い山コブシが咲きかけています。

2021年3月20日(土)☁☂
  あの よもぎ団子

お彼岸の中日です。蓬を摘んで、だんご粉ときな粉を買いに行って、ちよこっと作りました。お昼までの仕事。
思い出しました。子供の頃、米を洗って干し、石臼で挽いて粉つくり。青大豆を炒って挽いてきな粉。蒸し器にもち米を敷きその上に、水を少々混ぜてぱさぱさにした粉を入れて蒸し、ゆでた蓬を加えて杵臼で搗く。手の掛かったあの団子は最高の味。もう味わえないよもぎ団子です。


2021年3月18日(木)☀
     お彼岸

墓地の掃除をして、ハナエダを立て替え、お供えをして心経を一献。
ここでは、都合やコロナで娘たちのお参りは延期としたので、ライン動画を送りました。
心経を唱えながらスマホを動かして。オンライン墓参。

周りは花々です。
花桃・紅梅・小彼岸桜・サクランボの花・紙垂コブシ・土佐水木・サンシュユ・コゴメ桜・レンギョウ・・・水仙・菜の花・冬しらず・・・・・

2021年3月14日(日)
総会

「大垪和女性の会」の総会でした。
会員数減少・高齢化で町の会から離れ、大垪和地区だけの独立した会で活動してます。
総会行事の後のレクレーションは、まず"呆けない音頭" "炭坑節"我手ほどきで踊って体ほぐし、水のペットボトル・ポーリング、ビンゴゲームと楽しみました。なんとビンゴゲーム最後の一人になっても意地張るという珍体験。運が良いのか悪いのか??
其の上、参加者中最高齢という事態にも。自分自身ではそんなに感じていない時の流れを如実に実感した日となりました。

2021年3月10日(水)
文化協会G.G.大会

コロナ禍、文化協会では例年盛大に行われていた発表会を中止して表記の大会が企画されました。
春光燦々の緑花公園G.G.場に集合、ゲームにあたっての注意事項のあとG.G.会員さんの指導の下コースに。何しろ初めての事、距離感つかめずてんやわんや。それも又楽しで、ほかのクラブの方と和気藹々の交流が出来たのもよかった。お弁当・参加賞を3品も頂いて解散。
県北・県南からゲーマーズ集まり賑わう利用度の高い会場のようです。G.G.会員の方々、文化協会役員の皆様お世話になりました。

2021年3月9日(火)
   お大師巡り

垪和霊場定期巡拝日程表 が来ました。遠方は車乗り合わせでの巡拝です。コロナ禍でもいつも通りの日程。お参りはしませんが、お堂の掃除など準備をしてお迎えします。
物の不自由な子供のころ、お接待を頂くのが嬉しくてお札を書いてもらって、ぞろぞろとお参りしたものです。
当時は豆餅、おいりが多く、袋の中で豆餅がおいりまぶれになっても美味しかった。
他にはマッチの小箱があったかな?


2021年3月4日(木)☀
新聞記事から

山陽新聞「元旦登校」の歴史は?
記事を読んで懐かしく思い出しました。
国民学校4学年で終戦、その頃にはすぐに戻れる突出した記憶期間です。
元旦は世の中がまるでかわったような新鮮で緊張感のある日でした。式が行われたことも特別感の要因かなと思われます。
校長先生の勅語奉読の間、頭を下げて訳は解らなくても神妙にしています。特別な声の奉読の合間に誰かが鼻水ずるっ、一斉にずるっずるっ。今は笑えてもその時は笑うものはいません。それだけ厳粛だった訳です。
"年の初めの例とて・・・" を歌って貴重なみかんを頂いて帰りました。
3学年からは少年団へ加入となり、勤労作業に奉仕しました。学校から3km以上ある荒らし畑へ開墾に行きました。道中は兵隊さんの鉄砲のように鍬を担いで「若い血潮の予科練の・・・」と高等科の後を歌いながら行進。
夏休みもなく、"兵隊さんを思いなさい"と帽子ナシ鉢巻で炎天下で作業。熱中症の言葉もありませんでした。
英霊の家の炭俵運びやさつま芋作り・苗虫取りなどなど、3年生でよくやったと思います。
高等科(中学1・2年生)の人は、竹槍訓練。高学年は遠く離れて手旗信号を。訓練を見ながら覚えたものです。
空襲警報避難訓練は、深い森の中。
敵に聞こえたらいけないと静かに、動き回らないようにと。蚊はまぶれるし、漆に負けるし大変だった思い出です。
医院へ行くことは死に病の時くらい。アカリゴ(サワガニ)を潰した汁が効くと、漆で腫れた顔にぬられました。臭かった。
高等科(中学1・2年生)の人は、竹槍訓練。高学年は遠く離れて手旗信号を。訓練を見ながら覚えたものです。
空襲警報避難訓練は、深い森の中。
敵に聞こえたらいけないと静かに、動き回らないようにと。蚊はまぶれるし、漆に負けるし大変だった思い出です。
医院へ行くことは死に病の時くらい。アカリゴ(サワガニ)を潰した汁が効くと、漆で腫れた顔にぬられました。臭かった。

令和3年3月3日(水)
華やかに

花桃
実は付けませんが、丁度雛の節句を祝うかのように咲きます。
いつもより花の色が薄く白っぽい感じ。厳しい寒のせいと思われます。
落ち葉掃除の時は切ってしまいたい・・・
寒さに負けず開く花は愛おしい・・・です。
紅梅
白梅よりやや遅れて咲き、花桃と同時期に家の前を華やかに彩ってくれます。

2021年3月2日(火)のち
「鬼滅の刃」特集

今年も郵便局へお邪魔です。
このところ、毎年この時期に飾らせてもらっています。
衣装のテーマをその度に変えてきたので、もう種切れと思っていたら、「鬼滅の刃」ブーム。知り合いからの一言もあり、決めました。
が、ずんぐりむっくりの市松人形ではあのイメージは無理。それらしい「私の炭ちゃん・ねずちゃん」が出来上がりました。生地は手描き友禅で染めるなど手が掛かっています。
孫がかわいい折り紙で協力してくれたので、賑やかになりました。

桃の花ではお手間を掛けるので、白いルナリアのドライフラワーを飾りました。造花で色を添えて。

2021年3月2日(火)雨
春のページです

季節ごとにページを とイメージしてグレードを上げて5ページを契約。
難行苦行の末やっと増ページ出来季節別ページup、トップページもそれらしくなりました。やれやれです。
5月迄はこのページに記入していく予定です。
トップページのボタンから開いてください。
戻りは一番上の画像をタップ・クリックでトップページへ。

菜の花が厳しい寒さに傷んでしまったのもありますが、萎れながらも次第に立ち直っているようです。